あなたは自分が出すピアノの音の響きを、聴くことが出来ているでしょうか?聴くことに意識を置いたことはありますか?響きを聴き、響きで合わせることについてお話しします。

響きで聴く・響きで弾く・響きで合わせる

右手の和音と左手の動きは、別物ではありません。ただ、このフレーズのリズムはこうだからと、その拍に和音を置くだけにしないようにしましょう。

左手の動きの音の響きと、右手の和音の響きを合わせるとどうなるか?想像してみて。左手と右手の響きが融合する事を、想像してみて。

  • 是非、響きで音を聴く事を意識してみて。
  • 是非、響きを想像して弾く事を、意識してみて。
  • 是非、響きで合わせる事を、意識してみてね。

響きで聴く、響きで弾く、響きで合わせる。

とても大切で、とても素敵で、あなたを助ける事です。忘れないでね。

ピアノで推進力を出す弾き方

あなたは、8分の6拍子が2拍子ではなく6拍子に聞こえてしまったり、4分の2拍子の曲が8分の4拍子に聞こえてしまった経験はありませんか?

あなたの演奏が、違う拍子に聴こえてしまう原因は一つではありません。でもその原因の筆頭に「全ての音をしっかり(はっきり)弾こうとする」事にあります。

画像の8分の6拍子は、2拍子で捉えて演奏するのが基本。でも、うっかりすると6拍子になってしまったり、3拍子にすらなってしまうことがあります。

基本は2拍子ですが、こんなフレーズは「1小節を1拍」くらいの感覚で丁度良いですよ。拍の捉え方・感じ方の問題ですが、頭でわかっていても音に現れない場合があります。何故、理解しているのにそれが音に現れないのでしょうか?

その理由は、全ての音の打鍵の仕方が同じになっているからです。同じ打鍵をしているなら、同じ音の出方をするのは不思議ではありません。そう思いませんか?全てが同じ拍に聞こえるのも頷ける事。

じゃあどうしたらいいか?→ 打鍵の仕方を変えればいいのです。至ってシンプル。問題は「どう変えるか?」です。しかし、それは試行錯誤やってみるもの・自分で感じて体験するものです。それこそが、自分のモノとしてチカラとして身につくのですから。

文章だけで伝わる事を期待していませんが、レッスンの記録のシェアなので、ご参考までに。

響きで聴き響きで合わせてピアノ演奏に推進力を出す方法

  • 次の拍へ向かって行くように弾く事

これが、「拍を多く感じさせない弾き方」「ピアノで推進力を出す弾き方」ですよ。是非お試し下さいね!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク