心と体を楽にしてピアノを弾くピアノレッスン受付中❗

2020年7月のピアノ・レッスンにつきまして。

7月のピアノ・レッスンは、コロナを考慮して1日3名限定。

お日にちはご相談に応じます。

ご希望の方はこちらをクリックして詳細ページをご覧ください。

オンラインや動画でレッスンも❗

ピアノで音程が離れる時・クレッシェンドや響きについて考える

この記事は約5分で読めます。

ピアノで音程が離れる時、ちょっと厄介だと感じるでしょうか。音程が離れる時、あなたは何か意識することはあるかしら?

クレッシェンドの指示があったら、あなたはどんな風にクレッシェンドしていくのでしょう?

音の響きってどうやって感じたらいいんだろう?どんな風に感じるのかしら?感じたことをどうやって音に表せるのだろう?そんなことを今日は考えて参りましょう。

ピアノで音程が離れたら気を付けるコト

ショパン「バラード第1番」から

画像の通りですが、問題は右手。ここは、スラーが付いている通りです。

「れみれ どれふぁみ」….
「どれど しどみれ」….

しかし、この画像のようにオクターブ・フレーズの場合、それまで「二度音程」=「音階」で動いていたものが、わずかに「三度音程」へと音程が開いただけで、命中率がた落ちになりやすい。(わずかに音程が開いた途端に、ものすごく弾きにくさを感じるでしょう。)こんな時は焦る→打鍵しきれていないうちに、次へ動いてしまいがち。

ではこの動きを、さらにグループ分けしてみましょう。つまり、二度音程で動いているところから、音程が離れるところで区切るのです。

  • 「れみれ どれ」 「ふぁみ..」
  • 「どれど しど」 「みれ…」

何故このように分けるのか?それはね、打鍵の入り直しをするためです。音の方向性を変えるために、打鍵を「改める」。ほんの少し、切り返すところで意識的に「呼吸を入れる」。

それだけでいいんです。こんなオクターブ・フレーズでも、弾きやすくなりますよ。

クレッシェンドを助けるものとは?

ショパン「黒鍵のエチュード」から

右手が高音域を弾いている時のクレッシェンドです。気持ちは右手にいきがちでしょうか。でも、高音域でのクレッシェンドは、なかなかキビシいの。逆に、意識しなくても音量が出がちなのが低音域。

こんな風に右手が動く時でも、左手は低音域でオクターブの動き。しかも音階進行がある時は、ラッキー・ポイントですよ。この左手オクターブでの「音階進行の動き」に意識を傾けて、この動きを聴かせてあげるように弾いてみましょう。すると、それだけでクレッシェンド効果抜群になりますよ。

もちろん、このオクターブでの音階進行をいつも同じように弾いてしまうと、クレッシェンドしているのか、ただのフォルテなのかは、聴いていてわかりません。だからこそ、段階/レイヤーを付けて、幅をつけていきましょう。例えば、1つ目の「ミファ」は1階、2つ目の「ミファソ」は2階、3つめは3階に上がる、というような違いを感じてイメージしてみるのです。

スポンサーリンク

ピアノの響きの中から見えてくるものを感じる

シューマン「アベッグ変奏曲」から

長いこと、何度も向き合ってきた曲なのに、向き合うたび新たな発見があるから面白いですよね。どんな曲でも、そう感じることはありませんか?一曲仕上げて人前で弾く機会を終えたらこの曲終わり、というのはとても勿体無いので、是非また少し年月を置いて同じ曲ともう一度向き合って欲しいです。おすすめですよ。

さぁ、美しい響きの和音が動いていきます。それは四声、まるで混声合唱。それはわかっていた「はず」ですが、果たして、それぞれの動きを、いったいどこまで「聴いていた」のだろう?

シューマン「アベッグ変奏曲」から

今日ふと、このピンクのラインが、優しい音で響きを発するのを、つかまえました。それはなんと幸せで、柔らかい空間と時間だったことか。そんな事があるから、起こるから、音楽は面白い。数え切れないほどに弾いてきた曲なのに、今もまた、新しい響きとの出会いがある。私が音楽を紡ぎ続ける理由は、きっとこれだわ。

こういう時間は、身震いします。いろんな発見はたびたびあれど、こんな風に「美しい響きの中から見えてくるもの」に出会える瞬間は、私にとって最高なの。音楽は、生き物だからね。

あなたも、ピアノを弾くことだけに集中しないで、いっぱい感じて味わってみてね。

今日のピアノ動画*リスト「コンソレーション」第1番

ティブレイクは、リスト様の「コンソレーション」第1番をお送りします。

フランツ・リスト様の「コンソレーション(コンソラシヨン・慰め)」は5曲あります。人気があるのは第3番のようですが、あなたはどれがお好きかしら?

ピアノで音程が離れる時・クレッシェンドや響きについて考えるのまとめ

  • ピアノで音程が離れる時は、グループ分けしてみよう!
  • クレッシェンドを効果的にするには、レイヤーをイメージすること!
  • ピアノの響きから感じられるものはいつも同じではない。その時に感じることを大事にしよう!

音楽は生き物ですよ。あなたの音楽はあなたのものです!今日も明日も、楽しみましょう。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

【ブログをメールで購読】

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,130人の購読者に加わりましょう

心と体を楽にするピアノ奏法をメルマガでお届けします。
ピアノ奏法
Chihiro ARAIをフォローする
心と体をラクにするピアノ演奏法

コメント

タイトルとURLをコピーしました