ピアノに限らず、音楽は前へ進んで行くもの。伸ばす音(伸びる音)であっても、今ココの時点で留まるのではなく、必ず前へ音のエネルギーは向かっていくものです。

そうは言っても、なんだか推進力が足りないような気がする事はありませんか?

o0333050012563534021

推進力がどうこう言う前に、音の動きが覚えられないんだもの〜(涙)!というお声もよく届きます。さぁ、では覚えにくい音の動きやピアノで推進力を出すために大事な事って何なのか、考えてみましょう。

何度片手ずつ練習しても、覚えにくい音の動きを覚えるちょっとしたコツ

o0632048012776720941

なんぼ片手ずつ練習しても、な~んだか覚えられへん!なんとか片手でスラスラ弾けるようになっても、両手で合わせると???になってしまうぅぅ….そんなフレーズ、時々ありますよね。

そういう時は!そのフレーズの中に、「つながりのある音を探してみる」こと。

画像で→を書き入れているところのような「音のつながり」です。二度音程や半音程などで動いているところはポイント。そしてそれは「メロディック」で意味のある動きになっていますよ。

それが下降しているのか?上がっているのか?そんな事に注目するだけでもまた意味(気持ち)が変わってきます。だから、そういう「つながりのある音」の動きがあるところを探してみましょう。

そして更に、それぞれがどのように動いているのか(その小さな「つながり」が「半音ずつ上がる」とか「二度ずつ上がる」とか、もう少し音程が離れるとか)そういうことを見ると覚えやすくなりますよ。

ピアノで推進力を出すために大事なコトって何だろう?

同じ速さで弾いている演奏でも、推進力を感じられるものと感じられないものがあります。「推進力」とは、「前へ進んで行く/前へ押し進める力」のこと。

それは、「拍」を感じる事。4分の2拍子の曲なら、常に「イチ、ニッ、|イチ、ニッ」の「イチ」に「ノル」こと。そして、「ノル」ためには、各小節の第1拍に「向かって行く」ことです。

それだけで、ちょっと生き生きとしてくる。ワクワク感が出てきますよ。あなたの音楽に、推進力が生まれる時です。

今日のピアノ動画*メンデルスゾーン「ファンタジー」第1楽章

ティブレイクです。今日はフェリックス・メンデルスゾーン様の「ファンタジー(スコットランド・ソナタ)」の第1楽章。

ピアノで推進力を出すために大事な事と覚えにくい音の動きを覚えるコツのまとめ

  • 覚えにくい音の動きを覚えるコツは繋がりのある音の動きを探すのが】コツ
  • 繋がりのある音の動き方(方向性)に注目すると感情が見えてくる!
  • ピアノで推進力を出すために大事な事は、拍を感じ拍にノル事!

さぁ、あなたも音を拾って指を動かす事から自由になりましょう。もっと音の動きを感じて、もっと拍を感じてあなたの音楽にワクワクの動きを!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク