ショパン「スケルツォ第1番」を仕上げるための10の練習ポイント

2021年2月12日

ピアノの詩人と呼ばれるポーランド出身の作曲家でピアニストのフレデリック・ショパン(1810-1849)。
ショパンはピアノのためのたくさんの作品を生み出しました。

ピアノの詩人 ショパン
ピアノの詩人 ショパン

ショパンは、ワルツ・マズルカ・即興曲・バラード・スケルツォ・ノクターン・ソナタ・エチュード・協奏曲他をピアノのために作曲しました。
今も多くのピアノ弾きが、ショパンの作品に恋焦がれて練習していますよね。

今日はそんなショパンの作品から、1833年に作曲されたスケルツォ第1番Op.20を仕上げていく上での練習のポイントをお伝えします!

大きなつながりを理解する

ショパン「スケルツォ第1番」
ショパン「スケルツォ第1番」出だしから

画像の一段目、この三つの赤○の重音はつながっています。
一個ずつ別個にならないように、意識と呼吸に気をつけましょう。

最初の重音の緊張感を保ったまま、絶対に緩めないで次の音へ行きます。
次の音打鍵に移る時に、「てのひらの筋肉」が瞬間的に緩みがちなので注意。

一段目、三つ目の赤○左手で取る「ミ♯とレ和音」から始まるフレーズは、「てのひら筋」を緊張させて指は鍵盤を突き刺すように弾いてみましょう。
でもね、刺しっぱなしにしないで、打鍵で刺しこんだら瞬時に抜くことも忘れないでね。

この左手の三つの音「ミ#ファシ」でスラーが付いていますが、スタッカートのような打鍵をしてみましょう。
このフレーズはテンポが速いので、スタッカート打鍵をしても聴いてる感じではスタッカートには聴こえません。
じゃあどうしてスタッカート打鍵をするのか?
それはね、緊張感と激しさが増すからです。

画像二段目、右手は青○の音は、上の左手突き刺しの音と同じ。
右手の打鍵後ふわっと上げず、突き刺して瞬時に抜きましょう。

そしてその前の小節の左手、1&2拍目の4分音符は二つ目が弱くならないように。
ここは、ペダルも踏みましょう。
1拍目で踏んで2拍目で踏み変えてその小節の残りはハーフペダル。
次の小節、右手突き刺しの音のところはアクセント・ペダルで。

この画像の始めの段の最後の左手の出だし=一回目のテーマの出だしは、静かめでも十分に伝わります。

ただし二回目はもっと強調しないと、その前のフレーズの音にかき消されて、始まりの印象が薄くなるので注意しましょう。

苦しさ・痛さを表す

ショパン「スケルツォ第1番」
ショパン「スケルツォ第1番」9小節目

全体的に、そんなに速くなくていいの。
この曲はめっちゃ速い!という思い込みは、とりえあず横に置いておきましょうか。

苦しさ、痛さは、こんなところに表現されています。

あなたは、この冒頭のセクション・メロディは、どのように流れているととらえていますか?
考えてみてくださいね。

上の画像の、左手8分音符の一つ目の和音とその次の単音は、セットです。
この音の移り変わりを、十分に味わって感じましょう。
これと同じパターンは沢山出てきますね。
みな、同じようにあなたが感じてみることが大事。

これを味わうためには、速く必要はないのです。

カタマリを意識する

ショパン「スケルツォ第1番」
ショパン「スケルツォ第1番」13小節目〜

続く右手のフレーズ。

これを1拍ずつ、または一つおきに強調しないよう気をつけて。
ここは出だしから、「8分音符四つずつの塊」で進んでいきましょう。
右手は4音で1つという事を、強く意識してくださいね。

さて左手も問題が。

この左手4分音符のスタッカートは、軽やかに弾かない。
エネルギーは増大していきますよ。
それを助けるようにペダルは、踏みっぱなしで。
なぜなら、コード(ハーモニー)は同じだからですよ。

ショパンのルバートとは

ショパンのルバートは、「1.2.3.」のテンポは揺るぎません。
(各小節のテンポに大きな変わりはない、という意味です)

ただ、各小節内で、1拍目が気持ち長めだったり、それが2拍目だったり3拍目だったりする、というだけのこと。

ショパンは、1小節単位でとらえないように気をつけてね。
大きなフレーズで呼吸することを意識しましょう。

例えばここ。

ショパン「スケルツォ第1番」
ショパン「スケルツォ第1番」25小節目〜

右手と左手、ユニゾンのフレーズがあるの、わかりますか?
出だしの「ふぁーそ」がユニゾン。そして1拍目が4分音符であるという点が共通点。

このフレーズも何回も出てきますが、いつも同じように弾かないで、

  • ある時は この1拍目を強調して長めに
  • ある時は、そこをさらりと
  • ある時は、2拍目の冒頭に意識を置いてみる

全て、弾き方を変えて「痛さの度合い」を変えてみましょう。

ショパン「スケルツォ第1番」
ショパン「スケルツォ第1番」29小節目〜

このフレーズは、左手の3拍目から次小節の1拍目へとつながっている重音の流れを、よ~く感じて弾くといいですよ。

ショパン「スケルツォ第1番」
ショパン「スケルツォ第1番」46小節目〜

ココはテンポにとらわれずに、本当に自由に、あなたが思うままに弾いてみましょう。

あなたの「ソロ」に当たる部分だと思って良いですよ。

同じようで違うフレーズを考える

ショパン「スケルツォ第1番」
ショパン「スケルツォ第1番」98小節目〜

すぐ後のこのフレーズでは、左手1拍目の強調に続いて2拍目右手も強調しましょう。
そうすることで、この前のフレーズとの違いを表わす事ができます。

ショパン「スケルツォ第1番」
ショパン「スケルツォ第1番」127小節目〜

このフレーズは続けて二回、そして、それがこの曲中何回も出てきますね。
二回目の表現が、全てのセクションで同じにならないよう、考えてみましょう。
同じようなフレーズが繰り返される時は、どんな表現でもいいけれど、何かを変えて弾くこと。例えば・・・

  • 1回目は左手一拍目だけを強調
  • 2回目は左手を強調せずに右手の出だしだけを強調
  • 3回目は、左手の最後の音と右手の出だしと両方強調

というようにね。

フレーズの終わりなのか?次へ向かっていくのか?

ショパン「スケルツォ第1番」
ショパン「スケルツォ第1番」144小節目〜

ココは、赤○の音を弾いたらそこでフレーズ終わりではありません。
次に向かっていくのです。
その解釈を間違えると、休符のところでどっぷり終わって沈んじゃうので注意。

そこの赤○の音を打鍵したら、両手共に飛び上がる。
そして、瞬時に両手はグーの手にして。そしてそのまま次の音に向かって(青ライン矢印)エネルギーがぶつかっていきますよ。

ショパン「スケルツォ第1番」
ショパン「スケルツォ第1番」145小節目〜
ショパン「スケルツォ第1番」
ショパン「スケルツォ第1番」148小節目〜

このフレーズ、左手は軽く弾かないように。ここで盛り上げを作っていきましょう。

ショパン「スケルツォ第1番」
ショパン「スケルツォ第1番」163小節目〜

ここのffの三つの4分音符は、緩めないで一気にいきましょう。
アクセント・ペダルを踏んでね。

ショパン「スケルツォ第1番」
ショパン「スケルツォ第1番」166小節目〜

左のこのライン(そそどー)を、強調しましょう(聴きましょう)。

ショパン「スケルツォ第1番」
ショパン「スケルツォ第1番」193小節目〜

ここは赤○の音を強調(意識します)。
特に右手の赤○はテヌート気味でね。

ショパン「スケルツォ第1番」
ショパン「スケルツォ第1番」199小節目〜

このフレーズは右手の最後の音(赤○の音)を強調テヌートで聴きましょう。
ペダルも長めに踏んでね。

中間部はどこから始まるのか?

ショパン「スケルツォ第1番」
ショパン「スケルツォ第1番」309小節目〜

ここから中間部が始まると思っていませんか?

実は、

ショパン「スケルツォ第1番」
ショパン「スケルツォ第1番」307小節目〜

中間部は、直前の、セクションAの最後のコードを十分に感じて。
それを感じながら、セクションB(中間部)の最初のコードに入ります。

中間部の表現法

ショパン「スケルツォ第1番」
ショパン「スケルツォ第1番」309小節目〜

中間部の表現法で注意すること。

1小節単位にならないように。
メロディは外声ではなく内声にありますね。
フレーズのとらえ方が短すぎないように。
8小節で一つのフレーズです。
最初の4小節はルバートなしに弾いてみましょうか。
ルバートをかける(テヌート気味で弾く)のは5小節目から。

中間部のここのメロディ・ラインは右手の内声にあたるところ。
でも、あなたの右手1の指の打鍵の仕方がその時で違ってしまうと、メロディ・ラインの音が緩んでしまったり。
だから、親指に意識を集中しましょう。
1の指の緊張状態は常に同じに保ってね。

ここは、ゆったりと。
この前のセクションのテンポ指示は1小節単位。
でもここからは1拍単位になっています。
だから、もっとゆっくりでいい。
「もっと大事に」を、いつも心に置いて。

さて、あなたにはこのセクションは、どんな絵(映像)が浮かぶかしら?

私の場合をお話しますね。

私は森の中を一人で歩いています。
空気がきれいで、とても気持ちいい!
穏やかで幸せで温かい気持ち。

あぁ、気持ちいいなぁ...と思って歩いていると、
森が開けてきて、陽の光が差し込んできて
パァッと明るくなるの。
そして、もっともっと、幸せに満ちてくる。

ところが突然、雷が鳴る。
空が真っ暗になって怯えてしまう。

次に、2005年に香港で受講した夏期講習でのヘレン・ウォン先生の絵(映像)もお伝えします。
伺った時、あまりにおかしかったので、強烈に覚えているの。

私は彼のことを想って幸せなの。
あぁ、私は彼が好き!彼も私を好き!とっても幸せ...

そしたら手紙が来たの。あぁ、彼からだわ!って、
もっと気持ちが高揚してくるの。

ところが、封を切ってみたら、それは第二の女からだった。
ガーン...突き落とされる。

なぜ?なぜなの?でも私は彼を想っている...
だから私はまだ幸せ...

ね、彼も私を想ってくれているのよね。
私は幸せに浸っていていいのよね...

うそっ!うそっうそうそっ!
私じゃなくてあの女を取るの?

いやよいやよ
いやよぉおおおっ!

先生の絵の方が、リアリティありますよね。
恋愛話にしちゃったら臨場感増しますって(笑)。

さぁ、あなたも「あなたの絵(映像・お話)」を描いてみましょうね。

内声の音の変化を感じよう

ショパン「スケルツォ第1番」
ショパン「スケルツォ第1番」329小節目〜

中間部の第二テーマね、二回出てきます。

ここでは、一回は上声を意識、もう一回は内声の音の変化を意識するといいでしょう。
もちろん、その逆でも良いかもしれませんよ。

ショパン「スケルツォ第1番」
ショパン「スケルツォ第1番」356小節目〜

中間部、続く二つ目のテーマです。

この次のテーマに入る赤○のところ、ここに入る直前、気持ちフェルマータを入れてみましょう。
そしてココからのバスの青○のラインはテヌート気味にね。

コーダ

ショパン「スケルツォ第1番」
ショパン「スケルツォ第1番」593小節目〜

ココ(シド&レド)の左手はどちらも「1と2」の指で、弾きましょう。
その時の指の形は、1の指チョッパーで!つまり、1の指(親指)の側面を使って打鍵してみましょう。

ショパン「スケルツォ第1番」
ショパン「スケルツォ第1番」598小節目〜

コーダですが、ココで初めて「fff」が出てきます。
初登場ですよ。それだけのパワー(エネルギー)を出し切る!くらいの気持ちで弾きましょう。
ただし、鍵盤を必死で叩くわけではありませんので、出てくる音(音質)に気をつけましょうね。

ショパン「スケルツォ第1番」
ショパン「スケルツォ第1番」605小節目〜

1拍目から2拍目への間は、あけすぎないように。
タイミングを図るのは必要ですが、間を取りすぎると勢いが止まってしまいますよ。

ショパン「スケルツォ第1番」
ショパン「スケルツォ第1番」612小節目〜

コーダの続きの左手、半音階フレーズに入る直前です。

ココに至るまでの左手4分音符は、淡々と弾かない。
cresc.で盛り上げる。
この赤○の音は「チョッパー」で弾いてみましょう。
打鍵瞬時にチョッパーの形にして。

そしてココから続く半音階フレーズは、各小節にペダルを入れましょう。
始めはアクセント・ペダル。
段階を経てペダルを踏むのを長くして、
半音階フレーズの最後では、1小節丸々ペダル踏んでる感じに持っていく。

ショパン「スケルツォ第1番」
ショパン「スケルツォ第1番」615小節目〜

コーダの半音階のフレーズ。

ここには強調したい「ランドマークとなる音」があります。
各小節の第一音にアクセントが付いていますよね。
それは「シ」と「ミ♯」の二つだけで繰り返しになっています。
これらの音に意識を置きましょう。

ショパン「スケルツォ第1番」
ショパン「スケルツォ第1番」624小節目〜

さぁ、カデンツです。でもね、ただのカデンツではありません。
ロ短調のII7度からⅠ度へのカデンツ。
それを強く意識して、青ラインの進行は気持ちを入れましょう。

赤(オレンジ)ラインの進行は、左手重音の中の音「ソーファー」という動きを強く意識して。

ショパン「スケルツォ第1番」
ショパン「スケルツォ第1番」626小節目〜最後まで

そしてこれが二回目の「fff」、最後の「fff」ですよ。
fff」がこの曲で何回、どこに出てくるのかを理解しておかないと大変!
最後へのエネルギーの持っていき方が変わってしまうので、気をつけましょう。

いつも、和音の意味・方向性を考えて意識して弾くのがポイントです。

ただ弾くだけなら、そう難しい曲ではありません。
指だけ回れば弾けます。難しいのは、そこから先ですよ。

曲が頭に入ったらやるべき事は、音を追求する事

暗譜してて構造は頭に入っているなら、次にやることは「音の追求」。

この曲は同じセクションが何度も出てきます。
これは全部、表現を変えましょう。

ショパンのスケルツォは「痛み」の表れです。
あ、つねられたり、ぶたれたりして感じる痛みじゃなくて、心をねじふせられるような痛みね。
しかもこの第1番が、ショパンの4曲のスケルツォの中で一番痛みが大きいの。

ショパンのスケルツォは、「4番→3番→2番→1番」という順番で、痛みが増していきます。
だから、「4→3→2→1」という順番で練習する人も少なくありません。

大事にしたいこと

sf」や「アクセント」を強調しすぎないように。
「強調」とは、強く弾くという意味だと思わないほうがいいでしょう。
どちらかと言えば「大事にしてあげる音」。

それぞれのフレーズの中のコード進行を味わって。
全ての小節をコードにして弾いてみましょう。

そして、とてもゆっくりで、右手のフレーズと左手の和音進行の響きを感じながら弾く練習をすること。
その後にイン・テンポで。
クレイジーな演奏にならないように、あなたが出す音をよく聴きながら。

もし、あなたが演奏するホールの響きがデッドで乾燥した感じなら。
リッチな音を出すために、もっと音量を出してみる(音量の幅をもっと広げてみる)。
それから、ペダルももっとたくさん入れる。
今までアクセントで入れてたところは、もっと長く踏んでみましょう。

ピアノ動画*ショパン「スケルツォ第1番」

あまり参考にはならないのですが、私自身がこの曲のレッスンを受けた後に、学校の体育館という、非常に響きがデッドな空間で演奏する機会がありました。

2005年に受講した、香港サマー・ミュージック・キャンプ(いわゆる夏期講習)の修了演奏会での演奏。

あまりにデッドな響きなので、当日直前にペダリングを全部直された事を思い出します。

🌟こちらの記事もオススメ🌟

エンジョイ!あなたのピアノ・ライフをもっと豊かに!
もっとラクに心と体を使ってピアノを弾くお手伝いをしています。

スポンサーリンク

心と体を楽にしてピアノを弾くヒントを月曜の朝、メールでお届け!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,069人の購読者に加わりましょう