あなたが出しているそのピアノの音は、あなたが欲しい響きになっているのでしょうか?それを気にしてみたこと、ありますか?

明日の練習では、ゆっくり弾いてみましょう。全部ではなくていいのです。ある一部分・1フレーズだけでいいのです。いえ、1小節だけでもいいのです。あなたが出す音を聴いてみましょう。

こう言うと、あなたは「ちゃんと自分が出す音、聴いてるもん!」と、思いますよね。うん、きっと「聞いて」います。

だから次には「っと!聴いてあげよう!」と思って「聴いて」くださいね。あなたが欲しい響きを得るために。

欲しい響きになっているのか?ピアノの音のバランスの聴き方

今あなたが弾こうとしているその音、それが一音ではない場合のお話です。

あなたが今弾こうとしている音が和音になっている場合、或いは右手と左手のどちらにも音がある場合(同時に発音する場合)、右手の音を聴かせたいの?それとも左手?それとも、和音の中のどれかの音頭でしょうか?

ちょっと目をつぶって音を出してみましょうか。

右手の音をより聴かせたいと思っているなら「どうしたら左手の音より、右手の音が浮き立つのか?」いろいろやってみましょう。何度か打鍵するうちに「あ!これ!このバランス!」という音が出るかもしれません。

ではもし「コレ!」というバランスの音が出たら「今、どうやって打鍵したからこのバランスで音が出たのか?」を考えてみましょう。振り返ってみましょう。

一回ではわかりませんよね。そう、偶然出ただけですから。でも、一回でも良いバランスで音が鳴ると「おおおおお~」って嬉しくなりませんか?わーい!私にもできるじゃな~い!って。

そう、できるんですよ。それで「うん、私にはできる!結構私って凄いかも?(笑)」というところで終わりにしていたのが、以前の私でした。だって、できるんだもの(笑)。

ただ。いつもできるわけではないんですよね。まぐれだっただけですから。自覚できていなかったのですから。どうやったら?という方法を。だから、何度もやってみる必要があります。あなたが欲しい音を得るために!

そして、幸運にももう一度その良いバランスの音が出た時は、「今、私どうやって弾いた?」と振り返ってみてくださいね。とは言いましても。なかなか地道でツライ作業です。でも是非、やってみてください。

ピアノが、弦が、空気が喜ぶような音、空にまで伝わって行くような音、喜びを感じられる音、悲しい音、いろんな音があります。

だから、自分が出している音のバランスを聴こう!欲しい響きを得よう!!

ピアノの音のバランスを聴く・欲しい響きを得るためのヒント

音のバランスを聴く・欲しい響きを得るためのヒントは以下の2つ。

  1. 指先の感覚と意識
  2. 打鍵のスピード

ではまず「指先の感覚(と意識)」についてお話ししましょう。

ピアノで欲しい響きを得るための指先の感覚と意識について

ピアノの打鍵は指先が鍵盤に触れることでできます。指先に、意識を集中してください。出したい(聴かせたい)音を出す指先への意識を持つことです。

指先に意識を集中していないと、音がぼやけますよ。(どんな種類の音を出したいのかという、輪郭のようなものがぼやけます。)

スポンサーリンク

ピアノで欲しい響きを得るための打鍵のスピードについて

次に「打鍵のスピード」について。

聴かせたい音を打鍵する指は、そうではない音を打鍵する指より、打鍵そのもののスピードが速くなります。打鍵の瞬間の時間がズレる、というのではありません。打鍵の着地点(着地時間)は同じです。ただ、着地に至るまでにかける時間(スピード)が異なります。

では、どうやったら「聴かせたい音」と他の音との打鍵のスピードを変えるのか?変えられるのか?について。

ピアノの打鍵のスピードの変え方について

海水浴に行かれたことはありますか?砂浜で子供たちが「砂の城」を作ったり、穴を掘って水を流し込んだり穴を掘って自分が埋まって砂をかぶせたりしています。

あなたも砂浜で、砂の中に両手を(片手でも)入れて手形を作る事を想像してみてください。

普通に砂の中に手を入れたら、普通に自分の手の形の穴ができますよね。では、強く強く!イメージしてください。

あなたが砂に手を入れる瞬間、5の指(小指)だけがもの凄い速さで、もの凄く長く「びよ~~~ん!」と伸びることを想像してみましょう。

それを強くイメージすると、5の指にだけ意識が向けられるのを感じるでしょうか。この瞬時に5の指だけが長く伸びる感覚を、得られるでしょうか?

あなたの5の指だけが「もの凄い速さでスゴク長く伸びる」その感覚を得られるまで、想像してみてください。その感覚を得られたら、その感覚を持って(意識して)打鍵してみましょう。

あなたが出したい音・聴かせたい音を打鍵する指が、打鍵の瞬間「もの凄い速さで指が長く伸びる」とイメージして打鍵する。そうやって弾くと、打鍵スピードは速くなります。その上、その音が浮き立ちますよ。

是非試してみて下さいね。ご参考までに。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク