ピアノを弾く上で、弾きにくさを感じるものに音階やアルペジオや重音が続くフレーズなどがあるでよう。それら全てがピアノを弾くなら避けて通れないもの。ピアノのための作品は、音階とアルペジオと重音の進行で出来ているようなものですから。

ドビュッシー「月の光」から

そんな音階を弾くにもアルペジオにしても重音の進行にしても、よりラクに弾けるようにするために、グルーピングする事をオススメします!

スポンサーリンク

音階もグルーピングするとピアノは弾きやすくなる!?

この画像のような音階のフレーズは、いろんな曲に登場しますね。

こんな音階フレーズをピアノで弾く時も、グルーピングしてみましょう。ただ指遣いを守って弾くだけの、(もしや指遣いもいい加減になりがちでは?)音並べ、音置き、指の体操からは卒業ですよ。音の方向の通りに素直に、グループ分けしてみましょう。

それぞれのグループで、一番高い音に向かって行く。

グルーピングする時に考えること・感じること

はじめに「フォルテ」と書かれているけれど、第1音からフォルテで弾かなくて良いの。

音が上がって行くのは、何を感じるかしら?音が上がって行くと、見えてくる景色はどう変わるかしら?何を感じて、何が見えるのか?何かを感じて何かが見えるなら、それぞれのグループで音が上がって行く時、あなたはどんな呼吸をするでしょう?どんな風に体は豊かになって行く?どんな風に歌って行くかしら?

親指で、カクンと手の高さが落ちないように、ちょっとだけ気をつけて、そしていっぱい感じてね。

アルペジオだってグルーピング

ドビュッシー「月の光」から

この画像の左手です。このように2オクターブを超えるアルペジオのフレーズも、よく出てきますね。こんなアルペジオのフレーズでは、弾きにくさを感じることが多いようです。

ではどうして弾きにくいと感じるのでしょうか?

スポンサーリンク

アルペジオが弾きにくい理由

アルペジオのフレーズをピアノで弾こうとすると弾きにくいと感じるには、理由があります。

それは指変え(指くぐり)。親指は他の指に比べて短くて太いですよね。指が生えている向きも違います。上の画像のフレーズのように、黒鍵と白鍵の音が混ざっているフレーズだと、親指は白鍵を弾く事が多いでしょう。すると、指が黒鍵と白鍵を行き交うので、視覚的に前後の場所で弾かなければならないような気持ちになるのかもしれません。

そもそも親指は短いのですから、その親指で白鍵を打鍵するなら、手前にわざわざ戻って来る必要はありません。でも何故か、黒鍵の後に白鍵を親指で弾く場合、手を手前に引っ張るようにして余計な前後運動をしているケースが多く見られます。

それをやめるだけで、格段に弾きやすくなりますよ。

音階もアルペジオもピアノでラクに弾く方法はグルーピングだ!のまとめ

  • 音階も、向かう音の方向をまとめるグルーピングをするだけで弾きやすくなる!
  • グルーピングする時には、その音の方向性の気持ちを考えてみよう!
  • アルペジオもグルーピングすると弾きやすくなる!
  • アルペジオが弾きにくい理由は指くぐり(親指)に合った!

さぁ、あなたも今日からグルーピングを意識してピアノを弾いてみませんか?楽譜をもう一度、読み直してみましょう。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク