あなたはピアノを弾く時、どのように楽譜を読んでいますか?初めての曲と向き合う時、いくらか音が馴染んできて楽譜を譜面台に置いて見ながら(眺めながら?)ピアノを弾く時、あなたはどのように楽譜を読んでいるのでしょう。

ショパン「華麗なる大円舞曲」から

こんな画像のフレーズなら、あなたはどこをどのように読みながらピアノを弾いていると思いますか?意外と自分の事には気付いていなかったり。ちょっと楽譜の読み方を考え直してみませんか?良い事はそのまま。取り入れた方が良い事もあるかもしれませんよ。

楽譜は縦に読まず、横に読む!

o0640039112772385247

ショパン「幻想即興曲」から

譜読みをする時に気を付けるべきコトはいろいろあるけれど、中でも注意したい事は、それぞれの音価=音の長さだ。

音符を縦割りではなく横へ横へと読んでいるつもりでいても、音価を正しく読まないと、この画像の右手のように「実はニ声なんですけど…」という事に気付けない。すると、メロディが違うものになってしまうワナにはまってしまいます。

片手ずつ譜読みして練習している時は、横へ横への流れを意識しているでしょう。しかし両手で合わせると途端に「縦割りのワナ」=「両手を合わせるタイミングと音」に意識がいきがちです。

しかし、そんなあなたの意識を横へ・次へと「流れていく」「繋がっていく」「続いていく」方へ向けてみましょう。音楽は横へ流れていくものですよ。ちょっと気をつけてみましょうね。

同じフレーズが繰り返される時「同じだ!」と思い込むのは危険だ!

o0631048012772925760

ショパン「幻想即興曲」から

この曲の中間部では、同じフレーズが4回出てきます。そこでやった~!同じ!楽勝!と思うのは危険。全く同じというのは稀な事です。

1回目は上の画像のようでしたが、

o0640039412772925759

ショパン「幻想即興曲」から

2回目には「お飾り」が付きましたよ。

そして、3回目と4回目は、

o0615048012772925761

ショパン「幻想即興曲」から

リズムが変化していますよ。注意事項ですね。どうしてこのリズムが変わったのでしょうか?リズムが変わると、何が変わるのかなぁ?感じるものに変化はあるかしら?

これを正しく読み取り、演奏に反映させ、その通りに覚えましょう。まず初めはそこから。どの曲にもあり得る事ですよ。

「エリーゼのために」など、主題が再登場する時の「みれ」の数の違いをいい加減にすると、8分の3拍子ではなくなってしまいます。ちょっと気をつけてみましょうね。

スポンサーリンク

楽譜を読み解くのは面白い!右手と左手の違いを味わおう!

o0632048012791126496

ショパン「華麗なる大円舞曲」から

見て見て!この楽譜を!ワルツです。左手は「ずんちゃっちゃ」のパターンですね。しかーし!惑わされるべからず!こんな所にも落とし穴(危険)が潜んでいますよ。

右手は気を付けないと、左手と同じように3拍目で手が上がってしまいます。でもね、譜例のように右手は第2拍から次の小節の第1拍まで「スラー」が付いているのだっ!つまり、右手は第3拍目の音と次の小節の第1拍目の音を

「超仲良し~に、してねぇ~ん♪」なのです♡

ちょっとした気づかいで、解決できますよん♪

楽譜を読み解いて、心も体もラクにピアノを弾く方法のまとめ

  • 楽譜は縦に読まず横に読もう!
  • 常に先へ先へと読む癖をつけること
  • 同じフレーズが繰り返される時は変化を読み取る
  • 変化する音やリズムによって何が変わるのかを感じる
  • 右手と左手のアーティキュレーションの違いを楽しもう!

楽譜を読んでいくのは大変だと感じているとしたら、きっとそれはあなたの意識が「弾く事」へ比重が大きくなっているからかもしれませんよ。それより、楽譜に書かれている情報とその変化をしっかり読み込んでみる。変化するのはどうして?と疑問に思ってみると、どんどん楽しくなります。その上「どう表現したら良いのかわからない」という事もなくなりますよ。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク