ユニゾンとは、「斉唱・斉奏」のこと。ユニゾンとは「同じ高さ、もしくはオクターブ違いの音程で同じ旋律を奏でること」を意味します。

ピアノの作品の中にも、ユニゾンはいろんなフレーズに登場します。曲の冒頭がユニゾンで始まることもありますよね。例えばショパンの「バラード第1番」。そんなユニゾンを弾く時、何か気を付けたら良い事があるのでしょうか?何を意識すると良いのか?ピアノで音楽的にユニゾンで歌う方法を考えてみませんか?

ユニゾンとは何か?

ピアノで演奏するユニゾンの場合では、右手と左手で違う高さ(音域)で同じメロディを演奏するフレーズが時々ありますね。1オクターブ違いの事が多いかと思いますが、これがユニゾン。

ユニゾンなら音とり(譜読み)はラクですね。しかし、弾くのは結構頭を使います。それは、ただ音を出せば良いというものではないから。

ユニゾンをどう弾くか?は、和音の中の一音を出す弾き方や音を聴くことに通じます。

ユニゾンの弾き方の基本は、高い音(となる方)と低い音(となる方)を常に同じバランスでは弾かない、という所に意識を置いて考えてみましょう。バランスのとり方をいろいろ工夫してみましょう。

では「ピアノでのユニゾンの弾き方(歌い方)」はどうしたらいい?

ピアノでのユニゾンの弾き方は、ユニゾンのフレーズのあり方や高さ・フレーズの長さ・展開の仕方によって、いろいろ考えられます。

もし、ユニゾン・フレーズの出だしが低音域で、次第に高音域へ上がって行くと仮定しましょう。そんな時は、弾き始めは低音側(左手)の音を高音側(右手)の音よりも、「もっと意識して聴きながら」弾いてみたらどうかしら?そして、ユニゾン・フレーズが上昇していくに従って、聴く音・出す音を高音側(右手)の方へ変えて行く。

これは一つの提案ですが、ちょっとした、ステレオ効果を感じられるでしょう。是非、お試しください。「こうやって弾く」と決めておく必要はありません。でもね、「こんなバランスで弾くパターン」を自分の中に持っていないと(バランスのとり方の引き出しがないと)、咄嗟にやるのは難しいです。

幾つもの「あなたのパターン」を持っておくことで、臨機応変にその時に感じる空気に委ねて表現していく事が出来るようになりますよ。

ピアノでユニゾンの歌う方法のポイントは、バランスの取り方にある!まとめ

  • ユニゾンは高い音か低い音のどちらを感じるかでバランスが変わる
  • ユニゾンの歌い方はバランスのあり方をあなたがどう感じるかで変わる

あなたがピアノに向かう時、音に触れる時、音を紡ぐ時、是非いっぱい!感じることを忘れないでね。あなたが感じることが、あなたの音を・音楽を作ります。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク