2分音符や全音符やタイなどの「伸ばす音」は、どうしてそれだけの長さを伸ばすのかしら?考えたこと、あります?どうしてなんだろうね?そこ、休符にしたらいけなかったのかなぁ?

テヌートやアクセントも、どうしてその音に付けられているんだろう?テヌートが付いていたのにアクセントに変化するとしたら、その意味は?

音の動きを追う事も大事だけれど、なぜそのリズムなのか?と好奇心を持ってみたら見えてくるものがあるかもしれませんよ。今日はそんなお話をシェア致します。

伸ばす音には、「伸び」を与えよう!

右手(画像上の段)のスタッカートが続いた後の「2分音符」に注目しましょう。スタッカート打鍵の勢いで、「トン!」と置いてしまわないよう気をつけたいところです。2分音符=2拍分、伸ばす音ですよね。それは、指が鍵盤上に置かれていればいいのかしら?指が鍵盤上に置かれていれば、音は伸びているのかしら?

指を鍵盤に置いて(落として)打鍵への動作を終わりにしてしまうと(動作を止めてしまうと)、音はちょっと痛くなります。そして、その音はたちまち減衰してしまうのです。

伸ばす音は、前へ進んでいく「伸び感が」欲しい。だから2分音符を打鍵した直後に、「てのひら」を意識してみましょうか。あなたの「てのひら」の中で、小さな風船がどんどん膨らんでいくのを想像して、感じてね。すると何かが今までと違うことに気付くでしょうか。伸ばす音では、是非「てのひら」の中で何かが膨らむことを想像してみて下さい。

テヌート→アクセントの意味を考える

2小節目の右手をご覧ください。1小節目から続いているスラー、これが切れた後の8分音符2つに注目。

1音目には「テヌート」が、そして2音目には「アクセント」が付いています。しかもタイです。そもそも「レント」で「ルバート」で、なおかつ「エスプレシーヴォ」という指示付き。

いっぱい、感じたこと出して(表して)いいのよ♪うわ~~い!いっぱい自由に歌えちゃう~!って、こんな短い中にたくさんの指示がありますね。スラーが切れて、テヌートで次はアクセント・・・(タイで音が伸びる=減衰していくから、アクセントで音を強調・印象づけておくんだろうなぁ)

もう少し音価の長い音ならまだしも、8分音符続きでテヌートとアクセントを明確に弾き分けるのは、簡単なことじゃないでしょう。まず、自分の中でテヌートとアクセントの違いをハッキリさせないとね。だからこそ、いっぱい考えて音にしてみましょう!考えるのも音を出すのも、あなたなのですから。

スポンサーリンク

「その音を特に強く」とは、どんな音だろうか?

楽譜に書かれた「rf.」(リンフォルツァンド)は、「sfz.」(スフォルツァンド)や「fz.」(フォルツァンド)同様に、「その音を(特に)強く」という指示です。いわば「アクセント」のようなものですね。(アクセントも「その音を強く」という意味ですから)

でもアクセントを含め、こんなに言い方があるって一体どういう事なのでしょうね?それは、その状況によって「どのくらい強く(あるいは、他の音に比べて強調)」なのか、変わってくるのでしょう。どんな場合でも、欠かさないで欲しいなと思う気持ちの一つに「特に大事に気持ちを込めて」というのがあります(私のニュアンスです)。

この画像の場合も、単純に「特に強く」という意味だけで捉えてしまうと、なんとぶっきらぼうにアタックが強くなってしまうことか?という危惧があります。特に小さな子供達は、単純にそうしてしまいがち。強く=落とす(あるいは、感覚的に「たたく」)と、無意識レベルで思い込んでいる可能性は大きいのです。

だからね、打鍵は「落としっぱなしにしない」ことです。動きが止まった途端に、音は行方を遮断されてしまうから。そこで終わり、終わってしまうのです。だから、腕の動きは止めないでね。

伸ばす音に与えたいものとテヌートやアクセントの意味を考えることのまとめ

  • 伸ばす音に与えたいものは、その音の伸びを味わうこと
  • 音の伸びをあなたが最後まで味わってみよう!
  • テヌートやアクセントの意味を考えてみよう。どうしてその音に付いているのか?
  • アクセントやsf,rfz,sfzなどの本当の意味を考えてみよう!「強く」にもいろいろある!

ピアノを弾くには楽譜に書かれていることを読み取り理解し、それを演奏に表す事が必要になります。そうは言っても、楽譜に書かれている事って音符に限らずたくさんのことがありますよね。書かれていることを読み取ることは大事だけれど、書かれていることの「意味を考える」ことは、もっと大事であなたの演奏に役立つことを忘れないで欲しいと思います。

最後に「あなた自身が考えて決断するために必要な講座」のお知らせです。

チェンバロから考えるバッハ講座Vol.3 装飾音の考え方〜講座のご案内

ベルギー在住鍵盤楽器奏者の末次克史先生による「チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性〜Vol.3 バッハ・装飾音の考え方〜」ワークショップのご案内です。

2018年7月15日(日)13時〜

東京都杉並区のスタジオ・ピオティータさんにて

講座参加費:5,000円

ピアノとチェンバロを使ってのワークショップです。

詳細はこちらのページをご覧ください。お問合せ・ご予約はわたくし荒井がメールで承っております。

chihirohk@gmail.com

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク