ピアノを弾いていると、脱力問題を考える時が訪れるでしょう。

ピアノを弾いていて腕がつらくなったり痛くなったりする原因は人によって状況によっていろいろ。でも、普段から腕や手首・指などに負荷を強いずに弾く事が出来たら、そんな痛みに悩まされることもなくなるでしょう。

では、腕に負荷をかけずに済む練習方法はないのか、探ってみましょう。

ピアノを弾く時の、3の指を支点にした脱力練習法

ピアノ奏法*オクターブ・フレーズの弾き方で、「3の指」を支点(方向指示針)にすることをオススメしました。

3の指を支点に!という話が出ましたので、今日は「3の指」の存在をより強く意識して頂くために、3の指を使った(意識した)脱力練習についてお話します。

いわばピアノ奏法*オクターブ・フレーズの弾き方のの延長・応用編。

オクターブ・フレーズは、3の指を支軸にする時「親指の存在を忘れること」が肝要。

何かオクターブ音を「1と5の指」で押さえて(とって)みてください。まっすぐに立って、片足を上げて両手を広げて横に上げてバランスを取るような感じです。

この時、両手で体のバランスを取っているようでいて、でも実は体の軸となる頭から背骨から尾てい骨あたりまでで体を支えていると思いませんか?

両腕でバランスを!と思った途端、腕に力が入って腕が重くなる感じがしませんか?バランスが崩れる!と思った瞬間、両腕に力が入ってしまって、余計にバランスが崩れてしまう。

背骨をまっすぐにして背筋の力を抜くと、バランスが取れます。これと同じ事。

オクターブを弾く時、3の指は打鍵していなくても意識は3の指先に強く置いてくみましょう。しかし「3の指の第3関節、指先から一番遠い関節=てのひら・甲」とつながっている関節には、力が入らない様に。

この関節の力が抜けるよう抜けるよう!強く意識してみましょうか。

ピアノで脱力は、意識する事がポイント

この3の指の付け根の関節が脱力できた感覚は、なかなか感じられないかもしれません。でも、何度も何度も!強く意識してみましょう。1と5の指にも力は入れませんが、指先だけは鍵盤に吸い付いている状態です。決して指の関節に力を入れない様にね。

ここで大事なのは、まず3の指先に意識を置く事。そして3の指の付け根の力が「抜けていく~!」と言う事を最優先させるというコト。目をつぶって。肩を落として。鎖骨の下をラクにしてね。

どうでしょう?下腕から力が抜けて行くのが感じられたでしょうか?それを感じられるまで、しつこく!根気よくやってみてくださいね。

ピアノは、今まさに弾こうとしている「音」と、それを弾く「指」にだけ意識がいきがちです。しかしそれらの音を打鍵するために使っているのは、その指だけではないですよね。いろんな部位が繋がっているのですから、動きは連動します。

しかし、その動きが「後からついてくるもの」なのか「先攻しているもの」なのか、意識の持ち方がどちらにあるか、というだけで、ツラくなるかラクになるか、変わって来ますよ。

今日のピアノ動画*ショパン「エチュード」Op.25-12”大洋”

ティブレイクは、ショパン様のエチュードOp.25の第12曲”大洋”。

思い返すと、この頃はまだこの曲のことを半分も理解出来ずに弾いていたのかもしれません。ただひたすら、必死に憑かれて練習していた事を思い出します。

ピアノの脱力は3の指を支点にするのがポイント!のまとめ

  • 3の指を支点にするピアノの脱力練習は親指の存在を忘れるのがポイント!
  • 3の指を支点にする感覚がわからなかったら、片足を上げて両手を広げて体のどこに軸があるかを感じてみよう!
  • ピアノで脱力は、とにかく意識を置く事がポイント!

ピアノの脱力は、3の指を支点に・支軸にすることで手指の・腕のバランスが取れますから無理がなくなりますよ。体も同じこと。このブログの軸でもありますが、体の部位は全てがワンピースであることを忘れないでね。あなたはもっとラクに体を使ってピアノを弾く事ができるようになりますよ。

↓↓こちらの記事もオススメ!↓↓

ピアノ奏法*オクターブ・フレーズの弾き方

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク