ピアノは右手と左手で違う動きをしなければなりませんよね。もし同じメロディを両手で弾くとしても(ユニゾンだとしても)使う指は違います。

そんな両手別の動きや片手に二声の動きがある場合、頭の中がこんがらがってしまいますよね。頭に限らず指先も(笑)。

シューマン「アラベスク」から

そんな二声や両手違う動きをする時に気を付ける事(意識する事)や練習の仕方について、お話致します。

二声の動きは聖徳太子になっちゃおう!

上の画像では、左手で弾くフレーズが二声になっています。シューマンの「アラベスク」 Op.18の1フレーズ。

先に始まる「ふぁーそらーし|どーれみーふぁ|そーー」と、その終わりの「そーー」に重なって始まるバス(ベース)の「そーらしーど|れーみふぁーそ|らーー」を見てみましょう。

1つのフレーズの向かい先でその終わりと、新たに始まるフレーズが重なるのでややこしいですよね。うん、わかりますよ。ほんとここ大変。しかも、それを一つの手(左手だけ)で弾かなきゃいけないのですから尚更大変です。

こんなフレーズはね、次のような練習をしてみましょ。

  • 先に始まる「ふぁーそらーし|どーれみーふぁ|そーー」を右手で弾く
  • 続いて始まる「そーらしーど|れーみふぁーそ|らーー」を左手で弾く

片手で弾かなければならない2つのフレーズを両手で分けて弾くと、どんな風に歌うべきか?ということを、より理解できます。そしてそれを、ちゃんと表現できますよ。それをね、「知る」の。もう一度認識してみましょ。

実際に、こういう風に出てくるんだ、こういう風に歌いたいんだ、歌うんだということを、「知る」の。まずは、そこです。だから、手抜きしないでやってね♪

左手二声のフレーズは、「聖徳太子」になるべし!(ニッコリ)

こんな所も同じですよ。

シューマン「ソナタ」Op.22 第1楽章から

「しーどれ|しーどれ|どーれみ|みーふぁそそー」と思い込まないようにね。

  • しーどれみー どーれみふぁー
  • しーどれみー みーふぁそそー

この2つが絡み合っています。2人いる!ということを忘れないで。それぞれの歌の終わりまで聴いてあげましょうね。

スポンサーリンク

2つの別の役割が融合して1つの音楽になる

ピアノ学習の初級から再上級者にまでもれなくついてくる、こんなシンプルなフレーズ。シンプルだ、簡単(そう)だ!という思い込みは、非常に危険です。

ほら!見て見て~~~!右手は「どーど|どーー」って、同じ音が三回も続きますよ。これが、「クセもの」なんです。だってね、同音連打って「打鍵し直し」しないといけないでしょう?鍵盤から指(腕)を離すとか付けたままにするとか、フレーズによって違いはあるけれどもね。

ではこんな同じ音が続くシンプルなフレーズが何故危険なのか、わかるでしょうか?

それはね、右手が多からず少なからず上下運動をするので、左手がその右手の動きに「つられて」しまうからなの。

左手だけの「片手練習」なら「どーみーそー|どーーー」って、弾けますよ♪ところがどっこい!両手で合わせた途端に

「どーみーそっ|どーー!」ってなっちゃうワナに陥りやすいのです。これはね、自分でそのように弾いてしまっていても、気付いていない人がとても多いんですよ。

あなたもご自分を過信しませんように!

もう一方の手が「同音連打」の時は本当に危険ですから、あなたが今とりくんでいる曲にそのような部分がないか?今一度、チェックしてみましょう。

多声フレーズや両手別の動きが分断されないよう意識する事のまとめ

  • 片手に二声登場する時は、聖徳太子になるべし!どの声部も最後まで聴き届けよう!
  • 右手と左手には別の役割がなる!つられないよう意識してお互いを大事にしよう!

全てが一緒になって1つの音楽を奏でる・1つの音楽になります。どの音も邪険にしないよう気を付けてあげましょうね。

最後にお知らせです。多声と言えばバッハですよね(にっこり)。

チェンバロから考えるバッハ講座Vol.3 装飾音の考え方〜講座のご案内

ベルギー在住鍵盤楽器奏者の末次克史先生による「チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性〜Vol.3 バッハ・装飾音の考え方〜」ワークショップのご案内です。

2018年7月15日(日)13時〜

東京都杉並区のスタジオ・ピオティータさんにて

講座参加費:5,000円

ピアノとチェンバロを使ってのワークショップです。

詳細はこちらのページをご覧ください。お問合せ・ご予約はわたくし荒井がメールで承っております。

chihirohk@gmail.com

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!