心と体を楽にしてピアノを弾くピアノレッスン受付中❗

ピアノ・レッスンにつきまして。

7月8月のピアノ・レッスンは、コロナを考慮して1日3名限定。

お日にちはご相談に応じます。

ご希望の方はこちらをクリックして詳細ページをご覧ください。

オンラインや動画でレッスンも❗

ピアノでのフレーズの捉え方とフォルテシモからのクレッシェンドの掛け方について

この記事は約3分で読めます。

あなたはピアノに向かっている時、フレーズって、どうやって捉えたらいいんだろう?と疑問に思うことはありませんか?

既にフォルテシモなのに、そこから更にクレッシェンドってどうしたらいいの?もうこれ以上大きく(強く)出来ません!力尽きてしまいます!というあなたへ。

今日はそんな事をお話しましょう。

ピアノを弾く時、フレーズは大きく捉えるのがポイント

ブルクミュラー「狩り」から

ピアノを弾く上での三度和音のレガート奏法そのものも、大事です。でも、そのお話はまた次回にね。今日は別のお話をしましょう。

スラーの付き方1フレーズ

これですよ。

スラーの付き方を正しく読み取るのは大事な事。このスラーの付き方を感違いをしてしまうと、聴こえ方がまるで変わってしまいます。だけど、それは「アーティキュレイション」の話で、「フレーズをどう捉えるか」という事とは別モノなのです。

アーティキュレイションとフレーズの捉え方は別

1フレーズは、大きな一呼吸です。その中に、細かなスラーがあったり小さな休符が入ることはあります。でも、そのたびに いちいち息を吐き切ったり、シヌホド吸ったりはしません。

大きな、一つの 「吸っていって~少しずつ吐いていく~」の中で、ちょっと息を止めたり溜めたり、ちょっとだけ吐いたり、ちょっとだけ吸ったりします。

ホラー映画を観ていて、過呼吸になりそうなほど、息が止まってるんだか、細かく吸ってるんだかわからないような…でも、一つのシーンが終わると、ほっとして息を吐き切ってグッタリ?もしくは安堵する….そんな感じ。って、それで通じるでしょうか?

1フレーズは、短くても4小節。でも、上の画像では8小節で1フレーズだ、と捉えると、推進力も出てきますよ♪

フォルテシモからのクレッシェンドの掛け方

リスト「森のざわめき」から

フォルテシモから、さらにクレッシェンドをかけてフォルテシシモ(トリプル・フォルテ)まで上げていかねばなりません。

さぁ、どうやって音量を上げましょうか?そもそも、ここまでへも、クレッシェンドしてきてるのです。既にフォルテシモ。それなのに、さらにパワーアップしていくって一体どんだけ・・・?

自分の音量の幅を知っておく事も大事です。そうでないと、「もうこれ以上、大きくできないのにぃぃ・・・」という事になっちゃいますね。

スポンサーリンク

 

フォルテシモからのクレッシェンドのポイント

  1. 画像1小節目、左手の低音オクターブは、 一度音量を落としてから弾き始める
  2. 左手、グルーピングして、音量を上げていく。 
    (音が下がったら一度弱くして、またクレッシェンドしていく)
  3. 右手は画像2小節目に入ったら(トレモロになったら) 右手でもクレッシェンドを助けていく

ご参考までに。

使用楽譜はこちら

【ブログをメールで購読】

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,132人の購読者に加わりましょう

心と体を楽にするピアノ奏法をメルマガでお届けします。
ピアノ奏法
Chihiro ARAIをフォローする
心と体をラクにするピアノ演奏法

コメント

タイトルとURLをコピーしました