ピアノを弾く上で大事な「脱力」と「呼吸」。まるで永遠のテーマのような扱いさえ受けている「脱力」、そしてつい忘れられがちな「呼吸」。

そんなことわかってる?かもしれませんが、もう一度チェックしてみませんか?

もう一度、脱力と呼吸の意味とそれが必要だということを考えてみよう

以前、こんなご質問を頂いた事がありました。

動きが速くて難しい部分・まだ弾くのに必死と言う場合、弾いていると呼吸が止まって詰まったようになります。そんな場合、弾いている間に何をどうやって意識していれば良いのでしょうか?

動きが多く音符が多くて難しい部分に入る前に、意識して欲しいことがあります。

それはここ→鎖骨(さこつ)の肩に近い(腕の付け根に近い)ところに、ツボのようにそこをグリグリすると気持ちいい!という所があります。

この部分に、意識を集中してください。どのように意識を持つかと言うと、ココを「ラクにする!力を抜く!」と意識するのです。

でも大抵は、力を抜こうと思うと逆に体に力が入ってしまうもの。そこで!ちょっと違うことをイメージしてみましょう。

さぁ、温泉に行きましょう!気持ちだけ!(笑)。そうですね~、できれば屋外温泉で、ちょっと広くてそこには自分一人しかいないの。そして青空を見上げながら「ぷは~、ひゃは~、気持ちいい~~~」ってどっぷり湯船に浸かってみる。その湯船に浸かるときの、あの感じを思い出してみて下さい。

その時、胸から肩から解放されまくっているのを感じませんか?その感覚です。

肩と腕をつないでいる筋肉を解放させる事により、腕に不必要な力が入らなくなります。この状態になると、呼吸も止まらず、フレーズに合わせた自然な呼吸が出来るようになります。

この解放された感覚を掴めたら、もう大丈夫ですよ。

スポンサーリンク

ピアノでの基本*呼吸の基本とは?

上昇して行くフレーズでは、息を吸い続けていきましょう。長いフレーズなら、吸う速度を落としましょう(ゆっくり吸っていきましょう)。

フレーズの頂点に達するあたりから、吸った息は吐き出さずに溜めておきます。下降していくフレーズになったら、それまで溜めていた吐き出していきます。その繰り返しです。

まず、楽譜をチェックしましょう。

フレーズが始まる所では「息を吸う」。そこから先どうなっているのか?上昇して行くのか?上昇して行くなら、どのくらいの時間をかけて行くのか?上昇しては下降し、また上昇して行くのか?そんなことを、チェックしてみましょう。

もう一つのポイントは、息を吐いて行く時にな完璧に息を吐ききらない事。息を吐ききってしまうと、燃え尽きて力耐えてしまいます。そうなると、次へつなげられなくなりますよね。

ただし、フレーズによってそれらの呼吸のタイミング/速さ/深さなどは異なりますよ。そんなことをレッスンではお伝えしています。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク