ピアノを楽しく弾きたいのに、何だかしっくりしないフレーズがあったり弾きにくいと感じたりすることはありませんか?

そんな違和感を覚えるものの中に、アルペジオは上位に上がります。あなたはどうかしら?

今日は、そんなピアノでアルペジオをラクに弾く2つのコツと、肩甲骨を意識するってどんな事なのか?について、お話いたしますね。

ピアノはアルペジオも肩甲骨から回転させて弾く

ショパン「バラード第1番」から

ピアノでオクターブを超えて音域を行き交うアルペジオ。音を外さないよう、ちゃんと弾こう!として、指先が鍵盤にめちゃめちゃ執着していきます。すると、手首も固まったまま。手首に柔軟なバネがあるなんて、すっかり忘れてしまう。じゃあどうしたらいいんだろう?

アルペジオは(も)、回転を使って弾いてみよう!手だけじゃない。腕だけでも、ありません。肩甲骨から指先までは、ひとつながり、ワンピースです。

だからオクターブを超えるアルペジオは、肩甲骨から腕を回転させて弾いてみましょう。天使の羽を、羽ばたかせるようにね。これがピアノでアルペジオをラクに弾くコツの1つですよ。

ピアノでアルペジオを弾く時の、意識の置き場所を変えてみる

ショパン「スケルツォ第2番」から

画像の右手のアルペジオが、弾きにくいというお声をよく頂きます。アルペジオで音域を移動するための指くぐりをすると、なんだかブレてしまう。何度やってもいろいろやってみても、なんかダメなんです。と言うので、一緒に考えながらやってみました。画像の指遣いは(この記事では)無視して下さいね。

アルペジオで指くぐりや指またぎをすると、ブレるのはよくある事。アルペジオは1オクターブを超えると、途端にブレやすくなります。でも、ブレやすいんだよね〜って言ってるだけじゃ前進しないので、試行錯誤。人の数だけ、ケースがあるはず。

アルペジオがブレるのは、感覚的な「指針」というか「軸」となるものがそもそもブレてしまうから、手や指だけ見ていても解決しません。体だって、一緒に動いちゃってます。頭が動いている場合も。それなのに、手指だけを見ていてもね。

さて。では、このアルペジオはどうグルーピングしているのかしら?という視点で見てみましょう。もしかしたら、小節ごとに「ソシミソファミ」「ソシミソファミ」かしら?それとも、指くぐりの起点となる「1」からの「シミソファミ|ソ」「シミソファミ・・」かしら?

※ この方の場合の問題は、2小節めの「ソシミ」の「ミ」がブレて外れる事でした。

ここで、もう一つのグルーピングを試してもらいましたよ。それは「ソシ」「ミソファミソシ」「ミソファミシソ」です。つまり、指くぐりの「1」の指に焦点を当てない指くぐりをした次の音「ミ」を、グループの起点と捉える。「ミ」に、意識を置いて、弾いてみましょ。

→ わ〜〜〜!!!ブレなくなりました!弾きやすい〜!!!

パチパチパチ♪ 良かった!良かった!もちろん、これが全ての方に当てはまるわけでは、ありません。ケースバイケース。人により、状況により、変わります。だから、いろいろ、やってみましょう。

アルペジオで軸がブレるなら、是非、意識の置き場所を変えてみては如何?これがアルペジオをピアノでラクに弾く2つ目のコツですよ。

スポンサーリンク

ピアノを弾くポイントは、肩甲骨で弾く!

ショパン「スケルツォ第2番」から

画像の左手が問題です。この左手の手を広げるような動きが気になって、右手を自由に歌うどころではなくなってしまうのです。

もっと自由でいい、とわかっていても、指先は音を外したくなくて、ぎこちなく。また、美しく弾きたくて無意識のうちに必死になってしまうのね。左手の指先は、鍵盤に必死で向かっていきます。その左手の指たちは、まるでバーゲンセールで周囲の人にお目当のものを取られないよう、躍起になっている人のよう。

さ、もっとラクにピアノでこのアルペジオを弾くために、指先の意識をポイポイって捨てちゃおうか。実際に鍵盤に触れるのは指先だけれど、これらの音を紡いでいくのは、肩甲骨だよ。

肩甲骨を、広げてご覧。肩甲骨を、開いてご覧。肩甲骨と指先は、遠い別のものでは、ないよ。肩甲骨を開くから、それにつられて上腕・肘・下腕・手首も全てが「ワンピース」となって、自由に自然と回転していくのです。その回転のままに、指先はただピアノの鍵盤に触れていくだけだよ。

指先だけに意識が行ってしまうと、手首から肘から肩から全てが固まってしまうからね。

今日のピアノ動画*ショパン「ノクターン」Op.27-2

ティブレイクです。今日は、ショパン様の「ノクターン」からOp.27-2を。

この時、初めてプログラムにリクエスト頂いた曲を入れる、という事をやったのでした。そう、この曲がリクエストされた曲。

ピアノでアルペジオをラクに弾く2つのコツと肩甲骨意識でもっとラクに弾ける!のまとめ

  • ピアノでアルペジオをラクに弾くコツ1は、肩甲骨から回転させて弾くコトだ!
  • アルペジオをラクに弾くコツ2は、意識の置き場所を変えてみるコト!フレキシブルにね♪
  • ピアノをラクに弾くには肩甲骨は要!

 

指先意識を、手放そう!肩甲骨、天使の羽を広げちゃおう!それを意識してみる。意識する事を重ねてみること。それがあなたの体も思考もどんどん開放してどんどんピアノをラクに弾くことが出来るようになりますよ。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク