音がいっぱいあって弾きにくいフレーズをピアノで弾くのは、本当に大変ですよね。そんな大変なフレーズをピアノで弾く時、あなたは何か意識していることはありますか?弾くことだけでいっぱいいっぱいかしら?

音の洪水?

あなたがそんな大変なフレーズをピアノで弾く時に、忘れてほしくない事があります。

大変なフレーズで、忘れたくないコト

o0550041713385846360

リスト「軽やかさ」から

あるレッスンでの事。これはリスト作曲の「軽やかさ」。

画像は3段譜になっていますが、1段目は「ossia」になっているんですよ。(「ossia」は、それ=1段目を弾いてもいいし、2段目を弾いてもいいですよ、というもの)私も生徒さんも、右手は1段目・左手は3段目を弾いています。

このように、片方の手で弾くフレーズが大変・弾きにくい、という場合について。

弾いている時のあなたの意識は、その「大変な手」に集中していますよね。無意識のうちに大変な方に集中しているでしょう。もちろん意識して弾かなければ、音が抜けたり指づかいが弾くたびに変わったり、まずいことになってしまいます。

しかし、そんな大変なフレーズでこそ、忘れたくないコトがあります。それは次のようなこと。

  • メロディはどこにあるのか?
  • メロディは、どう歌うのか?

ということです。大変な手の方に、メロディを縦割りで合わせてはいけません。その逆ですよ。

まず、メロディをどう歌うか?それを考えてみましょう。すると、歌のニュアンスがつきますね。そっちが先!なのです。

スポンサーリンク

 

テクニック習得の練習とメロディを歌うこと

大変な手の方は、テクニックを習得するための練習を欠かさないこと。しかし、メロディをいかに歌うか?ということを忘れないでね。

この下の画像に写っているところだけでも、メロディはグルーピングできますよ。(メロディは1番下の段)

リスト「軽やかさ」より

またこのような和音で動いていく場合、これは左手で弾く和音の上の音がメロディですから、「1」の指を、先に(打鍵の)用意をするのがポイント

そして「1」の指は、鍵盤の中へ、奥深く、入っていく!という意識を持って打鍵してみましょう。こうすることでバランスが取れて、音に深みが出てきますよ。

使用楽譜はこちら

これは、2011年5月に香港にて開催された「東日本大震災チャリティ・リサイタル」の演目の一つ。香港アニエスベー・ホールにて演奏しました。チケットの売上は被災地へ送られました。

どんなに大変でもピアノで「歌うこと」を忘れない

  • どんなに大変なフレーズでもメロディがどこにあるのか理解する
  • どんなに大変なフレーズでもメロディを歌うことを忘れない
  • 大変なフレーズの技術を習得する練習は欠かさない

あなたが今ピアノと向き合ってやっているのは「音楽」。わたしが今ピアノでやろうとしているのも「音楽です」。

それはあなたが演奏するもの。わたしが演奏するもの。それは機械が演奏しているものではないでしょ。だったら一番大事にしたいのは「歌うこと」。あなたの想いを紡ぐことだと想いますよ。それを忘れないでね。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク