ピアノを弾いていてお悩みはいろいろあれど、「手が小さいの」とか「手が広がらないの」というお声はよく届きます。私も手は小さい方ですからね(体は大きいのですが、体の大きさに比べると手足はビックリ!な小ささですの。あ、私のことはどうでも良いですよね(汗)。ごめんなさい。

小さな手だからと、嘆かないで!逆にね、手が大きくたって広がらない手を持つ人もいるんですよ。でもね、広がらない手だからと言って嘆かないでください。大丈夫!これからだって、あなたの手が小さくても広がらない手であっても、広がるようにすることはできるんですよ!

今日はそんなお話を致します。

広がる手は作るもの!

ブルクミュラー「清い流れ」から

画像上の段=右手の「ソシミレシソ」から、1オクターブ上の「ソ」への開きは、スラー付き。まだオクターブが届かない小さな手で、ピアノでこれを繋げて弾くのは、厳しいことです。

でもね、届かないから、ジャンプして弾いたらいいじゃない って言うのはどうでしょ?

「広がる手」は、作るもの。手が小さいからと、諦めないで。

歳を重ねれば体は大きくなっても、手は必ずしも大きくなるわけじゃない。どんなに体が小さな子でも手が小さくても、広がる手を持っていれば/広がる手を作れば、オクターブは届くようになります。

そのためにも、「届かないから→ジャンプする」という方法は、手放しましょう。

広がる手の作り方

う〜〜〜ん!と、体を伸ばすストレッチをするように、「てのひら」をから広げる。この時の注意点は、手が反らないようにするコト。そうしたら、多分、7度くらいは広がるでしょ。7度が届いたらオクターブ(8度)は、隣だもの。ちょっと先が見えそうになってきましたよ。

さて手をう〜〜〜ん!と広げた後は、隣の鍵盤にスライドするだけ。横滑りね。そう、これがポイントです。決して、ジャンプしないこと。こうやって、ストレッチするように「てのひら」を広げる事、そして、音階やアルペジオなどでの指またぎや指くぐりで、キュッとて指を窄める。そんな動きを、意識してやるようにしてみましょう。

するとね、次第に必要な筋肉は育っていき、ピアノをラクに弾くために必要な広がる手は作られていきますよ。

諦めないで、投げ出さないで(ジャンプするという単純なところへ行かないで)、頑張りましょ。

今日のピアノ動画*バッハ「平均律第2巻第7番」

ティブレイクです。今日はヨハン・ゼバスティアン・バッハ様の「平均律クラヴィーア曲集第2巻第7番」BWV876をお送りします。

バッハと言えば間もなく「バッハ脳を作る!」という、バッハのフーガを弾くための専用回路を脳に作る方法教えます!な講座が開かれますよ!オススメ!7月26日(金)東京渋谷にて。

ピアノをラクに弾くための広がる手は作るもの!手が小さくても嘆かなくていい!のまとめ

  • ピアノをラクに弾くために広がる手を作るには、安易にジャンプしないこと
  • 広がる手を作るために、無理に手を広げないこと
  • てのひらの内側からストレッチするように広げるのがコツ
  • 広げても届かない音へはジャンプしたり無理に広げず、横へスライドしよう!

ピアノは「頑張って弾く」んじゃなくて、「意識する、ということを頑張る」の。いつも、ありがとうございます♪

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク