曲には大なり小なり、様々な「クライマックス」が存在しますね。それをいかに「わかりやすく」聴かせるか?それを考えていきましょう。

クライマックスを、わかりやすく聴かせる・伝えるには「聴こえ方のトリック」を使う事です。

では、「聴こえ方のトリック」とはどうするのか?考えてみましょう。

効果的にクライマックスへ持っていく方法

メロディがある方の手もそうでない方の手も、それなりに動きがある場合についてのお話です。これは、中級・上級者向けの曲に多いと思います。

少々長い曲や、曲のクライマックスは終盤にあります。しかし曲の終盤に限らず、前半部でもクライマックス的な盛り上がりを見せることがありますよね。大抵は3分超え・5分以上の曲に多く見られます。

例えば、クライマックスにさしかかるところから、クライマックスの頂点までを、16小節だとしましょう。

16小節の中にクライマックスが有るとすると「4小節フレーズ+4小節フレーズ+8小節フレーズ=16小節」の大きなワン・フレーズとなっていると考えます。

では、終わりの「8小節フレーズ」の終盤がフォルテシモになっていると仮定します。そして最初の「4小節フレーズ」が始まるまでの流れがメゾフォルテだとしたら、この「4小節フレーズ+4小節フレーズ+8小節フレーズ=16小節」の始まりを、一度ピアノ(p)まで落としてみましょう。

そしてクレッシェンドしていきます。この時、はじめの4小節では右手だけ、和音なら右手のトップ音に意識を集中して、メロディを浮き立たせることを意識して弾いてみましょう。

その次の4小節では、右手に腕の重さを加えて音量を増して弾いてみましょう。
(音量を増すと言うのは徐々にではなく、まるで階段を昇るように、はじめの4小節は一段目、次の4小節は一段上がった二段目という感覚です)

よりエスプレシーヴォ(表情豊かに)と捉えるのも良いですね。

そして最後の8小節では左手に「生」を与えてみましょうか。左手の動きでクレッシェンドを助け、クライマックスの相乗効果を上げます。

左手の拍頭となるバス音を響かせる(浮き立たせる)ところから始め、次第に以外の音にも「命を宿らせて行く」ように、エスプレシーヴォで(表情豊かに)弾いてみましょう。

このようにコントロールすることで、まるでピラミッドの頂点まで上がるようなクレッシェンドで効果的にクライマックスへ持っていけます。

聴いている人にもわかりやすいクレッシェンドを出すことが出来ます。これがトリックです。

「だんだん強く」というクレッシェンドは、言葉の通り「だんだん(徐々に)」では、不明瞭なのです。

効果的にクライマックスへ持っていく方法、是非試してみて感じてみて下さい。そして、あなた自身で応用してみて下さいね。

最後にお知らせです。

チェンバロから考えるバッハ講座Vol.3 装飾音の考え方〜講座のご案内

ベルギー在住鍵盤楽器奏者の末次克史先生による「チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性〜Vol.3 バッハ・装飾音の考え方〜」ワークショップのご案内です。

2018年7月15日(日)13時〜

東京都杉並区のスタジオ・ピオティータさんにて

講座参加費:5,000円

ピアノとチェンバロを使ってのワークショップです。

詳細はこちらのページをご覧ください。お問合せ・ご予約はわたくし荒井がメールで承っております。

chihirohk@gmail.com

荒井千裕ピアノ・リサイタルのご案内

今年も東京でリサイタルを開催させて頂けることになりました。

毎年好評の「お話と映像とピアノ」のコラボレーションも、今回は「おんがくの絵本」としてバージョン・アップ!ドビュッシー没後100年の今年は、プログラムもドビュッシーの作品づくしです。

2018年9月2日(日)15時開演

東京南麻布のセントレホールにて

チケット代は以下の通りです。

  • 一般:4,000円
  • 中・高校生:3,000円
  • 小学生:2,000円

ご予約はこちらをクリックして開かれるページで承っております

セントレホールでお会いしましょう!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!