あなたは普段ピアノを弾く時、はじめての曲と向き合う時、指遣いや手のポジションをどうやって決めているでしょうか?

三枝隆作曲「水の歌」(二台ピアノ)から

一見難しいという印象を受けないフレーズで、考えることなしにさらっと弾けそうな気がしても、実はちょっと考えた方がもっと音楽的になる事があります。今日はそんなお話です。

指遣いを変えた方がいいわけ

ピアノ初心者とでも、素敵な響きのする二台ピアノをやりたい!という想いから、依頼して作って頂いた作品。それが三枝隆作曲「水の歌」。

さぁ、問題はこの画像のところです。

三枝隆作曲「水の歌」(二台ピアノ)から

第一ピアノは「そーふぁーみーれーどー」と歌うと、次は「ふぁーみーれーどーしー」と続く。この「そーふぁーみーれーどー」は、両手とも「ドレミファソ」ポジションで一息で弾けます。

次の「ふぁーみーれーどーしー」も、指替えを入れれば、弾くのはさほど難しいことではありません。だけどここはね、フレーズのあり方も考えれば(スラーの付き方を見てね)、「ふぁーみーれーどーしー」の「ふぁ」で、指を変える=ポジション移動(二度移動)しておくほうが自然で音楽的に弾けます。そしてその後がラクですよ。

スポンサーリンク

指遣いを決める(考える)ポイント

ピアノを弾く上で指遣いを決める(考える)ポイントは次の通りです。

  • 弾きやすさを考える
  • 次への繋ぎやすさを考える
  • アーティキュレーションにふさわしい指遣いを考える
  • その指遣いで音楽的かどうか?考える

こんな所でしょうか。私達は往々にして「その時の弾きやすさ」だけに意識が行きがち。でも、一番大事なのは「音楽的に歌える指遣いかどうか?」だと私は考えます。あなたが次に指遣いを考える時のご参考になりますように。

三枝隆作曲 二台ピアノのための「水の歌」

これは当時5歳だった生徒と二台ピアノをやりたくて、友人の作曲家:三枝(みえだ)隆さんに作曲を依頼しました。

どんな作品か、是非聴いて下さい。第1ピアノを弾いているのは当時5歳の男の子。第1ピアノは指くぐりなど一切ない5音ポジションで弾けるよう作られています(移動はあります)。

この動画の見どころは、演奏中5歳くんが鍵盤上のゴミに意識が行って、それを取り払うトコロ・・・じゃなくて(笑)5歳くんのポジションにご注目。

この枝隆作曲:二台ピアノのための「水の歌」の楽譜はこちらでお求めになれます

あなたの可愛い生徒さんとも是非、二台のピアノでの演奏を楽しんでみませんか?

音楽的になる指遣い・ポジションを考えようのまとめ

  • ポジションを変えなくてもそのまま弾けそうだなと思っても、変えた方が音楽的になる時がある!
  • 指遣いもポジションもどうしたら良いかを決めるコツは、音楽的になるかどうか?だ

ピアノを弾く上での指遣い、最初に楽譜に指遣いの指示があると考えることなしにとりあえず従ってしまっていませんか?指遣いの指示がある時もない時も、あなたにとっての弾きやすいポジションや指遣いも大事です。しかし、もっと大事なのは音楽的になるかどうか?を考えてみるという事です。さ、考えてみましょう!

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク