ピアノを弾いていると、なんだか次第に腕がだる重くなってくる。なんていう事はありませんか?

そんなに変な弾き方をしているわけでもなさそうなんだけどなぁ・・・でもピアノを弾いていて腕がしんどくなってくるのを自覚すると、ちょっと悲しくなっちゃいます。うわあああん!またこの曲も辛くて弾ききれないのかも?なんてね。

何とかならないのかなぁ?腕に力を溜め込まないでピアノを弾く方法はないのかしら?

ピアノを弾いていて腕に力がたまってしまう原因

ラフマニノフ「楽興の時」第4番から

画像のような調子で、最初から最後まで延々と続く左手の16分音符フレーズ。「もう、2ページ目くらいで、相当左手が・・・(涙)」

各音を「頑張って弾いている」と、腕に力が溜まってしまうのはすぐです。そう、腕に力が溜まってピアノを弾き続けるのがしんどくなる原因の一つは「頑張って弾いている」事にあるの。

頑張るのは悪いことじゃありません。あなたはただ真面目に練習しているだけ。真面目にやるのは良いこと。その真面目に頑張っている姿勢が、あなたの体からどんどん自由を奪っていくのです。

目は楽譜や鍵盤に釘付けで頭は前へ落ちる。すると肩は固まって腕の可動域が狭まります。自由度を失われた腕は、動かせなくても指がひたすら打鍵を頑張りますから、しわよせはどんどん手首から腕へ。

じゃあ、どうしたらいいんだろう?

腕に力をためこまないでピアノを弾く方法

ではココからが本題。どうやったら腕に力を溜め込まないでピアノをラクに弾けるんだろう?ラクに弾く方法なんてあるのかなぁ?

さぁ、実験ですよ。イマジネーションの世界へようこそ!スタンバイOK?いきますよ。

  • 背中の肉が落ちる~~!って想像してみる
  • 肩甲骨をゆるゆるさせてみよう

そうしたら、肩の付け根が広がる感覚を感じられる?感じられればベリーグッド!あとは、フレーズの中での大事な音・低音や半音程・向かっていくところなど「より大事にしたい音」を見ていきましょう。

それ以外は、鍵盤に這いつくばって弾かないのがポイント!腕は、肩から広がって上がっていく感覚で。

打鍵する・弾くという動作は、「下へ」「落ちる」だけではありません。もちろん最初は下へ向かい、落ちるでしょう。でもね、腕を落ちたままにしないこと。打鍵と同時にすぐ次の音の打鍵へ準備するために動いていくと、動きが止まりませんから腕に不要な力がたまる事はなくなりますよ。

今日のピアノ動画*スクリャービン「二つの詩曲」Op.32

ティブレイクは、スクリャービンさまの「二つの詩曲」Op.32です。

スクリャービンの作品に初めて興味を持ったというか、惹かれた作品でした。これをきっかけに、しばらくスクリャービンの世界にはまっていましたねぇ。。。とってもロマンティックだけれど素直じゃないのよね(笑)。

腕に力をためこまないでピアノを弾く方法のまとめ

  • ピアノで腕に力がたまってつらくなるのは、頑張りすぎているから
  • 背中の肉を落として肩甲骨をゆるめると余分な力は入らない!
  • ピアノを弾く=打鍵は腕を落としっぱなしにしないのがコツ

肩甲骨を緩めたり背中の肉が落ちる〜って背面をゆるゆるにすると、上腕がとっても自由になります。するとね、どんなに音数が多くて大変なフレーズでもラクに弾けるようになりますよ。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク