あなたには、ピアノで欲しい音・聴かせたい音がある。それなのに、あなたが欲しい音がちゃんと出ているかどうかわからない?

あなたが欲しい音が出ているのかどうかわからないなら、あなたが実際に音を出す前に、あなたが欲しいその音を聴いてみましょうか?響きを想像してみましょう。今日は、弾く前に聴くことについてのお話です。

ピアノで大事にしたい音のポイントとは?

ドビュッシー「2つのアラベスク」第1番から

あなたがもしもピアノでこの曲を弾くとします。そんな時、この画像の中で一番大事にしたい音はどれだと思いますか?

大事にしたい音のポイントがあります。それは以下のような音。

  • そのフレーズの中で、高い音
  • 音程が離れるところ
  • 長く伸びる音(タイを含む)

以上のことを基本に、もう一度楽譜を見てみましょう。

「そのフレーズの中で、高い音」と「長く伸びる音」がありますね。画像の2小節目(右手)、第2拍です。2分音符でタイ。この音で終わりじゃありません。まだ続きます。この2分音符は続く8分3連符に向かっていきますよ。

では、ピアノで向かっていく音を聴かせるにはどうしたらいいのでしょう?

ピアノで欲しい音は弾く「前に」聴く!

ピアノで大事にしたい音を、欲しい音で綺麗に発音するためには、その音を打鍵する前に、その音の響き・音色を聴く!ことです。

師匠は私に「Pre-Listen !!!」と、数え切れないほど仰いました。10年の間に一体、何回言われたかわかりません。それほど大事なこと。

あなたは、あなたが欲しい音をそれ1音だけで出すことが出来るでしょうか?それが出来るなら、その音を頭に・心に焼き付けて、それを打鍵する前に心で聴くのです。言い換えれば「想像する」。そしてそれを再現するのです。な~んにも考えなしに打鍵しても、欲しい音は出てきません。

是非、うんとうんと!耳を澄ませて、あなたの頭の中でその欲しい音を弾く前に響かせてくださいね。

使用楽譜はこちらです。

スポンサーリンク

ピアノでもきちんと音のバトンを渡して響きを想像しよう!

モーツァルト「デュポールの名によるメヌエット」から

これは低音から高音へ上がっていく、左手から右手への「音」の受け渡しです。バトンを渡すのと同じ事。

あなたなら、ここで何を想像するでしょうか?左手と右手は別の人?同じ人?それは一体どんな響きかしら?どんな風に音は伝わっていくのだろう?どっちに音は動いていくの?

気になる人から思わずプレゼントを頂いて、心が踊ってる?プレゼントは、ポンと置いて渡さないで、ちゃんと相手の目を見て手渡そうね。投げないんだよ!

今日のピアノ動画*モーツァルト「ソナタ」K.545第2楽章

さてティブレイクです。今日は、モーツァルトさまの「ソナタ」K.545の第2楽章。

今日はどんな気持ちでピアノに触れる事が出来るでしょうか?

ピアノで欲しい音は弾く前に聴くのがコツ!響きを想像すると音が豊かになる!のまとめ

  • ピアノで大事にしたい音のポイントを知っておく
  • あなたが欲しい音はピアノで弾く前にその響きを聴いておくのがコツ!
  • 左右の音の受け渡しはバトンと同じ。愛を込めてきちんと渡そう!

ピアノの音もきちんとバトンを渡して、響きがどのように伝わっていくのか?流れていくのか?想像してみましょう。するとあなたの指先から溢れ出るピアノの音の響きは、もっともっと豊かに広がっていきますよ。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク