何だかうまく弾けない、何度練習してもうまく弾けない、レガートで弾いているつもりなのにレガートに聴こえない、そんな経験はありませんか?

どうしたら思うようにきれいに弾けるようになるのかは、ちょっとした意識の差で変わってきます。今日はそんなお話を致しましょう。

うまく弾けない時は、もう一度指遣いを考えてみよう!

注目したいのは、画像の右手です。「ファソ」から第2拍の「ミ」がつながらないの。つなげて弾いているつもりなのだけれど、切れてしまう。それは生徒ちゃんの体がまだ小さくて、手も小さいからかしら?

うん、確かにそうね。でも、体と手が小さいから仕方のないことなのかなぁ?もしかしたら、指遣いを1つ変えるだけでも何かが変わるかもしれないよ。

「ファソ」を「23」で弾いてその次に「ソ」から6度も上の「ミ」を「5」で弾くのは、先生だってキビシーよ。アイタタタって手が悲鳴をあげちゃうわ。指サケール!

ねぇね、楽譜に指遣いは書いてないかしら?楽譜にはなんて書いてある?と生徒ちゃんに聞いてみると、

「あー!21だ!」とオメメを丸くして答えてくれました♪

そうだよね。楽譜には指遣いの指示は、そう書いてあるよね。それがわかったね。じゃあそれで弾いてみてごらん?ほら、ラクでしょ?弾きやすいよね?しかも、きれいに繋がるでしょ!

あれれ~?なんだかうまく弾けないなぁ!?って思ったらね、もう一度、指遣いのチェックしてみようね。指遣いが書かれてなかったら、どの指遣いで弾いたら綺麗かな?って考えてみようね。

スポンサーリンク

和音を限りなくレガートで弾く方法

ピアノで和音をレガートで弾くのは、難しいことです。ペダルを使う方法もありますが、最初は基本を押さえたいですね。

和音でのレガートの弾き方、実は単音でのレガート奏法と変わりはないのですが、ちょっとだけ気を付けることがあります。。

この画像例のように、1つめと2つめの和音に同じ音が入っていると「同音連打」になるので、レガートはかなり厳しいと感じがち。しかし、それこそ単音ではないのでカバーできます。じゃあどうやったらいいかをお話しましょう。きっとあなたもそう習ったかもしれませんね。もしかしたら忘れていただけかも?

  1. 1つ目の「ラとド」の和音を「3と5」の指でとる
  2. 2つ目の「ファとラ」の和音は「1と3」の指でとる

このような指遣いで弾くと思います。そして「ドーラー」と聴きたい・聴かせたいのですよね。では1つ目の和音から2つ目の和音へ移る時に、次のことを気を付けてみましょう。

「ラとド」を弾いたら、先に「ラ(3)」の指を上げて、次の「ファとラ」の打鍵の準備をする時、決して「ド(5)」は離鍵しないこと。「ファとラ」を打鍵するまでは、「ド(5)」から指を離さない。

一瞬、重なる「時」がある。それがレガート。このように指で重ねる方法もあるし、響きで重ねる方法もある。どちらにしても大事なのは、あなたがあなたの耳を使って聴き届ける事です。

ペダルを使ってレガートにする事も覚えますが、ここで基本のこの弾き方を身につけなければ、一生、ペダルなしで和音のレガートを弾く事はできないでしょう。

うまく弾けない時と和音を限りなくレガートで弾くコツのまとめ

  • うまく弾けない時は、指遣いを再考しよう!
  • 和音のレガートは、指の腹が鍵盤に触れているのを感じよう!

どんな時も、あなたの指とあなたの耳は、鍵盤と響きと仲良しです♪

最後にお知らせです。

チェンバロから考えるバッハ講座Vol.3 装飾音の考え方〜講座のご案内

ベルギー在住鍵盤楽器奏者の末次克史先生による「チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性〜Vol.3 バッハ・装飾音の考え方〜」ワークショップのご案内です。

2018年7月15日(日)13時〜

東京都杉並区のスタジオ・ピオティータさんにて

講座参加費:5,000円

ピアノとチェンバロを使ってのワークショップです。

詳細はこちらのページをご覧ください。お問合せ・ご予約はわたくし荒井がメールで承っております。

chihirohk@gmail.com

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!