バッハ「平均律第1巻第22番」フーガ練習のポイント

「音楽の父」ことヨハン・ぜバスティアン・バッハ様は、後世の私達にたくさんの素晴らしい作品を遺してくださいました。

そんなバッハ様の作品を、クラシックピアノを学ぶなら避けて通る事は出来ません。

バッハの作品は、簡単に弾けるものではないし、楽譜を深読みするのも、はじめのうちは大変でしょう。

それでもね、トレーニングと同じでね、何度も向き合っていると見えてくるものがあります。
今日は、バッハ様の「平均律第1巻第22番」フーガを取り上げて、どのように楽譜を読むのか?
どう練習したら良いのか?
そんなポイントをお話していきますよ。

5声フーガはモヤモヤしないように

バッハ「平均律第1巻第22番」フーガ出だしから
バッハ「平均律第1巻第22番」フーガ出だしから

バッハ作曲「平均律第1巻第22番」のフーガは、5声になっています。
3声でも4声でもそれぞれの声部の動きを理解して歌っていくのは大変なこと。
それが5声になっているのですから、なお一層もやもやしてしまわないように、しっかり流れを出していきましょう。

バッハ「平均律第1巻第22番フーガ」で気をつけるのは「音程」

このフーガは、一つのフレーズの中に「音程が開いたところ」と、「二度で動くところ」とで出来ています。

「音程が開いているところ」は、ちょっと意識して気をつけてあげましょう。
手だけ横にパッパッと動かすのではなく、その音と次の音との間に空間を作る意識でね。

そして「二度で動くフレーズ」は、ただ単純に音を鳴らさないように。
それぞれの音は、つながっています。
そして、今の音から次の音へ行く理由がある。
そう、全ての音には理由があるんです。
だから、どんな理由があるのか考えて・想像して、パシパシと指だけ動かして安易な打鍵をしないよう気をつけましょう。

音程が開いている所に比べて、二度で動くフレーズは、「狭さ」を感じたり、時に「不安」だったり「安定/安心」するかもしれません。

音程が開いている所は逆で、その開きに幅や広さを感じるでしょう。

階段を思い起こせばわかりやすいかな。
階段を一段ずつ上り下りするのと、数段飛びでの上り下りでは、気をつけ方が違いますよね。

一番初めのテーマにあるように(続くテーマも勿論同じ形ですが)
♪シーーーファーーー|・ソーファーミー~♪」
この「・」のところが休符で、その前後の音の跳躍があります。
その跳躍での手の使い方、指、手のひらに空間を取る、そして打鍵の緊張感についてお話しましょう。

音程が開く時の打鍵について

バッハ「平均律第1巻第22番」フーガ25小節目から
バッハ「平均律第1巻第22番」フーガ25小節目から

25小節目から26小節目への跳躍した「ド♭」は、一つ目のテーマの時と同じように安易に弾かないようにしましょう。
なぜならこの「ド♭」は、特別な音だから。

目一杯その響きを感じて、音の出方を意識してみましょう。

バッハ「平均律第1巻第22番」フーガ26小節目から
バッハ「平均律第1巻第22番」フーガ26小節目から

では26小節目、ソプラノのこの音(ド♭)の出し方はどうするのか?

ここでは力を抜いて。
手のひら・手首・肘を柔軟に、ふわっと打鍵してみましょう。
打鍵後、更にふわっと肘から緩めて手首も緩めて、指が向こう側へ立っていく。
(手首だけ上げるのではない。手首も上がるけれど、それは肘が緩められることによってですよ。)

バッハ「平均律第1巻第22番」フーガ28小節目から
バッハ「平均律第1巻第22番」フーガ28小節目から

そして続くこのフレーズは、ソプラノの赤○ロング・ノート=長く伸ばす音のラインを意識しましょう。
二度ずつ動いているのがわかるでしょうか。
そう、二度ずつの動きは、音階ですよ。
音の階段を、1段1段、踏みしめるように。
1段1段は難しくないけれど、でも、不用心だと、つまづいてしまうかもしれません。

バッハ「平均律第1巻第22番」フーガ38小節目から
バッハ「平均律第1巻第22番」フーガ38小節目から

このソプラノの「ファは、↑の「ド♭」とは打鍵が変わってきます。
なぜなら、性格が違うからね。
同じ形のフレーズであっても、こちらの方が温かい感じを受けませんか?

その温かさを出す打鍵は...

この音を弾く前の「手のひらの筋肉」を、キュッと引き締めて。
手の形は丸く、そして各指は離さず、できるだけ寄せてね。
そして「ファ」打鍵直後、少しそれを緩めましょう。

バッハ「平均律第1巻第22番」フーガ41小節目から
バッハ「平均律第1巻第22番」フーガ41小節目から

後半に入ったところですが、ピンクの○で右手の「ド♭」と左手の一拍目の和音をつないでいるように、
「その響きを大事に味わう」事を意識しましょう。

右手の「ド♭」は通過音ではありませんよ。

ストレッタをどう弾くのか?

バッハ「平均律第1巻第22番」フーガ48小節目から
バッハ「平均律第1巻第22番」フーガ48小節目から

さぁ、ココからストレッタです。
テーマが重なり合ってまぜこぜに出てきますよ。
ソプラノ→メゾ→アルト→テナー→バスと。

このように、次々と様々な声部でテーマが重なり合うように出てくる所を「ストレッタ」と言います。

さて、このストレッタの始まりの音がね、とっても弾きにくいんですよ。
何故かと言いますと、その直前に中音域でトリルを弾いてます。
トリルを弾いていた音から7度上が、テーマの始まりの音。
その上、その「ファ」を8度(オクターブ)で取らないといけません。

そんな事が原因で、テーマの出だしの高音「ファ」を、はっきりと意思を持った音として打鍵しにくいのです。

そのテーマの出だしの高音「ファ」をハッキリと綺麗に弾くには?

直前のトリル音は右手で弾きますが、その後、オクターブで右手でとっていた「ファ」の、下の「ファ」は左で取ってみてはどうかしら?

ぜひ、試してみてね。

バッハ「平均律第1巻第22番」フーガ67小節目から
バッハ「平均律第1巻第22番」フーガ67小節目から

この画像では4つのテーマが連続になっていますが、実は更にもう一つ、ここのバスの最後の音が始まりになるテーマが続いています。

「♪タ~ラ~」だけがテーマじゃないですよね。
それに続く
「♪・たーらーらー」も、テーマに含まれていますから、まさに「大変💦」...

ここで重要なのは、「事前準備」です。

「一つ弾き始めたらすぐに次のテーマの音への打鍵の準備!」
=指と手のひらの形のことですよ。

跳躍打鍵のポイント

バッハ「平均律第1巻第22番」フーガ72小節目から
バッハ「平均律第1巻第22番」フーガ72小節目から

左手の動きに注目してみましょう。

最後の最後で、左手バスが跳躍。
跳躍って、はねるわけではありませんが。
ここは音の開きが9度。
8分音符での動きの「ファ」から、9度下の全音符「ミ」へ行く時、指(手)を横に動かすだけじゃ、足らないようですよ。

「ファ」の打鍵後、手のひらを大きく開いて、そして肘から手首へとエネルギーを伝えるように、前へ。
打鍵後も、前へ、鍵盤の中へと入っていく感じを持って、よく響かせる事を意識してみましょう。

フーガの注意点

最後にフーガの注意点を。

  • もっとテーマをはっきり出す
  • ロング・ノート(他の音より長く伸ばす音)を大事に弾く

この2点を常に意識しましょう。

それから、このフーガは2分の2拍子。
2分の2拍子の曲は、もう少し速く、を意識してね。
4分の4拍子と2分の2拍子の違いを感じましょう。
4拍子ならゆったりでもいいんですよ。

今日のピアノ動画*バッハ「平均律第1巻第22番」

ティブレイクは、バッハ様の「平均律第1巻第22番」BWV867変ロ短調をお送りします。

切ないような、寂しいような、でも心のともしびを感じるような、そんな感じがしませんか?

練習のポイントまとめ

  • 音程が近いのか?離れるのか?その違いを意識しよう
  • ストレッタは各テーマの始まりの音への準備に注意
  • テーマをもっと聴こう!
  • 他の音より長く伸ばす音を意識しよう!

5声のフーガは2本の手(10指)で、5声を弾かなければなりませんから、2声や3声よりも複雑で大変なのは言うに及ばず。

でもね、2声でも3声・4声でも、気をつける事は同じです。
是非あなたもチャレンジしてみてね。

⭐こちらの記事もオススメ⭐

エンジョイ!あなたのピアノ・ライフをもっと豊かに!
もっとラクに心と体を使ってピアノを弾くお手伝いをしています。

スポンサーリンク

心と体を楽にしてピアノを弾くヒントを月曜の朝、メールでお届け!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,070人の購読者に加わりましょう