ピアノで音程が離れている時や和音続きで限りなくレガートで弾く方法

何だかうまく弾けない。何回ピアノの練習をしても、うまく弾けないの。私はレガートで弾いているつもりなのに、レガートに聴こえない?あなたには、そんな経験はありませんか?

二つの和音に付けられたスラーと、スラーのないレガート
二つの和音に付けられたスラーと、スラーのないレガート

どうしたら、ピアノであなたが思うようにキレイに弾けるようになるのか?それはね、ちょっとした意識の差で変わってくる事なんですよ。今日はそんなお話を致しましょう。

音程が離れていてうまく弾けない時は、もう一度指使いを考えてみよう!

ブルクミュラー「スティリアの女」から
ブルクミュラー「スティリアの女」から

注目したいのは、画像の右手です。「ファ#ソ」から第2拍の「ミ」へ、つながらないの。

つなげて弾いているつもりなのに、切れてしまう。それは生徒ちゃんの体がまだ小さくて、手も小さいからかしら?

うん、確かにそうね。でもね、体と手が小さいから仕方のない事なのかなぁ?もしかしたら、指使いを1つ変えるだけでも、何かが変わるかもしれません。

「ファ#ソ」を「2→3」の指で弾いて、その次に「ソ」から6度も上の「ミ」を「5」で弾く。それは大人の先生だってキビシーよ。アイタタタって手が悲鳴をあげちゃうわ。指サケール!

ねぇ、楽譜に指使いは書いてないかしら?楽譜にはなんて書いてある?と生徒ちゃんに聞いてみると、

「あー!21だ!」とオメメを丸くして答えてくれました♪

そうだよね。楽譜には指使いの指示は、そう書いてあるよね。それがわかったね。じゃあそれで弾いてみてごらん?ほら、ラクでしょ?弾きやすいよね?しかも、きれいに繋がるでしょ。

もしあなたが「あれれ~?なんだかうまく弾けないなぁ」って思ったらね、もう一度、指使いのチェックをしてみましょう。指使いが書かれていなかったら、どの指使いで弾いたらキレイかな?って考えてみようね。

ピアノで和音を限りなくレガートで弾く方法

二つの和音に付けられたスラーと、スラーのないレガート
二つの和音に付けられたスラーと、スラーのないレガート

ピアノで和音をレガートで弾くのは、難しいこと。ペダルを使う方法もありますが、最初は基本を押さえたいですね。

和音でのレガートの弾き方は、実は単音でのレガート奏法と変わりません。ただ、ちょっとだけ気を付けることがあります。

上の画像例のように、1つめ(ラとド)と2つめ(ファとラ)の和音に同じ音(ラ)が入っていると「同音連打」になります。するとレガートはかなり厳しいと感じがち。でもね、それこそ単音ではないのでカバーできますよ。

じゃあどうやったらいいかをお話しましょう。きっとあなたもそう習ったかもしれませんね。もしかしたら忘れていただけかも?

  • 1つ目の「ラとド」の和音を「3と5」の指でとる
  • 2つ目の「ファとラ」の和音は「1と3」の指でとる

このような指使いで弾くでしょう。そして「ドーラー」と聴きたい・聴かせたいのですよね。では1つ目の和音から2つ目の和音へ移る時に、次のことを気を付けてみましょう。

  • 「ラとド」を弾いたら、先に「ラ(3)」の指を上げる。
  • 次の「ファとラ」の打鍵の準備をする時、決して「ド(5)」は離鍵しない。
  • 「ファとラ」を打鍵するまでは、「ド(5)」から指を離さない。

指先というよりは、指の腹が鍵盤に触れているのを感じられると良いですね。

前後で一瞬、重なる「時」がある。それがレガートです。

このように指で重ねる方法もあるし、響きで重ねる方法もある。どちらにしても大事なのは、あなたがあなたの耳を使って聴き届ける事です。ちゃんと音と音が(響きが)つながっているかな?ってね。

ペダルを使ってレガートにする事も覚えますが、ここで基本のこの弾き方を身につけなければ、一生、ペダルなしで和音のレガートを弾く事はできないでしょう。

今日のピアノ動画*シューマン「見知らぬ国」

ティブレイクです。今日の動画は、シューマン様の「子供の情景」から第1曲”見知らぬ国”。

見知らぬ国、行ったことのない知らない国・見知らぬ人たちがいる所って、想像の世界が膨らみますよね。あなたが行ってみたい「行ったことのない知らない国」はどこかしら?

音程が離れていてうまく弾けない時や和音を限りなくレガートで弾くコツのまとめ

  • 音程が離れていてうまく弾けない時は、指使いを再考しよう!
  • 和音のレガートは、指の腹が鍵盤に触れているのを感じよう!

どんな時も、あなたの指とあなたの耳は、鍵盤と響きと仲良しです♪

エンジョイ!あなたのピアノ・ライフをもっと豊かに!

もっとラクに心と体を使ってピアノを弾くお手伝いをしています。

心と体をラクにしてピアノを弾く方法を伝えているレッスンはこちら

動画でレッスンはこちらから

レッスンを受講してくださった方々のお声はこちら

スポンサーリンク

心と体を楽にしてピアノを弾くヒントを月曜の朝、メールでお届け!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,065人の購読者に加わりましょう