譜読みは大事と言うけれど、音を正しく読み取ると一言で言ってもそんなにやさしくない。音の動きはわかっていても、それらの音の動きに何かを感じたり意味があるのか?と、一歩踏み込んで考える事が出来るようにするには、どうしたらいいのだろう?

どこに歌があるんだろう?何を大事にしたらいいのかなぁ?今日はそんなお話です。微妙な変化を是非、感じられるように致しましょ♪

微妙な変化を読み取ろう!譜読みは目を皿のように(笑

ムソルグスキー「展覧会の絵」”プロムナード”から

画像の中で、青い四角で囲ったところを見てみましょう。それまでの感覚のまま「あ、また同じだわ♪キャ☆」と弾いてしまうと、「ミ」に「♭」を付けたままにしてしまいがち。しかし、ここの「ミ」は「ナチュラル」になっています。これは、終わりに向けての変化。

半音変わるだけで響きはかなり変わってしまいますよ。これが大事な所。だから譜読みは大事なの。正しく読み取る事がね。そうして気付くことがあるのです。

スポンサーリンク

歌や大事にしたい音がどこにあるのかわからなかったら探すといいもの

ラフマニノフ「楽興の時」第4番から

ただの前奏/伴奏だと思うと危険です。その左手の16分音符フレーズの中にも、歌うべき・意識すべき音の繋がりがありますよ。

それはね、第1小節目でブルーで四角く囲ってあるところ。つまり、「半音程(半音階)」の動きのところです。半音階(半音程)というのは、特別な音程関係(響き)

半音階(半音の動き)は、どの作曲家のどの作品に出てきてもちょっと気にしてあげましょう。たった二つの音のつながりであっても、その音程が「半音」ならば、十分すぎるほどに意識して、超レガートで弾きたいところ。大事な人の手に、あなたの手を重ね合わせるように、ね。

歌はどこにあるのか?を意識してみよう

グリーグ「ピアノ協奏曲」第1楽章から

こちらは16分音符フレーズが、5連符+5連符→6連符+6連符と少々ややこしいリズムです。だけど、それにまどわされないでね。もちろん、リズムは大事よ。だけど、もっと大事なことがある!一番大事なのは「歌」だよ。あなたがその歌を、どう歌うのか?ということ。それを忘れないでね!

音を正しく読み取って、それを並べて終わりにしないでね。それらの音の動きはどんなものなのか?それらの音の動きから、あなたが感じる事はどんなものなのか?いつもそれを大事に、それらに敏感になっていて欲しいです。

最後にお知らせです。

チェンバロから考えるバッハ講座Vol.3 装飾音の考え方〜講座のご案内

ベルギー在住鍵盤楽器奏者の末次克史先生による「チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性〜Vol.3 バッハ・装飾音の考え方〜」ワークショップのご案内です。

2018年7月15日(日)13時〜

東京都杉並区のスタジオ・ピオティータさんにて

講座参加費:5,000円

ピアノとチェンバロを使ってのワークショップです。

詳細はこちらのページをご覧ください。お問合せ・ご予約はわたくし荒井がメールで承っております。

chihirohk@gmail.com

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!