2020年4月5月のピアノレッスン受付中

2020年4月と5月のレッスンは以下の通りです。

4月18日(土)25日(土)29日(水・祝)
5月2日(土)〜6日(水)16日(土)17日(日)

既にご予約で埋まっている日や時間帯もございますので、お問い合わせ下さいね。

ご希望の方はこちらをクリックして詳細ページをご覧くださいね。

ピアノで和音を音楽的に弾くポイント

ピアノを弾くのは大好きだけれど、うまくいかない(弾きにくい)フレーズなど難儀なものはいろいろあるでしょう。このところレッスンやお話などで「和音」のことにお困りの方が多いようなの。何だかシンクロしています。

というわけで、今日は和音についてお話致しますね。

ピアノで黒鍵の大事な音の打鍵法とは

リスト「パガニーニ・エチュード」第6番から

画像の左手、内声和音の上の、音の動きが大事なメロディになっています。しかし、赤丸してある和音の上の音が聴こえにくいのば、どうしてだろう?と生徒さんから投げかけられました。

それはね、その音が黒鍵だからかもしれません。赤丸の和音は、上の音は白鍵ですよね。黒鍵の音を聴かせたい時は、鍵盤の奥深くに指が入って行くように、強く意識するのがポイントですよ。

そうは言っても跳躍もあるし、右手はアルペジオだし、気が回りきらないでしょ。

赤丸の音の打鍵、テヌート気味の打鍵で少し踏み留まって(ステイして)あげられると良いね。でも、跳躍があるから厳しいの、わかるよ。その黒鍵の打鍵は「1の指」(親指)だよね。親指の指先で掴むのではなくてね、親指の第1関節(DIP関節)を使ってご覧

このような場合ではなくても、黒鍵の打鍵はね、鍵盤に対して指は真っ直ぐではなく、少し斜めに乗せるといいんだよ。そして、このように「その音を他よりももっと聴かせたい時」は、指先から第一関節まで全てを使って、鍵盤の中に入って行く、という意識で弾いてみましょう。

ほら、聴きたい音が出てきたよ♪よしよし!感覚をつかめたね!

和音の、中で動いている音を聴くのがポイント

ショパン「子猫のワルツ」から

画像の左手が問題点です。左手で弾く和音が続いていますが、その和音の中にはずっと同じ音がありますよね。しかし、変化する音もある。

和音の中で、動いている音のラインがある。その、和音の中で動いているラインを、意識して聴いてみましょ!ここも、大事な、素敵な「歌」ですよ。

その歌をね、意識的に「聴かせようとして出す」のか、それともあなたの中で「感じて味わって弾く」のか、そしてその塩梅(加減)をどうしたら良いかということはね、あなたが感じて気持ちの良いところを探したら(見つけたら)いいのよ。

和音の、中で動いている音のラインがあったら、それを聴いてあげましょ♪

スポンサーリンク

和音は、動きのある音を聴く!その2

メインの歌は、右手の和音の上の音の動き。ところが、左手にも歌が隠れています。

左手は8分音符ですが、これを分散和音だと思ってみましょ。すると、上の音はずっと同じだけれど、下の音は動きがありますね。「シーシーラー」。

楽譜を見ても、その音は8分音符だけではなく、もう一つ「棒」が付いてますね。4分音符で「シーシーラー」と歌う人の登場です。この動き、右手の歌の動きと、同じでしょう?右手は「レーレードー」で、左手は「シーシーラー」。同じ音が続いて、二度降りる。

「わ!本当だ!だから棒が付いてお知らせしてるんですか?」と、大人ちゃん。

ほら、ここもそうよ。右手の和音の中で動いているのは、下の音。「ミーファーソー」

左手の8分音符を和音化してみましょ。すると、下の音はずっと「ラ」だけど、上の音は「ドーレーミー」と、動いていますね。ほら、右手と同じように、二度ずつ上昇しています。シンクロね。こういう動きは、ちょっと気にして「聴いて」あげましょ。

その響きのバランスを、どうしたら気持ちいいか?綺麗か?って、いろいろ弾いてみましょう。自分で気持ちの良い所を探してみましょ。あなたの耳を鍛えるいい訓練になりますよ。それにしても、綺麗な曲ですよねぇ。

今日のピアノ動画*ブルクミュラー「アヴェ・マリア」

ティブレイクは、上の画像に出てきましたブルクミュラー様の「アヴェ・マリア」をお送りします。

ブルクミュラーの「25の練習曲集」は、ピアノ学習を始めると多くの人達が課題曲集として頂くと思います。子供の頃はあまり何かを感じたりしないで弾いていたような気がしますが、改めて向き合うと、素敵な曲がいっぱい!あなたも弾いてみませんか?

ピアノで和音を音楽的に弾くポイントのまとめ

  • ピアノで黒鍵の大事な音の打鍵は指先ではなく第1関節(DIP関節)を使うといい!
  • 黒鍵打鍵は指先から第一関節まで全てを使って、鍵盤の中に入って行くという意識を持つのがポイント!
  • 和音の中で動いている音のラインを聴くのが音楽的に弾くポイントだ!
  • 和音の中で動きのある音のラインをどう歌うかは、あなたが気持ちいいと感じることが出来るかどうかがポイント!

さぁ、あなたも気持ちいい!と感じられる音楽を創って参りましょうね♪

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。