心と体を楽にしてピアノを弾くピアノレッスン受付中❗

ピアノ・レッスンにつきまして。

8月のピアノ・レッスンは、コロナを考慮して1日3名限定。

お日にちはご相談に応じます。

ご希望の方はこちらをクリックして詳細ページをご覧ください。

オンラインや動画でレッスンも❗

演奏会や発表会・コンクールなど本番前に効果的なピアノ練習法

この記事は約5分で読めます。

コロナによる自粛が解除され、県をまたいでの移動も緩和されました。

今までどおりに、とはいかなくても、徐々に演奏会・発表会なども開催する方向で動き始めていますね。

ということは?

久しぶりに、わたしたちにも「人前演奏」の機会が訪れるということ!

人前演奏会だニャ?

きゃー!どうしましょう!ドキドキしちゃうわ。

だって人前演奏なんて久しぶりだもの…そうよね。コロナの影響で誰も等しく3ヶ月くらい、演奏会は聴きに行くのも自分が弾くのも、ごぶさたしていたんだもの。

というわけで、今日は発表会を含め、本番の約一ヶ月程前からする事、した方がイイ事とは何?ということを考えてみますよ。

ピアノ人前演奏1ヶ月前からやった方が良いこととは?

それは、一も二も!「超ゆっくり練習」です。

え~~~?またそれ?またそのハナシ?って思っちゃうかもしれませんね。でもね、ソレ!「超ゆっくり練習」なのですよ。ソレしかないのです。断言。

あ、それじゃ話が終わってしまいますね(笑)。もうちょっとお話しますよ。

本番前には必ず一度崩れる時期がやってくる!

まず、本番の1~2週間前には一度

「ええええ?どうしてぇええ?」

っていうくらい、崩れる時期が訪れます。だから、じっくり仕上げてきたのに、本番前になって崩れる時が来ても、ジタバタしないでね。崩れる時が来る!ということを、想定しておきましょう。

本番前に一度崩れてしまうのは、精神的な要素が大きいと思います。

でもね、本番前に崩れる事って、必要なんですよ。だって、本番前に崩れなかったら?いきなり崩れてしまうのが本番のその場だったら?

対処できません。それこそ断言。

本番前に崩れるといい理由とは?

本番前に一度崩れると、それはそれは精神的に動揺するでしょう。でもね、

「これ以上は酷くはならない。本番でコレ以下にはならない。」というのがわかるのですから、本番前に一度崩れるのはラッキー❗とも言えますよ。

だからね、本番の少し前に崩れてしまう事に対しては、悲観しないのがコツ。

「おっしゃー!キタキター!崩れたー!やったー!」と、喜ぶくらいの構えでいきましょう!
(ワタクシはいつもその作戦♪)

崩れた原因を考えよう!

さぁ、本番前に仕上げた演奏が崩れてしまったら、「超ゆっくり練習」の他にもやることがあります。

それは、崩れてしまった原因を考えること。

本番前ですからね、崩れる理由は多分、コレが一番多いと思います。

「本番が近づいているから、本番モードで弾こう!」

 =「テンポをあげてしまえ!」

そうしてバランスが崩れてしまうのです。

徐々にテンポを上げる練習をしているうちは問題ありません。でもね、テンポを上げた状態で弾く事に慣れてしまうと、悲劇が起こります。

弾き切れなくなって指が外れるうちは、多分まだ気づかないでしょう。

本番に向けて仕上げていく過程での練習目的が、「テンポを上げる」事だけになってしまう事に問題があります。

だってね、音楽的に弾くとか、打鍵の仕方に注意するとか、暗譜落ちへの対処のための練習とか、やってきたわけでしょ。だから「積み重ねてきたんだもん!」と、無意識のうちに自分を過信しているんでしょう。

そういうわけで、細部への注意が払い切れていない状態になっています。

だからこそ、今一度ゆっくり練習する事が必要で効果的なんですよ。ペダルも外しちゃって良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

崩れてしまってからの練習法

本番で弾く事を想定した、イン・テンポ(その曲を弾くべき本来の速さ)でペダルも入れて弾く、というのは、一日一回で十分です。

あとは、

  • 片手ずつの ゆっくり練習
  • 両手合わせでの ゆっくり練習

※どちらも、ゆっくりながらも、常に音楽的に弾く事をお忘れなく。

そして

  • 片手ずつの暗譜
  • セクション毎の暗譜

できるだけ細かい単位で「弾き始められる」ポイントを、たくさん作っておきましょう。

そしてもう一つ。

  • 絶対に止まらない練習

音ミスをしようが、一瞬音がわからなくなる(プチ暗譜落ちの)状態に陥っても、絶対に止まらない!と決める。

不協和音を鳴らそうが、片手が落ちてしまって、もう一方の手だけになったとしても、強い意志を持って止まらず弾き続ける!という練習をする事。

これは本番直前の練習として、とっても効果があります。特にあなたが不安でいっぱいになっちゃう人なら、これらの練習は、あなたを安心させるに十分な力を持っていますよ。

今日のピアノ動画*ショパン「大洋のエチュード」

ティブレイクは、ショパン様の「エチュード」Op.25-12”大洋”。

Chihiro plays Etude Op.25-12 "Ocean" by Chopin エチュード"大洋"

これは、2014年1月19日に香港の聖ジョン大聖堂で開催された「アフタヌーン・リサイタル」のアンコールでの演奏です。

アンコールで弾く可能性のある曲を、3曲ほど考えていたのですが、大聖堂の音楽課のスタッフさんが「大洋のエチュードがいいわ!」とリクエストされたので、こちらを弾かせて頂いた次第。

日が過ぎるのは早いものですね。

演奏会や発表会・コンクールなど本番前に効果的なピアノ練習法のまとめ

  • ピアノ人前演奏1ヶ月前からやった方がいいのは「超ゆっくり練習」だ!
  • 本番前には一度崩れる時がやってくる事を知っておこう!
  • 本番前に崩れるといい理由は、対処法を準備出来ること!
  • 崩れるには理由がある!理由を突き詰めよう!
  • 崩れてしまってからの練習法は「絶対に止まらない」で弾くと決めること!

是非!やってみてください。もちろん、いきなりこれら全部をやるのは無理だろうと思います。それなら、まず一つはやり遂げる!やってみる。

そして、次の機会には、それにプラスしてもう一つ!と、ガードを一つ一つ補強していきましょう。これぞ、前進!ですよ。あなたのピアノ・ライフをもっと豊かに!応援しています!

心と体をラクにする東京ピアノレッスン
心と体をラクにするピアノレッスンを東京で開催。埼玉・千葉・神奈川もご相談に応じます。
オンライン/動画レッスンのご案内
ピアニストでピアノ講師の荒井千裕によるオンライン・ピアノ・レッスン/動画deピアノ・レッスンのご案内

コメント

タイトルとURLをコピーしました