フォルテシモはフォルテだと思え!立ち止まって考えよ!

ふと思い立って、長いこと書いてきたブログ記事を、遡って見ていました。
そうしたら、師匠に言われたメモが出てきたので、シェアしますね。

フォルテシモはフォルテだと思え!

シューマン「謝肉祭」から
シューマン「謝肉祭」から

当時レッスンを受けていた、シューマン「謝肉祭」の楽譜。
改めて食い入るように見ていたら、こんな書き込みが。

フォルテシモはフォルテだと思え!

自分で書き込んでいますが、もちろん師匠のお言葉。

シューマン「謝肉祭」のレッスンでは、私のオリジナル楽譜を師匠にお渡ししてレッスン中、私の楽譜に直接に書き込みをして頂いていました。

私は、数ページに渡る曲などを譜めくりせずに見やすいようにコピーした物を使い、後から師匠の注意事項を書き込むわけです。

リスト「森のざわめき」のレッスンでも「トリプル・フォルテ」が出て来る所で

トリプル・フォルテの出だしから そんなに音量出してたら!
最後まで出し切り続けられないよ!
出だしは(アンタの感覚での)メゾ・フォルテくらいから始めて!

と言われたのでした。
それを思い起こし、この画像を見て、思わずプププっと。

私は師匠から「もっともっと~~~!もっと(音量)出して~~~!」と言われた事はないのです。
むしろその逆ばかり。

「もっともっと静かに…もっと抑えて…」

あなたはフォルテやフォルテシモを見ると、途端にグワーッとエネルギーを出し切るように弾いていませんか?

フォルテやフォルテシモ、クレッシェンドの指示を見た瞬間に、熱くなっていませんか?

最初から熱くなっていると、そこから更に盛り上げていくのは難しい。

気持ちは少し抑えめで。

どこが一番盛り上がるところなのか?もう一度楽譜を見直してみましょうか。

あれ?おかしいな?と思ったら

もう1つの、師匠のお言葉。

ゆっくり練習をしている時に

?おかしいな?と思ったら、

必ずそこで立ち止まって考えること。

正しい音色が出せるまで、決してスルーしないこと。

これは、いつも肝に銘じていたいですね。

自分自身が感じる「なんかおかしい」は、当たっています。

だから、スルーしない。気のせいなんかじゃないから。

そして、あなた自身がスルーしてしまうコトは、聴いている人にはバレバレです。

今日のピアノ動画*湯山昭「おしゃれなワルツ」

ティブレイクは、湯山昭先生の「おしゃれなワルツ」をお送りします。

湯山昭先生の作品は、どれもステキ要素がいっぱいですよ。

エンジョイ!あなたのピアノ・ライフをもっと豊かに!
もっとラクに心と体を使ってピアノを弾くお手伝いをしています。

スポンサーリンク

心と体を楽にしてピアノを弾くヒントを月曜の朝、メールでお届け!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,071人の購読者に加わりましょう