日々ピアノを弾いていると、今向き合っている曲に少しずつ慣れてくると、何を大事にしたいのか・したかったのかわからなくなる事はありませんか?わたしは一体何を弾いているのだろう?これでいいのかな?って。

ブルクミュラー「やさしい花」から

そして、休符があるから手を上げなきゃ!と思うのかなぁ?それとも、何となくそこに休符が書かれているのは見えているんだけれど、本当の所、自分は休符として扱ってピアノを弾いているんだろうか?なんかめんどいなぁ、別に休符でなくてもいいじゃん?って思ったり、していませんか?(笑)

今日はそんな事を考えてみましょう。

そこで大事にしたい事は、何かを考えたい

さて、この画像の中で特に注意したいのは、どこだと思いますか?

この中で大事にしたい・注意したいのは、右手の1小節第2拍から第2拍への「そ(ファソ)〜〜そ そ」と、1小節目終わりの「ふぁーーみ」から、次の小節はじめの「ミ」です。

同じ音が繰り返される時は、本当に注意が必要なの。これは、自分が出している音に耳を傾けられないと、自分で弾いているのに全く気付かない事。

「そ(ファソ)〜〜そそ」と聞こえるのと、「そ(ファソ)〜〜そ」と聞こえるのは違います。「ふぁーーみみーー」と聞こえるのと、「ふぁーーみミーー」と聞こえるのでは、かなり耳あたりが違変わってくるでしょ。

もし、そこまでのアプローチが同じだとしたら、ここで2方向へ分かれます。これも、究極は「嗜好の問題」かもしれませんが、そうではないかもしれませんね。さぁ、もっと注意深く 聴いてみましょうか。

あなたはこのフレーズを、どう聴かせたいのでしょうか?

休符は「休み」じゃない。次へ繋ぐ音楽だ!

ブルクミュラー「やさしい花」から

画像の左手を見てみましょう。

リズムは「たんうんたんうん」=4分音符と4分休符が交互ですね。このようなシンプルなリズムでは、気をつけたい事があります。

休符は休み・・・と言いますが、本当にそうでしょうか?手拍子でリズムを取るのとは、違います。だって、音楽なのですから。

もちろん、リズムも音楽。リズムを打っているだけでも、音楽になるのが最高です。その話しはまたいつか致しましょう。

4分音符の音が、離鍵と共に宙を舞って行った、その音の響きを聴く、そして次の4分音符に繋げるのが、休符の役割だと考えてみて?

聴いて!聴いて!!聴いてね!!!

スポンサーリンク

大事にしたい事は何かを考え、休符も音楽だ!のまとめ

  • いつも、そこで大事にしたい事は何かを考える癖をつけよう!
  • 音もリズムも、捉え方次第で音楽が生き生きしたり眠くなることを知っておこう
  • 休符が何故そこにあるのか考えよう!
  • 休符はお休みじゃない。次へ繋げるために存在する音楽なのだ!

動きが流れを生みます。音楽にはリズムという動きに音程が開いたり狭まったりする音の高さの動きがあります。それらが音楽を作っているの。ただ何となくそこにその音があるんじゃない。何となく休符があるわけじゃありません。もっと楽しんでしまいましょうね!

最後にお知らせです。

荒井千裕ピアノ・リサイタルのご案内

今年も東京でリサイタルを開催させて頂けることになりました。

毎年好評の「お話と映像とピアノ」のコラボレーションも、今回は「おんがくの絵本」としてバージョン・アップ!ドビュッシー没後100年の今年は、プログラムもドビュッシーの作品づくしです。

2018年9月2日(日)15時開演

東京南麻布のセントレホールにて

チケット代は以下の通りです。

  • 一般:4,000円
  • 中・高校生:3,000円
  • 小学生:2,000円

ご予約はこちらをクリックして開かれるページで承っております

セントレホールでお会いしましょう!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク