あなたがピアノを弾く時に、気付いたら一生懸命になっちゃってる時って、どんな時でしょうか?思い起こしてみて下さいね。

もしかしたら…音がいっぱいあるパッセージを弾いている時?それとも、声部が多く絡み合っている時?もう縦も横もわからない?

じゃあもうバランスも音価も何もあったものじゃないかしら?もしもあなたがそんな状態になった時、一体何に気をつけてピアノに向かったらいいのでしょうか?

ピアノを弾くことに一生懸命?そんな時は、伸びる音を聴こう!

ピアノ弾きが楽譜を読むポイントは!「縦」に読んではいけないという事です。

何故だかわかりますか?何故なら、音楽とは常に動いていく、流れていくものだからですよ。横のつながりこそが生きる音楽を生み出すものなのです。

縦割りの音になってしまうと、音楽は流れていきません。次の音へ繋がっていかない。するとどうなるか?というと、それは音楽にはならないの。

楽譜を縦読みする悲劇

譜読みをする時に、一度に鳴らす(発音する)音を縦に読んでしまうと、悲劇は起こるんですよ。

もう一度画像をよく見て!

右手は二声(二人いる)よ。

上声で「れ ソーーファミレ ソーーファミ」と歌う人と、内声で和音の上の音で「れれどー れれどー」と奏でる人がいる。それを理解していないと、

「れ ソーーファミレ ソーーファミレ」と言う歌は現れず、「れ そ ど ファミ れ そ ど ファミ」という音の動きが鳴ってしまいます。

上声の歌を理解したら、弾く時はいつも、その歌を聴かないとね。

つまり、伸びる音、「れ ソーーファミ」の「ソーー」を、その「そ」が伸びゆくのを聴き続けないとね。そうしないと誰にも、伝わらない。

聴く? 聴かない?あなたの意識の持ち方一つでいろんな事が大きく変わりますよ。

ピアノで音価が長くなっていく時に注意するポイント

画像のように、一度 連符などの速い音が入った後に、音価が長くなっていくと、どうも体内時計が狂いやすいのです。

1拍がどのくらいだったか?今、自分は一体何拍伸ばしているのか?そんな時のあなたの演奏は、まるで壊れたメトロノームのようになってしまいます。

落ち着いて!その音の伸びを、響きを十分に味わうように。落ち着いてね。先を急がないで。

今日のピアノ動画*モシュコフスキー「エチュード」Op.72-6

ティブレイクです。

この記事のはじめのトピックでモシュコフスキーのエチュードが出てきました。そのモシュコフスキー繋がりで、別のエチュードですが、今日はモシュコフスキー様の「エチュード」Op.72-7をお送りしますね。1分54秒と短い動画ですので宜しかったらどうぞ!

1年の半分以上が夏状態の香港。レッスンに来る生徒たちも8割以上が裸足でした(靴下を履いていないとか、来たら我慢できなくて脱ぐという状態)。日本でのピアノ・レッスンでは考えられない状況ですよね。

日本では当たり前の習慣も、それは日本でのこと。外の国では当てはまらないことも多いのです。同じ日本人だけの世界であっても。そんな事を思い出します。

私も初めて痛風の発作になって、靴はおろか靴下も履けず、サンダルで師匠のレッスンに伺うしかなかった事がありました。私は基本的に言い訳はしないのですが、この時ばかりはサンダルで裸足でレッスンに伺った理由をひたすら説明しては「女性でも痛風になるの?」とお師匠様が驚いておられた事も思い出されます。

師匠に「痛風」を説明するために辞書で調べたものね、英語でなんて言うんだ?とか(笑)。ちなみに誰もこの記事を読んだからといって使わないと思いますが、英語で痛風は「gout」ですよ。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク