曲には、大なり小なり幾つかのクライマックスがあります。あなたがピアノを弾く上で、クライマックスへ向かっている事がわかるようにするにはどうしたらいいのでしょう?

クライマックス・盛り上がっていることをわかりやすく伝えるためには、呼吸法が重要です。ではどのように呼吸を意識してピアノを弾いたらよいのでしょうか?

ピアノを弾くには、技術を身につける事と同時に「呼吸法」が効果的!

では、クライマックスに向けてどのような呼吸をしたら良いのか?考えてみましょう。

さぁ、これから盛り上げて行くんですよ。あなたはどんな気持ちでしょう?その時の呼吸はどんなふうかしら?想像してみましょう。





どう?なんとなくイメージが沸きましたか?まぁ!素晴らしい!

では、ご一緒にやってみましょう。

ピアノでの呼吸法、実践はイメージを伴うのがコツ!

まずピアノを打鍵する前に深く息を吸っていきますよ。ゆっくりね。口だけの「息を吸う」作業ではありません。体全体を使ってね。深呼吸をする時のように、ゆっくり、深く、深く。

息は、おなかに吸い込むことをイメージしてみましょう。(実際にお腹に入るかどうかのお話は横に置いておきます)

いわゆる腹式呼吸ですね。もし腹式呼吸をするのが難しいなら、喉を通って吸い込んだ息が、肩から胸へ→胸から下へ→おなかへ「落ちて行く」ことを強くイメージしてください

「肩から胸へ」を、「肩から肩甲骨へ」とか「肩から腰へ」落ちるとイメージしてみましょう。
イメージできたでしょうか?

イメージできたら、おなかに(背中に)入った息がでおなかが横に広がって(膨らんで)、めちゃめちゃ体格の良いオペラ歌手になった自分を想像してみてください。

まずは、ここまで出来るようになると良いですね。ここまで出来た方は、次にいきましょう。

オペラ歌手になった自分を想像出来たら自分の体の状態を観察するのがコツ

→ここまでの一連の息の吸い方にかける時間をなるべく速くしてみましょう。

吸った息を喉からおなかにまで息を落とす、そこまでのスピードを速くしてみる。でも、そこから先おなかに入った息を横へ広げて行くところは、ゆっくりですよ。

それができたら、その時の自分の体の状態がどうなっているか、見てみましょう。その時、肩から腕は少し脇が開いて広がる感覚になっていませんか?

意識的に広げているのではなく、無意識で自分の腕はまるで「あやつり人形」のような状態です。自然とそうなってしまう状態ね。

おなかの中で横に広がった息を溜めたまま、吐き出さずそのままで打鍵してみましょう。

ご参考までに。

今日のピアノ動画*モーツァルト「ソナタ」K.545第3楽章

ティブレイクです。今日はモーツァルト様の「ソナタ」K.545から、第3楽章を。

あなたもモーツァルトのピアノ・ソナタ、弾いてみませんか?素敵な作品がいっぱいありますよ。

ピアノでのクライマックスへの効果的な呼吸法のまとめ

  • ピアノ上達に欠かせないのは技術力だけじゃない!呼吸法を身につけるのがコツ!
  • ピアノでの呼吸法はイメージするところから!
  • 自分がオペラ歌手になったと想像してみよう!
  • オペラ歌手になった自分の状態を観察するのがコツ

ピアノを弾くのに呼吸を無視してしまうのは勿体無い!あなた自身がもっと音楽を感じるために!伝えるために!呼吸を意識してみましょう。それがピアノ上達のコツですよ。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク