あなたは楽譜に休符を見ると、何を思うでしょうか?何か感じる?休符の前の音がスタッカートだったら休符は感じやすいかしら?

フレーズが続く中、休符がない場合はどうかしら?どこで間(ま)を感じることができるでしょうか?そんな事を考えてみたら、楽譜には書かれていないけれど作曲家が言いたかった(伝えたかったこと)が見えてくるかもしれません。

楽譜には書かれていないけれど、そこに間(ま)を感じることが出来たらきっともっとワクワクしますよ。そんなこと、一緒に考えてみませんか?

休符の間(ま)を味わってみよう!

リスト「パガニーニ・エチュード第6番」から

右手の8分3連符の後の「8分音符+8分休符」は、その休符の分が「欠けがち」です。休符の前はスタッカート音なので、手を上げるのは難しくない(音の響きを上げるのは難しくない)かもしれません。でも、もしかしたら上がったら終わりで、休符を忘れられてしまうかも?

8分休符の前の8分音符を打鍵するところから、それまでと同じように「8分3連符」の感覚で、「たったったっ」と三つ分の音の響きが空中に広がっていく「間」を感じてみる。味わう。その残響が、体の中に広がっていくように。

すると、呼吸も相応しいものになり、その「間」は丁度良くなりますよ。

同じ音でも、気持ちを改めてみよう

ショパン「こねこのワルツ」から

フォルテで始まる曲。5~8小節目は同じことの繰り返しになります。しかし、ここからクレッシェンドしていく。このような場合は、一度、音量を落とす。そして、そこからクレッシェンドをかけていきます。

そもそもフォルテなのに、そこからそのままクレッシェンドをかけるというのは、聴いている人には「わかりにくい」「伝わりにくい」ものです。では、どのくらい音量を落とすか?と言うのは、いろいろやってみて、不自然ではないトコロを見つけてみましょう。

それまでと同じ音が続くのであっても、このような場合は、「改めて入り直す」打鍵の仕方が有効です。

スポンサーリンク

あなたの表現力を高める方法

モーツァルト「ピアノ協奏曲第27番」K.595 第3楽章から

音にするのは そう難しくない(と思われる)こんな感じの曲(フレーズ)。安易に(何も感じないで・考えないで)弾いてしまっていませんか?このような曲(フレーズ)こそ、実はとっても難しいということを知ってほしいと思います。

あなたはこの曲、どんなイメージを持ちますか?まず、それを想像してみる。そして、そのイメージを持って弾いてみる。あなたが抱いたイメージの通りに弾けましたか?それは、さっきまで何となく弾いていたものと、違いましたか?ここで違いを感じられたら、一歩前進です。そしたら次。

ちょっと違う視点で別のイメージを描いてみましょう。そのイメージが出来たら、そのイメージの通りに弾いてみましょう。できましたか?はじめにイメージして弾いた時との違いがわかりましたか?わかれば良し。

じゃあね、どちらが良いと思う?どっちもしっくりこない?じゃ、もう一つ、別の角度から見てイメージしてみよう。

この繰り返しです。こういうことをしていると、そのうち楽譜を読んでいるだけで、イメージがわき上がって来るようになるでしょう。是非、試してみてくださいね。イメージ力はあなたの表現力を高める最高の力です。

休符や打鍵の間(ま)を考えて表現力を高める方法

  • 休符は、残響が体の中に広がっていくのを味わってみよう!
  • 同じ音が続く時は打鍵を改めてみるとわかりやすくなる!
  • それぞれのフレーズにイメージを持つと、表現力が上がる!

もっと、五感で味わってみましょう!指先だけ動かしているなんてもったいない!あなたの目で見えるものだけが全てじゃない。耳で聴こう!肌で感じよう!体に響いてくるものを感じよう!

最後にお知らせです。

チェンバロから考えるバッハ講座Vol.3 装飾音の考え方〜講座のご案内

ベルギー在住鍵盤楽器奏者の末次克史先生による「チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性〜Vol.3 バッハ・装飾音の考え方〜」ワークショップのご案内です。

2018年7月15日(日)13時〜

東京都杉並区のスタジオ・ピオティータさんにて

講座参加費:5,000円

ピアノとチェンバロを使ってのワークショップです。

詳細はこちらのページをご覧ください。お問合せ・ご予約はわたくし荒井がメールで承っております。

chihirohk@gmail.com

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!