フレーズって、どうやって捉えたらいいんだろう?既にフォルテシモなのに、そこからクレッシェンドってどうしたらいいの?

そんな事をお話しましょう。

フレーズは、大きく捉えよう!

ブルクミュラー「狩り」から

三度和音のレガート奏法そのものも、大事です。でも、そのお話はまたこんど。今日は別のお話をしましょう。

スラーの付き方1フレーズ

これですよ。

スラーの付き方を正しく読み取るのは、すごく大事ですね。感違いをしてしまうと、聴こえ方がまるで変わってしまいます。だけど、それは「アーティキュレイション」の話で、「フレーズをどう捉えるか」という事とは別モノなのです。

1フレーズは、大きな一呼吸です。その中に、細かなスラーがあったり、小さな休符が入ることはあります。でも、そのたびに いちいち息を吐き切ったり、シヌホド吸ったりはしません。

大きな、一つの 「吸っていって~少しずつ吐いていく~」の中で、ちょっと息を止めたり溜めたり、ちょっとだけ吐いたり、ちょっとだけ吸ったりします。

ホラー映画を観ていて、過呼吸になりそうなほど、息が止まってるんだか、細かく吸ってるんだかわからないような…でも、一つのシーンが終わると、ほっとして息を吐き切ってグッタリ?もしくは安堵する….そんな感じ。って、それで通じるでしょうか?

1フレーズは、短くても4小節。でも、上の画像では8小節で1フレーズだ、と捉えると、推進力も出てきますよ♪

フォルテシモからのクレッシェンドの掛け方

リスト「森のざわめき」から

フォルテシモから、さらにクレッシェンドをかけてフォルテシシモ(トリプル・フォルテ)まで上げていかねばなりません。さぁ、どうやって音量を上げましょうか?そもそも、ここまでへも、クレッシェンドしてきてるのです。既にフォルテシモ。それなのに、さらにパワーアップしていくって一体どんだけ・・・?

自分の音量の幅を知っておく事も大事です。そうでないと、「もうこれ以上、大きくできないのにぃぃ・・・」という事になっちゃいますね。

フォルテシモからのクレッシェンドのポイント

  1. 画像1小節目、左手の低音オクターブは、 一度音量を落としてから弾き始める
  2. 左手、グルーピングして、音量を上げていく。 
     (音が下がったら一度弱くして、またクレッシェンドしていく)
  3. 右手は画像2小節目に入ったら(トレモロになったら) 右手でもクレッシェンドを助けていく

ご参考までに。

使用楽譜はこちら

フレーズの捉え方とフォルテシモからのクレッシェンドのまとめ

  • フレーズは大きく捉える
  • フォルテシモからのクレッシェンドは一度ピアノに落としてから始める

どんなに小さなスラーが付いていようとも、フレーズは大きく捉えてみましょう。クレッシェンドの基本は「ピアノ(p)」から。覚えておくと応用が効いてあなたの演奏がもっとステキになりますよ!

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク