伸ばす音・伸びる音の先にあるものの事を考えてみたことはありますか?

ギロック「ソナチネ」から

この伸びる音の先には何があるんだろう?どうしてこの音は伸びているんだろう?何故休符にならず伸びているんだろう?次の音と繋がりがあるんだろうか?

その音を打鍵して安心してしまっていませんか?その音を打鍵した途端、その音のことを忘れていませんか?

今日は伸ばす音の先にあるものについて、考えてみましょう。

どうして他の音より長く伸ばすのか?

もう一度画像を出しますね。

ギロック「ソナチネ」から

画像の中で、赤い○で囲んだところ=そのフレーズの中で、他よりも「長く伸ばす音」です。このように長く伸ばす音って、どうして他の音より長くなっているのでしょうか?リズムの関係?それともメロディ?

どっちも間違いじゃないでしょう。だけどそのどちらかだけ、或は双方を見て「おお!ここ、伸ばした方がええんちゃう?その方が格好ええんちゃう~?」とういう安易な感じで、そのように作られたのではないと思います。(いやたまにはそういうものもあるかもしれませんが。何しろ、人間のやることですから、完璧な予測なんて出来ませんよね)

そういう事じゃなくて、作曲家さんたちにはそれぞれ、彼らが生み出した曲には彼らの想いがあると思うのです。もちろん、ひらめいちゃった~~☆ な部分はあると思いますよ。多分、ひらめきは動機でしょう、その曲を生み出した動機。

だけど、ひらめいて主題が浮かんだ、そこから発展していった…そうして曲ができたと仮定します。ひらめいた主題(或はその一部)があっても、その曲の全てがひらめいて、考え無しに思い入れなしに「まるで誰かに操られているかのように自分の意思と関係なく、すらすらと筆が進んだ」というのとは、違うんじゃないかしら?

たとえ、ひらめいて筆が進んでできた曲だとしても、例えば「ここの運指、どうしたら一番自然かな~?」とか、作曲家さんは考えないかしら?いや、きっと考えている。その楽器に精通していない作曲家なら別でしょうが、考えない時もあるかもしれないけど、考えることが多いんじゃないかなぁ?と私は思いますよ。

マスタークラスでのピアニスト先生方のお言葉

私が香港に来てから出会った様々な先生方、今は亡きロシアのウラジーミル・クライネフ教授(Vladimir Vsevolodovich Krainev)も、いつも

「(○○という作曲家は)そんなことは言っていない!(楽譜に指示していない!!!」と言って憤慨しておられた。

フランスのピアニスト、パスカル・ロジェ氏(Pascal Rogé)もいつも

「ボクにはよくわかってないかもしれないけどね、多分、彼(その作曲家)は、そうは思ってなかったんじゃないかな?」と言っておられた。

ブラジルのピアニスト、クリスティーナ・オルティス女史(Cristina Ortiz)も、

「ショパンがそんなペダルの指示、どーこーに書いた???(ちょっと、スケバン・モードで…)」と受講生に何度も詰め寄っていました。

楽譜をちゃんと読んでいるつもりでも、自分の都合の良いように勝手に解釈していたり、記憶を上書きすることは誰にも起こります。だから、もうすっかりその曲の音は頭に入っていたとしても、何度でも楽譜を読み直すことは、あなたが「あなたの音楽を表現する」上で、とっても大事なことなのです。これは一生忘れたくない事ですね。

スポンサーリンク

 

何でその音符はその音価(その長さ)なのさ?

何故その音はその長さなんだろうか?何故伸ばすんだろう?何故タイになっているんだろう?という事には、意味があるんです。

長い音符は必ず、その次にある音符や休符に「向かって行く」のです。だから、どういう意味を持って、次の音符/休符に向かっていってるのかな?ってところを考える/読み解くのが、あなたの役目ですよ。これはとてもワクワクする作業です。たくさん想像して想像を膨らませて考えてみましょうね。

最後にお知らせです。

チェンバロから考えるバッハ講座Vol.3 装飾音の考え方〜講座のご案内

ベルギー在住鍵盤楽器奏者の末次克史先生による「チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性〜Vol.3 バッハ・装飾音の考え方〜」ワークショップのご案内です。

2018年7月15日(日)13時〜

東京都杉並区のスタジオ・ピオティータさんにて

講座参加費:5,000円

ピアノとチェンバロを使ってのワークショップです。

詳細はこちらのページをご覧ください。お問合せ・ご予約はわたくし荒井がメールで承っております。

chihirohk@gmail.com

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク