ドビュッシー「人形へのセレナーデ」から4つの練習ポイントをシェア

2021年3月15日

とっても楽しい曲、大好きな曲をピアノで弾くのは、心が浮足立つような幸せな時間です。

音にするだけで、ウキウキしてしまう感覚は不思議ですよね。
でも、自己満足で終わっていないかなぁ?
もしかしたら、いろんな事を勘違いしたり間違えて音にしているかもしれません。

お人形
お人形

楽譜をパッと見た感じでは、たいして難しそうではない。
だけどよく楽譜を読むと、なんと右手と左手でアーティキュレーションが違っていたり。
片方の手はレガートでもう一方はスタッカートの動きのようなフレーズ。
こういうのって、ちゃんと理解した上で弾かないと、楽譜の指示通りには弾けないですよね。

今日は、ドビュッシー作曲「子供の領分」から”人形へのセレナーデ”を取り上げて、ちょっとした練習のポイントをシェア致します。

アーティキュレーションを理解するだけで音が踊りだす!

ドビュッシー「人形へのセレナーデ」から
ドビュッシー「人形へのセレナーデ」から

この画像の左手に注目してみましょう。

左手は二声になっていますね。
ベースラインは伸ばしておかねばなりません。
その上で動きのあるラインが。
こんなフレーズは、ものすごく気をつけないと、左手の上のラインもレガートで弾いてしまいます。

もちろん、上のラインもレガートの指示になっているなら問題ありません。
でも、楽譜を見るとそうは書かれていないんですよね。

左手の上のライン「どーれどれー」は、1音目の4分音符「ど」が、テヌート。
しかし、続く8分音符はと4分音符「レドレー」は、「スタッカート」。
つい繋げてレガートで弾いてしまうのと楽譜の指示通りに弾くのでは、まるで違うものになります。

だから、アーティキュレーションを正しく読み取るのは大事。

あなたがアーティキュレーションを正しく読み取る事ができれば、もう音が生きてくる!踊りだすよ♪

音の動き・響きを想像しよう!

ドビュッシー「人形へのセレナーデ」から
ドビュッシー「人形へのセレナーデ」から

音数はそう多くありません。比較的、鍵盤もつかみやすそうな、この動き。
でもね、片方の手にスタッカートの指示があると、つられやすいのよね。

  • 左手は全てスタッカート
  • 右手は二声

内声も一音目は2分音符なので、その長さの間はその響きを放ちます。
そして上声は「みそしーー」と、伸びのある歌。
そう、伸びがあるのよね。だけど、左手のスタッカートにつられて「ミソシっ!」と、手が浮いてしまいがち。
しかもその「みそしー」でクレッシェンドだしヘ(゚∀゚*)ノ

ここは、あなただったら、どんな音の響きをイメージするかしら?

きっと素敵な音が響き渡っている。想像してね。

音量を下げる時の呼吸とは?

ドビュッシー「人形へのセレナーデ」から
ドビュッシー「人形へのセレナーデ」から

フォルテシモで2小節同じ音が続きます。
何だか「誇らしげ」?「うふ♪私を見て!」な感じかしら?

そして次の小節では

ドビュッシー「人形へのセレナーデ」から
ドビュッシー「人形へのセレナーデ」から

突然ピアノになって、更にデクレッシェンドの指示が。

前の小節までのフォルテシモから、デクレッシェンドなしでのピアノ(p)、突然の「強弱変化」です。
この急激な強弱の変化は、どうしたらいいのかしら?

じゃあね、「ふっ」と身をかがめて隠れる時って、どんな感じ?
どんな呼吸かしら?

「ピアノ(p)」にする直前、「ふっ」と身をかがめるような「息を呑む」ような呼吸をする。
そして「piu p」でデクレッシェンドは、「息を吐いていく」。
やってみてね。

ドビュッシー「人形へのセレナーデ」から
ドビュッシー「人形へのセレナーデ」から

続く、ピアノでエスプレシーヴォは左手に注目してみましょう。

この場合「ピアノ(p)」の指示は、右手だと思ったらどうかしら?
左手はたっぷりと歌う。まるでチェロで弾くように。
想像してみて。チェロの響きを、音色を。

そうしたら、うんとステキになりますよ。
ちょっと試してみてね。ご参考まで。

バトンの受け渡しは優しく

ドビュッシー「人形へのセレナーデ」から
ドビュッシー「人形へのセレナーデ」から

単旋律なのに、左手から右手へと音を受け渡して弾く上の画像のようなフレーズ、よくありますよね。
この時、大事なのは、「まるで片手で弾いているように、なめらかに聴こえるように弾くこと」

じゃ、片手で弾いちゃダメ?うん、片手でも弾けるよね。
でもね、片手で弾くとこんなフレーズでは「指くぐり」をしないといけないでしょ?
すると指くぐりで音がデコボコしやすくなります。
もちろん、デコボコしないように弾くことも、出来ますよね。
意識して、打鍵の仕方を気をつければ良いのだから。

だけど、その点を意識して弾くよりも、このように両手でバトンを渡すように繋げてあげる方が、カンタンです。

手指に自然な指を使って弾かせるのは、ドビュッシーらしいですね。
これがドビュッシーのピアニズム。

さて、それでも、その時に注意したいのが「受け渡し」ですよ。
「さー!バトン渡しまっせー!」と、意気込み過ぎないでね。

それよりも、大事な人の手にそっと触れるように。
あなたが、あなたの大事な人と過ごす時間を想像してね。
眠りに入った子供が起きないように、愛を込めてそっと撫でるように。

そんな気持ちでね、優しい気持ちで弾いてみましょう。

実際にどのような連係プレーをするのか?というのは、レッスンで手取り足取りお伝えしています。

ピアノ動画*ドビュッシー「人形へのセレナーデ」

ティブレイクは、ドビュッシー様の「子供の領分」から”人形へのセレナーデ”をお送りします。

ピアノはスタインウェイでした。お話と絵とのコラボから。

ドビュッシー「人形へのセレナーデ」練習のポイントまとめ

  • 声部で違うアーティキュレーションは、正しく理解しよう!
  • その音の動きや響きはどんなものなのか?想像してみよう
  • 突然音量を下げる時の呼吸を考えてみよう
  • 音のバトンの受け渡しは、優しくね
 
 

 

 

スポンサーリンク

心と体を楽にしてピアノを弾くヒントを月曜の朝、メールでお届け!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,069人の購読者に加わりましょう