自分の苦手な動きをやっている時やピアノで弾き難いところを部分練習している時、自分でも滅茶苦茶、腕に力が入ってるのがわかります。きっと指が不自然な、正しくない動きをしているからでしょうね。。。


そういった部分を脱力してピアノを弾けるようになったら、本当に正確に弾けるようになるんだろうなぁ。って思ったことはありませんか?今日は、複雑な動き・苦手な動きを練習する時に、上手く脱力する方法って特別にあるのか?考えてみましょう。

ピアノで複雑なフレーズを弾く時に脱力する方法

複雑な動き、苦手な動きを練習する時に上手く脱力する方法って特別にあるのでしょうか?ありますよ。肝は鎖骨の下です。

鎖骨の下、肩に近い方のくぼんだ場所で、そこを「ぐりぐりすると気持ちいい」という場所です。ここに意識を集中してくみましょう。

苦手な事を弾く指先や、楽譜を読む目と脳ではなく、意識は鎖骨下へ。ここを「ラクにする~、ラクにする~、あぁ、シヤワセ~♪」という感じでね。弾きながら、弾いている最中ずっとです。

正確には、この鎖骨下の力が抜けた状態の時、鎖骨下や肩・腕・背筋、そして首の後ろのあたりが、どのような状態になっているのか?その状態をしっかりと理解して記憶してください。

そして、その複雑なフレーズを弾く時に、鎖骨下の力が抜けた状態を思い出し、再現するよう意識してみましょう。その状態を「複雑なフレーズ」を弾いている間中、保つことを意識できれば、大丈夫ですよ。

私はコレができるようになってから、腕が「大根おろし」をしている時の状態になることは、なくなりました。

・・・この感覚を掴んで頂けるでしょうか?掴んで頂けますよう、祈っております!

スポンサーリンク

今日のピアノ音楽:毛利蔵人「期待に胸は弾む」赤毛のアン劇中曲

「赤毛のアン」は、小説もアニメにもどっぷりはまっていました。

以前も「赤毛のアン」の主題歌についてお話しましたね

今日は、毛利蔵人氏作曲の「期待に胸は弾む」をお送りします。アニメ「赤毛のアン」の劇中曲でした。アニメ「赤毛のアン」の主題歌とエンディングテーマは三善晃先生の作品ですが、アニメの劇中で流れる音楽は三善晃先生のお弟子さんの毛利蔵人氏が手がけました。なんと100曲を越えているのだそうです。

今日はそんな中から「期待に胸は弾む」。アンがめちゃめちゃワクワクして胸を弾ませて瞳を輝かせている姿が、鮮やかに思い出されます。

懐かしいなぁ・・・って、こんな風に感じている時は、自然に脱力出来ているんですよね。

あなたもあなたの体に力が入っている状態と脱力出来ている時の状態の違いを感じてみましょう。また、力が入っている時は体のどの部位にどんな風に力が入っているのか?また、その力を抜く時にはどこを意識したら抜けたのか?自分観察はあなたがこれからピアノを弾く上で大きく役に立ちますよ!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク