心と体を楽にしてピアノを弾くピアノレッスン受付中❗

ピアノ・レッスンにつきまして。

8月のピアノ・レッスンは、コロナを考慮して1日3名限定。

お日にちはご相談に応じます。

ご希望の方はこちらをクリックして詳細ページをご覧ください。

オンラインや動画でレッスンも❗

ピアノの黒鍵と白鍵の交互奏に気を付けアーティキュレーションを正しく読み取る

この記事は約4分で読めます。

何気ないフレーズ、ピアノで弾くのにそう難しくもないフレーズなのだけど、なぜかギクシャクした印象を持つ事はありませんか?

黒鍵と白鍵を交互に弾くと、どうしてデコボコしまう印象を受けるのだろう?

楽譜の読み方が違うのかな?弾き方かなぁ?じゃあアーティキュレーションを正しく読みとるって、どうするんだろう?

今日はそんなお話をしてまいります。

 

ピアノの黒鍵と白鍵の交互奏で気をつけたいポイント

例えばこの画像のようなところです。

ビゼー「子供の遊び」”隅取り鬼ごっこ”から

両手ともト音記号です。右手も左手も「ソ#とラ」を交互に弾いていくフレーズ。この時、なんだかボテボテした感じや音が多い・拍が多い印象を与えているとします。そんな時、あなたは「何が原因」だと思いますか?

もし原因がわからなかったら、客観的に見るために動画を撮ってみるのも一つの方法ですよ。

この「ソ#とラの交互」はシンプルな動き。黒鍵と白鍵を交互に弾くので、問題があるとしたら打鍵するその位置関係を探ってみる。「遠く=黒鍵」と「近く=白鍵」。「向こう側=黒鍵」と「手前=白鍵」という「無意識の感覚」のようです。

だから「向こう行って、手前に戻って来る」という、動作が大振りになりやすいのが問題。このように動作が大振りになっている時、手首が動いていませんか?見方を変えると「手首で弾きに行っている」感じかもしれません。手首がどのように動いているのか?その動き方を注目してみましょう。

手首が動いてピアノを弾いている場合に問題なのは何?

「手首が動いて弾いている」場合に問題なのは何だと思いますか?

それは手首が落ちた時に弾く音(この場合は白鍵の音)に、過剰にアクセントが付いてしまうこと。だから「気になる音」が「拍」が多い印象を与えてしまいます。

過剰にアクセントが付いているような気がする時のポイント

もし、あなたがピアノを弾いている時にどこかの音があなたが意図したものとは違う感じで、まるでアクセントが付いているような気がするなら。手首が上下に動かないように気をつけてみるのがポイントです。

「そ」ではなく、1音目から終わりに向かって行くように、車が左からやってきて右側へ通り過ぎるように。スケートで一気に滑って行くようにイメージしてみましょう。

スポンサーリンク

アーティキュレーションを正しく読み取るのがポイント!

アーティキュレーションってそもそもなあに?

アーティキュレーションとは

「アーティキュレーション」とは、音と音のつながりに様々な強弱や表情をつけることで、旋律などを区分すること。簡単に言うと、アーティキュレーションとはそれぞれの音のつながり方/区切り方のことです。

湯山昭「お菓子の行進曲」から

この画像の譜例は、非常に面白い。細かなスラーの付き方・スタッカートやアクセント・テヌート、伸ばす音に切る音を合わせるなど。

しかし、この指示通りにアーティキュレーションを読み取らないと全く違う曲になってしまいます。元々の曲の持ち味が生かされません。それはとっても残念。せっかく大変な譜読みをして練習をしているのに・・・

だからこそ、譜読みは目を皿のようにして

読むべし!読むべし!!読むべし!!!

ただ音だけを読まないように。そこに書かれているものを全て正しく読み取るよう気を付けましょう。読み取ったことは演奏に反映させる努力をしてみましょうね!そうしたら、あなたの演奏はもっともっと素敵に!音が動いていきますよ♪

今日のピアノ動画*シューマン「夕べに」

ティブレイクです。今日の動画は、ドイツの作曲家ロベルト・シューマン様の「幻想小曲集」という組曲の第1曲”夕べに”。

1日の終り、心が落ち着く時間を過ごせますように。

ピアノの黒鍵と白鍵の交互奏に気を付けアーティキュレーションを正しく読み取るコトのまとめ

  • 黒鍵と白鍵の交互奏で問題があるのかどうかを知る
  • 問題がある場合、何が問題なのかを探る
  • 手首に不要な動きがないかチェックしてみよう!
  • 不要なアクセントは付いていないか?付いているなら手首の動きに注目!
  • アーティキュレーションは音だけを読まず全てを読み取るのがポイント!

ピアノの黒鍵と白鍵は、とても近い所にあるのに、何だかとても遠くにあるような動きをしていないでしょうか?ピアノを弾く時は、なるべく不要な動きを省く=省エネ奏法を目指すことで音のムラ(デコボコ)は軽減されます。その上、どんなにピアノを弾いても疲れにくくなりますよ。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

【ブログをメールで購読】

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,144人の購読者に加わりましょう

心と体を楽にするピアノ奏法をメルマガでお届けします。
ピアノ奏法 楽譜の読み方
Chihiro ARAIをフォローする
心と体をラクにするピアノ演奏法

コメント

タイトルとURLをコピーしました