あなたがピアノを弾く時、伸びる音、例えば2分音符とか全音符って、打鍵したらそれで終わっていませんか?え?それじゃダメなの?って?

どうしてその音は伸びる音なのでしょう?その伸びを、味わってみませんか?味わうとどうなるのか?体験してみませんか?そして、推進力を出すにはどうしたらいいのか、お話してまいります。

ピアノで伸びゆく音を聴かないと、大事なものは伝わらない

ラヴェル「プレリュード」より

問題は、画像1小節目の付点4分音符と、2小節目の付点2分音符の音。そして画像2段目は、左手の2分音符の音のことです。

これらの音を、「あなたが」聴き続けてあげなければなりません。「聴く!」「その音の最後まで、聴き届ける!」という意志を持って聴かなければ、その音はカンタンに消えてしまう。ピアノの音は、打鍵した後、減衰していくからね。次の音へ向かっていけなくなっちゃうよ。(もちろん、聴く・聴かせるための打鍵法がありますが、文章だけでは難しいので、ここでは省きますね。こういうことは、レッスンで対面で体感して頂いています。)

スポンサーリンク

どんな音にも、無駄な音はないの。ただし、役割はいろいろです。そして、その音が持つ意味や気持ち、そしてその音の方向性がどうなのか?ということは、それを弾く「あなた(わたし)」がその音を「弾く前から聴く」→「聴き続ける」→「聴き届ける」。それなしには、聴いてくださる方には伝わりません。絶対に、伝わらないよ。

ちゃんと、聴いてくれる人に、伝えるように考えて聴いて弾こうね。

使用楽譜はこちらです。ラヴェル「プレリュード」イ短調

響きの違いを、味わおう!

リスト「軽やかさ」から

左手の低音部から始まる「どーーーシドレファソらーー」、これを受けて続く

リスト「軽やかさ」から

右手の内声・中音域での「どーーーシドレファソらーー」は、よく似ていますね。でも、違うの。違うことがあります。

  • 音域が違う
  • 「レファソ」の「ファソ」、1回目は上がっていくけれど、2回目は下降する
  • 最後の「ラ」が変化する(半音上がる)

この「ラのフラット」と、ナチュラルが付いて半音上がった「ラ」の、響きの違いを、うんと味わいたい。

もっと聴いてね。うんと聴いてね。あなたが感じることが、大事なの。先生が言ったからじゃなくて、あなた自身が感じることを大事にしようね。

使用楽譜はこちらです。リスト「軽やかさ」はこちらに収録されています。

音の方向が同じものでグルーピングすると、あなたのピアノ演奏に推進力が出る

ベートーヴェン「悲愴ソナタ」から

この長い8分音符フレーズで、どうやったら推進力を出せるでしょうか?

もしもあなたが拍を感じすぎて「レファレド」「シファレド」「シファレド」「シレシソ」「ラシラソ」「ファラファミ」・・・と真面目に弾いてしまったら、何が言いたいのかわからなくなります。

いえいえ、真面目が悪いわけではないんですよ。真面目とか頑張るとかは、良いことです。ただ、このフレーズは、拍ごとにオシリ振って行進するわけじゃ、ないのですね。では、どうしたらいいでしょう?

長いフレーズはグルーピングすると推進力が出る!

「グルーピング」とは、捉え方のことです。

「ファレドシ」「ファレドシ」「ファレドシ」「レシソラ」「シラソファ」「ラファミレ」・・・と、捉えていくのです。すると、音の方向性がはっきりしてきますよ。

その音は、どこに向かっていくのか?って、とても大事。もちろん、曲によりフレーズにより、いろいろですよ。

推進力を出すには、音の方向を見てグルーピングすると、いい!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク