心と体を楽にしてピアノを弾くピアノレッスン受付中❗

ピアノ・レッスンにつきまして。

8月のピアノ・レッスンは、コロナを考慮して1日3名限定。

お日にちはご相談に応じます。

ご希望の方はこちらをクリックして詳細ページをご覧ください。

オンラインや動画でレッスンも❗

フレーズが変わる時に気をつけたい事とロスを最小限にしてピアノを上達する方法

この記事は約4分で読めます。

フレーズが変わる時、それから楽譜の段が変わる時も、あなたの気持ちは「次」へ行っているでしょう。次の音、次に始まる事に意識が行っているのね。

それは正しいし、良いことだと思います。しかしもしも、次のフレーズとの「つなぎ」がうまくないな、ちょっと雑かも?と感じる事はありませんか?

そんな時には、どうしたらいいのかを考えてみましょう。ちょっとした事を気をつけるだけで、あなたのピアノ演奏の印象は随分変わるかも?しれませんよ。

フレーズが変わる時に聴きたい音を見つける

メンデルスゾーン「ロンド・カプリチオーソ」から

こんな終わりで、次、段が変わってフレーズが変わります。

こんな時にね、この画像の、右手の和音の下の音の動きと、左手の下の音の動きを、ちょこっと聴いてみましょうか。

右手は「シドレ」と、1音ずつ上がっていますね。
左手も「ソラシ」と、1音ずつ上がっていますよ。

それは次、こんな風に繋がっています。

メンデルスゾーン「ロンド・カプリチオーソ」から

右手は「ミ」へ。左手は「ド」へ。この前の小節(一つ目の画像)から繋げると、

右手は「シドレ」→「ミ」へ。
左手は「ソラシ」→「ド」へ。

ちゃんと、右手の「ミ」へ、左手の「ド」へ向かっている・繋がっているのです。

それを、ちょっと「聴いて」あげませんか?それだけで、心が豊かになる。

そして、ともすれば音が欠けがち・雑になりがちな一つ目の画像の(フレーズの)「終わり」を、大事に丁寧に終えて、次に繋げることができるでしょう。

フレーズが変わる時は、ぜひ、動いている音の繋がりを聴いてみましょうね。

スポンサーリンク

ロスを最小限にしてピアノを上達する方法はすぐ復習すること!

ロスを最小限にして上達する方法、それはね、実はすごく簡単なハナシです。でも重要なこと。肝心要なところ。

それはね、あなたがお師匠様のレッスンから帰って来たら、時間をおかずなるべく早く、すぐに!復習をすることです。

人は、聞いたことを確か2時間経つと半分忘れている、と言います。人の記憶ほど、あてにならないものはありません。せっかく貴重な時間(とお金)を費やしてレッスンを受けても、そのレッスンの場では「わかった!」になっても欲しい音が出せるようになっても、その方法を忘れてしまっては元も子もありません。

また次のレッスンで師匠に同じ事を言われる/呆れられるのがオチです。なんと勿体ないことでしょう。わかりますよ、そんな時間はないって言いたいですね?

ピアノに向かって復習する事が出来ないなら、せめて楽譜に向かって「音読スタイル」で復習してみませんか?レッスンで起こった/学んだあらゆる事を、書き留めてみませんか?

今日のピアノ動画*バッハ「平均律第2巻第7番」

ティブレイクは、バッハ様の「平均律クラヴィーア曲集第2巻第7番」BWV876の前奏曲とフーガ。

Chihiro plays Prelude & Fugue BWV876 by Bach

バッハの作品は、他の作曲家とは違う難しさがあるけれど、パズルをはめていくような、そんな面白さがあるような気がします。ほとんどのピースが残っている状態だと先が見えなくてイヤになりそうな時もあるけれど、コツコツとやっていくと、だんだんいろんなものが見えてくる。

そして一度ピースを全部取り払って、もう一度やり直してみると、また違う風景が見えるんですよね。あ、そういうところは他の作曲家の作品も同じでしたね(笑)。

フレーズが変わる時に気をつけたい事とロスを最小限にしてピアノを上達する方法のまとめ

  • フレーズが変わる時は、動いている音のつながりを聴いてみよう!
  • ロスを最小限にしてピアノ上達するには、すぐに復習することだ!

これがロスを最小限にして上達する方法。人は言われたこと・起こった事も、20分経つと忘れると言われています。次のレッスンでまた同じ事を注意されるなどという無駄を無くすことができますよ。

是非、お試し頂きたいものです。

心と体をラクにする東京ピアノレッスン
心と体をラクにするピアノレッスンを東京で開催。埼玉・千葉・神奈川もご相談に応じます。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました