ピアノを弾くには、「先に打鍵の準備をいかに出来るか?」で回避できること、そして確実に出来る事はグンと増えます。あなたも「準備しておく!」と言われた事はありませんか?

準備をするのは、わかるような気がする。でもわたしは準備が出来ているのかしら?準備が遅い?でも準備を急ぐと、それまでの音が雑になるような気もするし・・・そうそう、フレーズの終わりまで大事にしてねって言われるけど、そしたら次の音への準備が遅れちゃう(気がする)から、怖くて・・・

というお声もよく届きます。あなたは如何?今日は打鍵の準備について、そしてフレーズの終わりの音への意識について考えてみましょう。

ピアノは出来る限り打鍵前に準備しておくのがコツ!

画像のはじめの二つの和音は、二つとも打鍵する前に打鍵すべき鍵盤に指を準備しておくのがポイントです。(それぞれの和音を掴む形にしておく事)

1つ目から2つ目の和音へは、それぞれの音がどのように動くのか?を理解しておきましょう。オクターブの動きですから、右手も左手も、外側と内側の音は同じですよね。同じ幅で二度上昇します。ではそのオクターブの中の音はどのように動いているのか?その点について動きをしっかりと頭に入れておけば、弾くたびに迷うことも準備が遅れることもなくなりますよ。

第3拍の5連符も、5音全てに打鍵の準備をしておく。そうして、一息に指を鍵盤に落としてよどみなく弾いていきましょう。まるでドミノ倒しのように。まるでハープを奏でるようにね。決して1音ずつ弾きに行かないのがキレイに弾くコツです。

赤色の縦線で前後に分けているけれど、これは「準備」の話で「一息(1フレーズ)」という意味では、この2小節で一つですよ。

一個一個で終わってしまわないように、なるべく大きく捉えましょう。呼吸もね。打鍵に呼吸を合わせることが、スムーズに(自然に)音を奏でるコツです。

ピアノではフレーズ終わりのスタッカートを意識するのがキレイに終えるコツ

上の画像のようなこんな短いフレーズ。フレーズの終わりの音は、どんなフレーズでも注意が必要です。そんな中でも、この画像のような場合はちょっと考えてみたいところ。

フレーズの終わりの音には、「スタッカート」が。楽譜を丁寧に読むあなたは、この「スタッカート」をちゃんと読み取っていますよね。すると、頭の中は「スタッカートで終わる」という事で占められます。

スタッカートの印を見ると、まるで条件反射のように「ポッ」と指が上がってしまう。(無意識に「跳ねる」という動作に。)

スタッカートは、それが付いている音のそもそもの長さや、その音に至るまでどんな風に動いてきたのか?その次はどうなるのか?といった、色んな事を考えてみましょう。「跳ねたら」、どんな風に聴こえるのだろうか?と、もう一度、自分が出す音をよく聴いてみる。

それでいいのかしら?不自然じゃ、ないかしら?次に向かって、エネルギーは大きくなって行くのかしら?

さぁ、考えてみましょ。自分が発する音を、よく聴いてみましょうね。

今日のピアノ動画*ショパン「前奏曲」Op.28-7

ティブレイクです。今日の動画は、ショパン様の「プレリュード(前奏曲)」Op.28-7。日本では胃腸のCMで一躍有名になった作品です。

わずか16小節の曲ですが、それぞれの音を慈しんで味わうと、とても美しく素敵なんですよね。

ピアノは打鍵準備とフレーズ終わりのスタッカートに意識を置けばキレイに弾ける!のまとめ

  • ピアノの打鍵準備は、どのように音が動くかを理解しておくのがコツ!
  • ピアノはフレーズ終わりのスタッカートがどのように聴こえると自然か?想像してみよう!

あなたが自分で感じて考えた事が、あなたのこれからのピアノ音楽を創りますよ。聴く事、想像する事、感じる事、考える事を忘れないでね。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク