2020年4月5月のピアノレッスン受付中

2020年4月と5月のレッスンは以下の通りです。

4月18日(土)25日(土)29日(水・祝)
5月2日(土)〜6日(水)16日(土)17日(日)

既にご予約で埋まっている日や時間帯もございますので、お問い合わせ下さいね。

ご希望の方はこちらをクリックして詳細ページをご覧くださいね。

似ているリズムや楽譜上の間隔に注意!あなたのピアノを聴きやすくするためのコツ

一見同じように見える、よく似たリズムは気を付けないとピアノでは違うリズムを奏でてしまいがち。またリズムを正しく理解していないと、楽譜上に音符が描かれている間隔にまどわされがちです。

ピアノを弾くことに必死になって、譜読みはちゃんとしたつもりだけれど、弾き始めると向かい先は一体どこなのかわからなくなっているなんていうこと、ありませんか?今日のお話は、そんな事についてです。リズム、理解したいよね〜。音楽はどこに向かっているのか、わかったら気持ちいいよね♪ピアノの奏法はまず楽譜を・リズムを正しく理解する事を心がけていきましょう。

同じように見えるけどもしかして違うのかも?なリズムに注意するのがピアノ上達のポイント!

チャイコフスキー「ドゥムカ」より

楽譜画像の青い四角で囲った二ヶ所に注目してみましょう。この2つのリズムはちょっと似て見えませんか?

でもね、これらの2つは以下のようにちょっと違うの。

  1. 付点8分音符+32分音符二つ
  2. (四角から抜けてしまってますが)付点4分音符+16分音符二つ

あ、なんか似てる♪=同じって、脳が勝手に勘違いすることあります。でも、違うのよね。だから、このような「良く似ているリズム」「良く似て見えるフレーズ」には、注意しましょ。目をこらしてね。しっかり数えてリズムとろうね。なんとなく弾きなピアノ奏法はやめましょう。まずはきちんと2つのリズムの違いを理解するところから。

楽譜上の音符の配置に気をつけろ!間隔とリズムは同じじゃない!

ミヨー「スカラムーシュ」第1楽章から

リズムをしっかり取っている「つもり」でも、楽譜上の音符が置かれている「見た目の間隔」は、そのリズム通りに「等分」で配置されているとは限りません。

この楽譜の例では、上が第一ピアノ・下が第二ピアノの配置になっているため、細かい(16分)音符が多い第二ピアノに合わせて音符を置いたら、こんな配置になっちゃったようです(笑)。第一ピアノの赤い四角で囲ったところが、やけに「狭い」でしょ。こんな風に、楽譜の一小節の中で、音符の間隔が狭いとなんだか「短い音符」のような気がしてしまうのよね。錯覚ですよ。

でもね、元々そんなに変なリズムじゃないんだよね。だから、ピアノで弾く時はしっかり拍をとりましょう。ピアノの楽譜上の音符配置は、それぞれの音符の長さの通りに書かれているとは限らない事を、覚えておきましょう。

スポンサーリンク

音の向かい先を教えてあげると聴きやすくなる!

グリーグ「ピアノ協奏曲」第1楽章から

さてお次はグリーグの「ピアノ協奏曲」第1楽章を題材にします。さぁ、もしもあなたがこの曲を・このフレーズを弾いているのなら、あなたは一体どこへ向かっているのでしょうか?あなたには向かい先がわかっているでしょうか?そして聴いている人は向かい先が伝わるのでしょうか?

グリーグ「ピアノ協奏曲」第1楽章から

あなたが向かってくる先は、この楽譜画像の第1音へです。それをお知らせする・教えてあげなければ、
聴いている人にはわかりません。あなたがわかっていても、教えてあげなければ聴いている人には伝わりませんよ。それにもしかしたら、あなたも「わかっているつもり」で実際にピアノを弾いている時にはそれぞれの音を弾く(打鍵する)ことで頭がいっぱいかもしれませんよね。

あなたが向かって行く行き先を伝えるために、ちょっとしたコツがあります。それは、向かい先の頂点の直前を「簡単そうに弾かないこと」。ちょっと想像してみて!もし、あなたが山登りをするとしたら?頂上にたどり着くって、凄い事です。大変な事。

あと少し先に頂上が見えている。そんな時は、感慨もひとしお。そして、いろんなことが蘇ってきて・・・感極まって一歩一歩を踏みしめるように、大事に大事に歩みを進めて行くのではないでしょうか?

だから、頂上=向かい先の直前の、幾つかの音がとっても重要です。そんな事をちょっと考えてみて下さいね。ご参考までに。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。