ピアノで音数の多いフレーズを弾いていると、次第に腕が重くだるくなるのを感じたことはありませんか?

ラフマニノフ「楽興の時第4番」から

ピアノを弾くなら大変なフレーズで腕が辛くなるのは仕方ないと諦めていませんか?もしくは、私にはそういう曲は弾けないと。

もし、音が多くて弾くのが大変そうなフレーズでも、どんなに弾いても腕に力を溜め込まずにラクに弾けるとしたら身につけたくありませんか?

ピアノを弾いていてどんな時に腕がだるくなるのか?

ラフマニノフ「楽興の時第4番」から

こんな調子が、最初から最後まで延々と続く左手。

「もう、2ページ目くらいで、相当左手が・・・(涙)」という声が聞こえてきます。こんなフレーズ、各音を「頑張って弾いている」と、腕に力が溜まってしまうのはすぐですよ。じゃあ、腕を疲れさせずにピアノを弾くには、どうしたらいいんだろう?

背中の肉や肩甲骨を意識してみよう!

こんな時は、背中の肉が落ちる~~!って想像してみて。肩甲骨をゆるゆるさせる感じよ。そうしたらね、肩の付け根が広がる感覚になるのだけれど、それを感じられるかしら?(この時のレッスンでは感じてもらえましたよ)

背中の肉が落ちる状態や肩甲骨をゆるめる状態を感じられたら、後は大事な音を見ていきますよ。その大事な音とは、低音や半音程や向かっていく所などの「より大事にしたい音」のこと。これらを見ていきます。そしてそれら以外の音を打鍵する時は、鍵盤に這いつくばって弾かないのがポイント!

腕に力を溜めずにピアノを弾くには、落としっぱなしにしないのがコツ

この時のあなたの腕は、肩から広がって(関節が広がって)上がっていく感覚を持ってね。イメージする事はとっても大事よ。

「打鍵する・弾く」という動作は、「下へ・落ちる」だけではありません。もちろん最初は下へ向かい落ちますよね。でもね、落ちたままにしないこと。これ、とっても重要よ。落としたままにするとね。どんどん力は溜まっていくからね。

打鍵する・ピアノを弾く動作は下へという思い込みを捨てよう!意識は離鍵へ、つまり動作は上へという方向に意識を向けてみよう。これが脱力のコツですよ。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク