2020年5月のピアノレッスン受付中

2020年5月のレッスンは以下の通りです。

5月16日(土)17日(日)

既にご予約で埋まっている日や時間帯もございますので、お問い合わせ下さいね。

ご希望の方はこちらをクリックして詳細ページをご覧くださいね。

ピアノで同音連打の弾き方のコツ

同音連打ってねぇ、ピアノで弾きにくいものの5本指に入っちゃうかもしれませんね。

自分の手なのに、自分の指なのに、どうして思うように動いてくれないんだろう?

今日は、ピアノで弾く同音連打を少しでもラクにするコツについて考えてみましょう。

ピアノでの同音連打は指と鍵盤を仲良くするのがコツ!

画像は、左手から右手にバトンを渡して16分音符で紡がれます。ト音記号・ヘ音記号の表記がこの画像ではわかりませんが、実は右手も左手も同じ音(同じ鍵盤の音)。つまり本当の同音連打。こんな同音連打のフレーズでは、「突き刺す点」のような音が欲しいかもしれません。1音ずつバウンスするような響きではなく。と仮定して考えますよ。

こんな同音連打は、打鍵する指の準備が大事です。1音1音の打鍵はほんの一瞬。「弾きに行く」のではなく、「鍵盤があなたの指に触れに上がってくる!」と思うのがコツです。

ピアノで同音連打、気をつけたい2つのポイント

同音連打を素早くキレイに弾くには、2つのポイントがあります。

  • 全ての指を用意しておく
  • 上下運動をしない

ではこの2点について見て参りましょう。

ピアノの打鍵をする前に、全ての指を用意しておく

上の画像の例ですと、「ソソソソ」を「4321」の指で弾きます。(同音連打で指替えをする練習曲)

打鍵する前にその4本の指を寄せて、何かをつかむような状態で「ソ」の鍵盤の上に用意しておくのがポイント。

打鍵の際に、上下運動をしない

打鍵の時に、1音ずつ各指は上下運動をしない、上下の動きが大きくならないように気をつけるのが第2のポイント。

ただ、4本の指をまるで鍵盤の上で滑らせるようにするのです。そして、鍵盤の底まで弾こうとしないこと。鍵盤が下からあなたの指に触れにくる!と感じてみましょう。

同音連打は、音の方向性をはっきりさせるグルーピングがポイントだ!

二枚の画像は、続きのフレーズです。

ここでは右手、「ソーーーミーーミ|ミーーーラーーー」の赤文字の「ミー3つ」が同音連打。このような同音連打では「同じミーが3つ」続いている、と単純に思って打鍵するのはもったいない。

「ソーー→ミー」、「ミ→ミーーー」というグルーピング(分け方・捉え方)をすると、音のエネルギーの向かいどころがはっきりと伝わりやすくなるコツです。是非、お試し下さいね。

スポンサーリンク

同音連打の向かいどころは打鍵し直すことで目的地が明確になる!

画像で「赤枠」で囲っている音が問題の場所。

赤枠のところの音はタイになっていますね。小節線をまたいでのタイは次の小節画の強拍が前に移動します。いわゆるシンコペーション(強拍の位置がずれること)ですね。

うん、同じ音(同じオクターブ音)だから~、同じ手の幅を持って弾けばいいから~って安易に同じように打鍵していませんか?そのようにあまり考えないで打鍵してしまうと、この場合ですが、強拍が前へ移動して来たのかどうか、聴いていてもわかりません。

シンコペーションは、特別なリズムです。強拍が移動するのは特徴的。そのリズムがこのフレーズの動きを作っているのです。でも、せっかく強拍が移動しているのに、同じように弾いたら変化がありません。その変化がわからないし、気付けません。

このシンコペーションのように特徴的なリズムでの同音連打は、それまでの同音とは打鍵を改めるのがポイントです。つまり、打鍵するアクションを改める。指だけではなく、腕全体を使って打鍵し直すのがコツ。

シンコペーションは音の向かいどころがわかりやすいリズム。だからこそ、音の向かいどころをはっきり表すには、打鍵のアクションをし直すこと。

是非、試してみて違いを感じてくださいね。

今日のピアノ動画*ラフマニノフ「前奏曲」嬰ハ短調”鐘”

ティブレイクは、ロシアの作曲家でピアニストのラフマニノフ氏が人生で死ぬかと思うほどアンコールで演奏することを求められてうんざりしたという逸話のある「前奏曲」嬰ハ短調”鐘”を。

この曲は大変に人気があります。私自身が幼少の頃に習った時と今では、ずいぶん感じる事は違うのは面白いものですね。もちろん、人生経験も重ねていますから、ある意味当然でしょうか。これからもきっと変わっていくのでしょうね。

ピアノで同音連打の弾き方のコツのまとめ

  • ピアノでの同音連打は、打鍵する前に全ての指を用意しておくのがコツだ!
  • 同音連打は打鍵のたびに手の上下運動をしないのがポイント!
  • 同音連打は全ての音を同じに弾かず、音の方向性を示すためにグルーピングしよう!
  • 同音連打の音の向かいどころは、打鍵し直すことで明確になる!

ピアノの様々な曲の楽譜を見てみると、明らかな同音連打から、よくフレーズを見てみないと気づかないかもしれない「隠れ同音連打」がたくさんあります。それら同音連打を、どの音に向かっていくのか?と考えてみたら、もっと楽しくラクに弾けるようになりますよ。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

スポンサーリンク

コメント