テヌートとスタッカートの違いはわかってるのよね。だけど、その2つが組み合わさると、何だか頭の中がごちゃごちゃになりませんか?

ユニゾンでデクレシェンドする時、何かを感じたりイメージしてみませんか?

ドビュッシー「喜びの島」から

今日はそんなお話を致します。

テヌートとスタッカートの違いに気をつけたい

画像の左手についてです。

ドビュッシー「喜びの島」から

装飾音が付いている音には「テヌート」が、続く音には「スタッカート」の指示が。オクターブ和音に付く装飾音なので、装飾音は「5」の指で、オクターブの下の音は「4」の指で弾くことになります。

オクターブを「1と4」の指でとるのが厳しい方の場合は、テヌートがついスタッカートになってしまうこと、ありませんか?

もし、これをテヌートではなくスタッカートで弾いてしまうと、全く違う印象を与えてしまいます。

装飾音付きでテヌート、そして次の音ではスタッカートになる、という動きが面白いと思いませんか?

何かの動き、何かが起こる感じがする・・・引き合っては放す・・・寄せては引いていく波?そんなことを感じられたらきっともっとステキになりますよ。

おまけ:譜読みする時に気をつけたいこと

メガネをかけたり外したりと日常生活の中で分けている方、ピアノを弾く時、つい面倒がってメガネをしないと、譜読みミスはいっぱい発生しますよ。

テヌートとスタッカートの読み違いや、シャープとナチュラルの読み違いは特に多いです。

メガネが必要な方は、譜読みの時、楽譜を見て弾く時は、必ずメガネをかけましょうね。

スポンサーリンク

 

ユニゾン・デクレッシェンドの方法

ブルクミュラー「大雷雨」から

以前、同じユニゾン・デクレッシェンドの方法をお話しました。それは「段階を経て、音量を落としていく」という方法。今回は、それとは別の方法です。あくまで、ご参考までにお読みくださいね。

画像では、「ふぁみみ♭れ」が3回繰り返されています。

1回目の「ふぁみみ♭れ」は「フォルテシモ」ですが、そこから「デクレッシェンド」を始めて、次の小節では「ピアノ」になります。

そこで、

  1. 1回目は両手
  2. 2回目は右手
  3. 3回目は左手

と、バランスを移していく方法があります。ぜひ、試してみてくださいね。

ユニゾンの基本

ユニゾンのフレーズでは、右手と左手のバランスを変えるという基本があります。

1拍ずつ音量を落としていくのに合わせて、このバランスを変えていくのも、非常に効果的ですよ。バランスの変え方は、上に書いた通りでなくて良いのです。

1回目は右手、2回目は両手、3回目は左手、というのでも良いでしょう。

いろいろやってみて、”あなた”が一番、しっくりくるところ・気持ちの良いバランスを探してみてくださいね。

最後にお知らせです。

チェンバロから考えるバッハ講座Vol.3 装飾音の考え方〜講座のご案内

ベルギー在住鍵盤楽器奏者の末次克史先生による「チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性〜Vol.3 バッハ・装飾音の考え方〜」ワークショップのご案内です。

2018年7月15日(日)13時〜

東京都杉並区のスタジオ・ピオティータさんにて

講座参加費:5,000円

ピアノとチェンバロを使ってのワークショップです。

詳細はこちらのページをご覧ください。お問合せ・ご予約はわたくし荒井がメールで承っております。

chihirohk@gmail.com

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!