ピアノを弾いていると「もっと音を聴いて」「最後まで自分が出した音を聴くのよ!」などと言われた事はありませんか?または「どうもあなたの演奏はブツ切れで繋がっていかないのよね」など。

そんな事を言われたって「わたし」はちゃんと音を聴いているし、これ以上どうしたらいいのか、どうやってこれ以上聴いたらいいのかわからない!って思うでしょう。では今日は「どうやってピアノの音を聴いたらいいのか」考えてみましょう。

ピアノを弾くのは文章を読むのと同じ事

文章やお話を読む時、あなたは何を読むのでしょうか?そこに書かれている文字?うん、そうですよね。まずは「文字」を読みますよね。だけど、書かれている文字をただ読むだけでは、例えば….

「朝起きて窓を開けると、冷たい空気が気持ちよかった。」という文章も、

「あ・さ・お・き・て・ま・ど・を・あ・け・る・と….」となり、何が何だかよくわかりませんね。

それでも、漢字が混ざっている文章でその漢字が読めるなら、

「朝・起きて・窓を・開ける・と、冷たい・空気が・気持ち・よかった。」このように読めるでしょう。しかしこれでは「棒読み」と同じですよね。

行間を読むように

「行間を読むように」という喩えをするなら、もう少し長い文章でお話するかもしれません。でも話が長くなるので短かめに。

行間を読むようにとはつまり、それぞれの行の文章が繋がった「一つの文(話)」として読まないと、意味が伝わらないという事。

幾つかの文が続いている時は、「それぞれの文から文へ、どのように繋がっているのか、或は変わって行くのか、というものを読み取って行く」でしょう。楽譜を読むという事も、同じですよ。しかし楽譜を読んでピアノを弾くのは、「読む」だけではありません。

音と音の空間を聴いてみよう!

じゃあピアノの場合、どうやって音を聴くのか?(ピアノに限らないですね。きっと他の楽器でも同じだろうと思います。

今 弾いている(出している)音から、次に弾く(出す)音へのの空間を聴く」これが大事です。

音は、次から次へ連なって行きますよね。だから、「今の音を聴き続ける」という事に意識を持ち続けるのはなかなか難しい事。今の音を聴き続ける事に慣れるまでは。いえ、ちゃんと聴いている事を自覚出来るようになるまでは、今の音を聴き続けるのは難しい。

でも、聴いてみましょう。今の音から次の音までの空間を。

スポンサーリンク

変化する音の響きを味わってみよう

音は、ピアノを打鍵してから変化していきます。ピアノから放たれた音の響きは、空間を伝わって行きながら音・音の色が動いていきますよ。それを味わうと気持ちいい!それは、どんなに速いパッセージであってもです。是非、味わってみて下さいね。

それでも聴けている気がしないなら、ゆっくり弾いてみればいいのです。これは練習・訓練なのですからね。何事もまずやってみる事から始まりますよ。

行間を読むように音を聴くとは事前に音を聴く事!

o0174014911789733387

今あなたがピアノを弾いている(出している)音から、次に弾く(出す)音への「音の空間を聴く」

これはつまり、

  • 自分が出している音を常によく聴き続けなければならない
  • 聴き届けなければならない

という事です。

今あなたが出している音を聴く・その音の行方を聴く・聴き届けるという事は、その次の音へ「どう繋がって行くのか?」という事を、実際に弾く前に「知る」となります。言い換えれば、その場面ではどんな音が相応しいのか?という事を事前に知るという事。

ピアノを実際に打鍵する前に、どんな音色・響きが必要(欲しい)かがわかれば、どのように弾いたら良いのか・どのように呼吸してどのように体を動かしていけば良いのかがわかるでしょう。

そうすると、不必要な(無駄な)動きをする弾き方を避ける事ができます。

事前にピアノの音を聴ければ無駄な動きはなくなる!

楽譜にクレッシェンドと書かれているから、フォルテになったからと言ってこんな事をしてはいませんか?

  • 上体を鍵盤に押し付けるように近づいて行ったり(本人、無意識です)
  • 息をする事を忘れて肩から腕がガチガチになって、力で押してしまったり

でもね、事前にピアノの音を聴ければ、こんな無駄な体の動きをする事は避けられますよ。自分の音をよく聴くために、ピアノに近づきすぎない。「程よい空間」を持てるといいですね。

今日のピアノ動画*バッハ「平均律第2巻第5番」プレリュード

さぁ、ティーブレイクです。今日はヨハン・ゼバスティアン・バッハ様の「平均律クラヴィーア曲集第2巻」から第5番のプレリュードをお送りします。

気持ちもゆるゆると解き放ちたいですね。

行間を読むようにピアノの音を聴けば体もラクに使って弾ける!のまとめ

  • ピアノを弾くのは特別な事じゃない。文章(お話)を読むのと同じ事
  • お話を読む(朗読する)のと同じように、行間を読んでみよう!
  • 音と音の行間をさまよう響きを追うように味わってみよう!
  • 行間を読むようにピアノを弾くためには、弾く前にその音を聴くのがポイント
  • ピアノを弾く前に欲しい音を聴ければ無駄な動きはなくなる!

さぁ、あなたも初めは欲しい音を想像する所からでも始めてみませんか?大事な事は、この記事を読んでわかったつもりで終わりにしない事。すぐ実践することですよ。それがあなたの力になるのです。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク