わたし、手が小さいからオクターブが厳しいんです。って思ったことありませんか?

オクターブが届くかどうかは、手の大小は関係ないんですよ。じゃ、何が関係するのかって?それは柔軟に広がる手かどうか?です。

左:筆者の手 右:ショパンの手形

今手が広がらなくても広がるようになります。体もそうですよね。体が固くても、トレーニングを重ねれば少しずつでも柔らかくなっていきます。今日はそんなお話です。

手の大きさとオクターブの関係

手の形や大きさは本当に人それぞれです。体が小さくても手は大きな人もいれば、体が大きくても手が小さい人もいます。また、手は大きくても、十分に広がらない人もいれば、手が小さくてもめっちゃめちゃ広がる人もいます。

手の大小を問わず、あまり手が広がらなくて、オクターブ・フレーズを弾くのは大変!疲れる!という方も、諦めないでください。手は使いよう・訓練の仕方次第です。たとえ40歳を過ぎても、少しずつ広がるようになります。

私は普通の方より手は大きいかもしれません。でも、体の大きさの割には特に手が大きいわけではありません。ショパンの手の型が我が家にありますが、ショパンの手と私の手の大きさは、ほぼ同じです。(指の細さは全く違いますが。)

左:筆者の手、右:ショパンの手形

私は30代半ばくらいまで、9度(オクターブ+もう一つ)は届きましたが10度は「ありえない」状態でした。

しかし、40歳になる前に10度届くようになりました!

めちゃめちゃ速いフレーズで10度和音の連続という場合はさすがに押さえ(掴み)きれません。しかし、打鍵の準備に相応の時間をかけられるくらいのテンポの曲であれば、「てのひら」を柔らかく開いて10度は届きます。

ちなみに私は体がめちゃめちゃ固いです。それでも体も訓練で柔らかくなります。皆さんも諦めないでください。

オクターブ・フレーズの弾き方とは?

オクターブは「1と5の指(親指と小指)」で取る事が多いと思います。でも、可能な限り4(薬指)も使うとスムーズになり、応用できるようになります。ここまでは意識している方が多いと思います。

それはさておき、あなたはオクターブ・フレーズを弾く際、どこに意識をおいていますか?どこに意識がいっていると思われますか?

小指かな?親指かな?指や鍵盤に意識を置くより、もっと感覚的でしょうか?

親指に意識があると、「親指の付け根の筋肉から手首まで」に力が入りやすくなります。そして、疲れます。しかし小指に意識があると、小指側から肘までの「下腕の外側」が張りつめた様に力が入り、肩までガチガチで疲れやすくなります。

では、どうしたらいいのでしょう?

スポンサーリンク

オクターブで意識を置いたら良いところは?

あなたの指の中で、一番長い指はどれでしょうか?3の指(中指)ではありませんか?

3の指はオクターブを弾くのに関係ないじゃないか!と言われそうですが・・・3の指は手の中央に位置し、一番長い指であるというのは、実は優れものなのです。

親指や小指を使う際、苦労を強いられれてしまうのは「指が短いうえに手の外側に枝分かれしている様に突き出ている」から。そういう印象があるからだと思います。「短い!コントロールしにくい!」と無意識レベルで思い込んでいて、その思い込みに支配されているのではないでしょうか?

では何故「3の指」に意識を置くのか?それは3の指(中指)は軸そのものだからです。腕の骨にまっすぐ繋がっているとイメージしやすい。その3の指を「支点」にするのです。方向指示針だと思ってもいいですね。

オクターブで上昇・下降する時1や5の指から移動しようとせず、「3の指から次の音へ向かって行く」と意識してみましょう。それだけで、大分ラクになりますよ。

3の指は長いので、オクターブで移動する時ちょっと邪魔に感じる事があるかもしれません。3の指先を(関節を曲げて)丸めてしまわず、方向指示針にしてしまいましょう!

親指の力を抜くために

親指のちからを抜くためのコツがあります。それは親指の存在を忘れることです。これで、親指の力が抜けます。親指の力が抜ける=手首に余計な力が入りません。

オクターブ・フレーズを弾く時には、この事をちょっと思い出してみてくださいね。

オクターブ・フレーズの弾き方のまとめ

  • 手が大きければオクターブが届くわけではない
  • 手が小さいとオクターブが届かないわけでも、ない
  • 手の大小ではなく、広がる手かどうかで変わる
  • 大人になっても広がる手を作ることは出来る!
  • オクターブ・フレーズの弾きやすさは意識をどこに置くかで変わる
  • オクターブ・フレーズでは、3の指を方向指示針にしてみよう!
  • 親指の力を抜くには、親指の存在を忘れること

頑張らないことですよ。必死になってしまうと益々力が入って、自由に広がるはずのあなたの手は縮こまってしまいます。深呼吸して、今までの考えをそっと横に置いてみましょう。

最後にお知らせです。

チェンバロから考えるバッハ講座Vol.3 装飾音の考え方〜講座のご案内

ベルギー在住鍵盤楽器奏者の末次克史先生による「チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性〜Vol.3 バッハ・装飾音の考え方〜」ワークショップのご案内です。

2018年7月15日(日)13時〜

東京都杉並区のスタジオ・ピオティータさんにて

講座参加費:5,000円

ピアノとチェンバロを使ってのワークショップです。

詳細はこちらのページをご覧ください。お問合せ・ご予約はわたくし荒井がメールで承っております。

chihirohk@gmail.com

荒井千裕ピアノ・リサイタルのご案内

今年も東京でリサイタルを開催させて頂けることになりました。

毎年好評の「お話と映像とピアノ」のコラボレーションも、今回は「おんがくの絵本」としてバージョン・アップ!ドビュッシー没後100年の今年は、プログラムもドビュッシーの作品づくしです。

2018年9月2日(日)15時開演

東京南麻布のセントレホールにて

チケット代は以下の通りです。

  • 一般:4,000円
  • 中・高校生:3,000円
  • 小学生:2,000円

ご予約はこちらをクリックして開かれるページで承っております

セントレホールでお会いしましょう!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク