【ピアノ奏法】体に優しいキレイな音を出す打鍵12のポイント

2021年2月10日

ピアノを弾くって、奥が深いですよね。

楽譜を読むところから始まって、どんな風に表現していくのか?
技術をどう克服するのかなど、問題は山積みです。

そんな中で、一番後回しになりやすいのが「打鍵の仕方」かもしれません。
なぜなら、ピアノって鍵盤をポンと落とせば音は出ますよね。音は、出ます。とりあえずね。

だから、音色やどんな風に響かせるか?とか、長さに無頓着になりやすいもの。

時代によってもどう打鍵するのか、手の形はどうあるべきかなど、変化しています。
それは私が子供の頃と現在でも随分違いますし、それとは別の次元で、作曲家がどの時代に生きていたのか?
その作品はどんなものなのか?などによっても、どう弾くか・どう打鍵するかは変わるもの。

打鍵の仕方で出てくる音質・音色・打鍵後の響きの残り方や音が飛んでいく方向は、全然違ってきます。

文章だけで全てが伝わるとは思いませんが、少しでもあなたがピアノを弾く上で参考になればと思いまして。
今日は体に優しい(体に無理のない)方法で少しでも良い音を出す「ピアノの打鍵の仕方」について、お話していきますね。

打鍵する前にその音を聴く

ショパン「スケルツォ第2番」から
ショパン「スケルツォ第2番」から

休符の後の、右手の「どーーー」と伸ばす音は、一体どんな響きがするのかしら?
あなたはどんな響きが、欲しいのだろう?

音を、出してみてから

  • あれ、こんな音が欲しかったんじゃない
  • あれ?うわ〜ん、ちゃんと鳴らなかった〜!
  • ウォッ、出過ぎた...

じゃ、なくてね。

  • 音が出る前に
  • 発音する前に
  • 打鍵する前に
  • 鍵盤に指が触れる前に

頭の中でその音の響きを、自分が欲しい響きを想像する。
打鍵する前に、その音の響きを、聴くんだよ。
欲しい音の響きを、弾く前に想像するの。

それだけでいい。それだけで、いいんだよ。
でもね、これはうんと意識しないと出来ないの。

想像する事を、打鍵する前にその音を想像する事を、意識してみましょう。

英語ではプレ・リッスン(Pre-listen)と言います。
これが簡単なようで、想像する事に慣れていない人には、
あまり簡単ではありません。でもね、これもトレーニング次第。
トレーニングを積めば、簡単に出来るようになりますよ。

まず、「わたしは、どんな音の響きが欲しいのか?」です。
これが、あなたの中で明確になっていないと、その響きを想像する事は、出来ません。

なんでも、とにかく想像してみる、考えてみると言う、自発的行動を意識してみましょう。

そこにピアノが無くても、音は聴こえるよ。
あなたが想像するかしないか?それだけです。

1フレーズは1つの回転・1つの動きで弾くのがポイント

ショパン「スケルツォ第2番」から
ショパン「スケルツォ第2番」から

「ドーーー」から続く8分音符「レファミドラ」。
この伸ばす音とその後の動きは、別物ではありません。

「ドーーー」の響きは「レファミドラ」に向かって行く。
「ドーーー」が先導して連れて行く、引っ張って行くのです。

それなら、打鍵する手・腕の動きは、それら全てで「1回転」にしてみましょう。
そうすると、1つの動きで打鍵できますから、1つのフレーズとしてちゃんと聴こえますよ。

さぁ、音の・響きの動きを想像してみよう!

同じ音が続く時は、打鍵を改めるのがポイント

カバレフスキー「ダンス」Op.27-27から
カバレフスキー「ダンス」Op.27-27から

同じ音が続く時が問題です。

「やったー!弾き易い!」とか、「イェーイ!カンタン♡」と、安易に喜ばないでね。
同じ音が続くのには、意味があります。

この画像のように同じ音が続く時は、その同じ音は、同じ意味じゃないよ〜!という事が多いもの。

まず、画像例では(和音の上の音で)「ふぁそ|ららどし|ら」という音の動き。
これを、「ふぁそら」と「らどしら」の二つに、グループ分けすることが出来ます。

指使いも、そのように分けて、改めて取り直すよう指示が出ていますよね。
そのような指使いをしないと、打鍵が「改まらない」から。音のニュアンスが変わらないからです。

この、二つのグループに分けられたものが「繋がって」、一つのフレーズになりますよ。

「ふぁそららどしら」ととらえるのと、「ふぁそら」(吸!)「らどしら」ととらえるのでは、出て来る音や響きが変わってきます。

同じ音が続く時、打鍵を改めるとね、音が生き生きとして輝いてきますよ!

重音打鍵をラクに弾く方法

ショパン「黒鍵のエチュード」から
ショパン「黒鍵のエチュード」から

左手の8分音符の重音三つは、オクターブで、中の二音が変化するだけです。
それでも、オクターブがやっとなの...という人なら、ちょっと大変ですよね。

でも、音の動き方はわかるでしょう。
中の二音が変化しますが、三つ目の重音では、元に戻ります。
音が「行って、帰って来る」形ですね。

打鍵の仕方のお話をする前に、もう一度、思い出してみましょう。

  • この曲は、何拍子だったかしら?
  • 何分の何拍子だったかしら?

わかったかな?

決して「4拍子ではない」という事を覚えておきましょうね。
この拍子感が、頭から離れてしまうと、8分の4拍子で弾きがちなの。
そうなりやすいんです。
「2拍子だ」と思うだけで、ラクになれる糸口をつかめますよ。

では、打鍵の仕方のお話に入りましょう。

画像に、矢印曲線を書き入れている通りです。
一つ目で、手を落とす。ただ、落とす。
そして、二つ目では、手を「上げつつ」打鍵。
三つ目では、手を「上げながら」打鍵。です。

要するに、一つ目で手を落とし、上げながら二つ目・三つ目を打鍵する。
この三つの重音合わせて、打鍵は一つの動きなのです。
落ちて上がるという、上下の「一回転」ですよ。

三つの重音それぞれに、上下運動をするから、疲れるのです。

無駄な動きは省く、エコ奏法を推奨しています♪

速いパッセージこそ、準備とタイミングに気をつけろ!

ドビュッシー「ゴリウォーグのケークウォーク」から
ドビュッシー「ゴリウォーグのケークウォーク」から

最後を、決められたらカッコイイ曲、ありますよね。

ガツン!とカッコ良く決めるつもりが、「あ〜ぁ、滑っちゃった」とか「あ〜ぁ、外しちゃった」などと悲しい結果になっちゃう事も。
それを回避しつつ、カッコ良く決めるには、どうしたらいいのだろう?

そもそも上の画像の場合は、音が並んでいる単純な音階のようでいて、右手も左手も5指ずつしかないのに「6音続く」という事が、難点。

いやいや、そうは言ってもね、何を慌てる事があるでしょうか?

「ドーーシラソファ」を、どんな指使いで取るかは、人それぞれ。
画像に書かれている指使いも、1種類ではありませんが。

ちなみに私は、右手は「5--4321」と取り、左手は「1--2345」と、取ります。

しかし、最後の音を弾く時は、打鍵のほんの一瞬前に、その音の鍵盤上に「打鍵するぞ!」の用意(ポジショニング)が出来ている状態にしておきますよ。
コンマ○秒とか、数えられない、ほんのちょっとの間です。
それは、聴いたら「間」としては聴こえないかもしれないくらいの「間」。

それでもね、確実に打鍵できますよ。
だから、速いパッセージこそ、準備とタイミングを大事にするのです。

覚えておいて実践してね。お約束ですよ。

ガンバらない・しがみつかないのがラクに打鍵するコツ

ショパン「別れの曲」から
ショパン「別れの曲」から

右手も左手も、それぞれ二声あります。右手は上声がメロディ。
右手の下(内)声はハーモニーを成す伴奏。

そんな右手の二声は、その開きがオクターブになっているので、手はつい一生懸命開いて、鍵盤に這いつくばるように頑張ってしまいます。

鍵盤にしがみついて弾いている例
鍵盤にしがみついて弾いている例

まるで、鍵盤に「しがみついて」いるようです。
すると、一生懸命な、こんな感じ。

鍵盤にしがみついて、頑張っちゃってます💦

では、その真逆をいってみましょうか。
一生懸命「頑張らない」、しがみつかない、手(腕)を手前に引っ張らないでね。

鍵盤に執着しないで弾いている例
鍵盤に執着しないで弾いている例

打鍵は「下へ」と思わず。
鍵盤に触れたら「向こう(奥)へ」いく感覚で。

音でどこまで伝わるか、わかりませんが、あなたもぜひ、お試し下さい。

真逆のやり方をすると、

  • 今までと何が違うのか?
  • 腕の状態はどう変化するか?(ラクになるのかツラくなるのか?)
  • 音のバランスはどう変化するか?
  • 音色は変化するのか?

探ってね。あなた自身が体感したことは、忘れませんよ。

分散和音(アルペジオ)を打鍵しやすくするには?

o0550055313749892956こんな左手。一つ目は「レシレ」、二つ目は「レドミ」。

オクターブは超えないけれど、このような分散和音が続くと、だんだん手がしんどくなってきませんか?
窮屈さを感じたり、しませんか?

ではそんな時、あなたは「どんな弾き方」をしているでしょうか?

手前に引っ張って弾く例
手前に引っ張って弾く例

このように、なっていませんか?

「てのひら」を、突っ張るように広げている。
その「てのひら」が、鍵盤の上を這うように、なぞるように動いていませんか?
これでは苦しいですよね。

じゃ、こうしてみましょうか?

向こう側へ開放させて打鍵する例
向こう側へ開放させて打鍵する例

一つ目の「レシレ」で言うと...第1音の「レ」(5の指)を打鍵すると同時に、手首から上がります。
次の「シ」に向かって、上へ上右へと弧を描くように。

そして「シ」を打鍵したら、そのまま右斜め下の「レ」へ緩やかに着地する。
方法が逆なの。
腕を、前(鍵盤の向こう)へ「差し出す」感覚です。

ぜひ、お試しくださいね。

黒鍵の大事な音の打鍵法

リスト「パガニーニ・エチュード第6番」主題と変奏から
リスト「パガニーニ・エチュード第6番」主題と変奏から

画像の左手、内声和音の上の音の動きが大事なメロディです。
だけどね、赤丸してある和音の上の音が聴こえにくいの。どうしてだろう?

それはね、その音が黒鍵だからかもしれません。
それ以外の和音は、上の音は白鍵ですよね。

黒鍵の音を聴かせたい時は、鍵盤の奥深くに指が入って行くように、強く意識するのがポイントです。

そうは言っても跳躍もあるし、右手はアルペジオだし、気が回りきらないですよね。
その音の打鍵、テヌート気味の打鍵で、少し踏み留まって(ステイして)あげられると良いですよ。

でも、跳躍があるから厳しいんだよ!って思うよね。
うん、わかるよ。その黒鍵の打鍵は「1の指」(親指)だよね。

親指の指先でつかむのではなくてね、親指の第1関節を使ってみましょうか。

黒鍵の打鍵はね、鍵盤に対して指は真っ直ぐではなく、少し斜めに乗せるといいですよ。

そして、このように「その音を他よりももっと聴かせたい時」は、指先から第一関節まで全てを使って、
鍵盤の中に入って行く、という意識で弾いてみましょう。

ピアニシモでの和音打鍵はビビらないのがコツ

ドビュッシー「沈める寺」から
ドビュッシー「沈める寺」から

ピアニシモで和音となると、途端にビビってしまうのでしょうか?あなたはどう?
うわ〜、音が飛び出ませんように!って、息を止めていませんか?

それ、それよぉ!息を止めちゃったら、体のコントロールは出来なくなりますよ。

静かな音が鳴りますように...って、ゆっくり打鍵していませんか?

それ、それよぉ!だから、鳴らない音があったり、かすれたりしちゃうのよ。

ピアニシモで和音を弾く時は、上半身を自然に。
(前屈しないように)鍵盤上に、その和音を弾く準備をする。
脇の下はなるべく広くとる(ゆったりした感じ)。

そして、息を少し「フッ」と軽く吐くのに合わせ、鍵盤上に用意した手(指)を、ただストン!と落とすだけ。
落とすだけです。

決して、ゆるりと沈んでいく事をイメージしないでね。
ただ、ストン!と落とすだけですよ。
この時、息が止まってると、腕に余計な力が入ってしまいます。するとコントロールが効かず、音が飛び出ちゃうの。

打鍵のスピードは落とさず、ただ余計な力を加えない(載せない)。それだけ。

ビビらない。解放するだけ。

どの音を聴くのか?で打鍵のバランスは変わる

和音(重音)を弾く時、ちょっと意識したいな、意識したらいいんじゃない?と思う事があります。
それは「どの音を聴くのか?」という事。

この画像の、前からの繋がりもあるので、ここだけを見てこうすべき!という正解は出せませんが。

でもね、この二つの和音だけを見ても、その中で聴きたい音・より響かせたい音はどれか?と考えてみましょうか。
いろいろ、打鍵のバランスを変えて感じてみるの。

一番聴きたい音だけじゃなく、その次に寄り添うように・支えるように響いてきたら美しい音は、どれかしら?
と、探ってみるのは面白いですよ。

響かせたいな、より聴かせたいな、と思う音の打鍵をする指が、打鍵する瞬間に、他の指よりも素早く、他の指よりももっと鍵盤の奥へと入っていくようなイメージで。

バランスを変えると、聴こえ方もすっかり変わりますよ。
意識してみてね。

装飾音が弾きにくかったら打鍵を改めよう

リスト「ハンガリアン・ラプソディ第2番」から
リスト「ハンガリアン・ラプソディ第2番」から

この「ふぁそふぁ」のような装飾音を、右手で「454」の指使いで弾くのは、ちょっと弾きにくいかもしれません。

指使いについて

指使いは、個々にとってより良いものを考えてみる。
その努力を惜しまない。

そして、それを取り入れてみる(試してみる)事を、面倒くさがらないようにしましょう。

装飾音について

装飾音に対して、今までよりも更に、「大事に」「愛しい人」を見つめるように向き合ってみましょう。
弾くたびにですよ。

決して、自爆して突っ込んで行かないように。
その装飾音に、なだれ込まない。
その装飾音を弾き始める時、打鍵を「改めて」みましょう。

フレーズを分けるわけではありません。
ただ、打鍵を、方向を、改めてみる。

レッツ・トライ!

無駄な動きを省くことで、効果的な打鍵ができる!

ラフマニノフ「楽興の時第4番」から
ラフマニノフ「楽興の時第4番」から

右手のスラーは、8分音符二つずつ。
そして、1音目にはアクセントが付いています。
こんな時は

  • 1音目で手を落として、2音目に向かって回転させていく
  • 2音目の打鍵で腕は上がる

これで「落として(回転させながら)上がる」という「1アクション」、「一つの動き」で弾けますよ。

左手も同じこと。スラーが付いている音の群れで「一つの動き」をとりながら、打鍵していきましょう。
左手の「どらみ」の動きで打鍵を表すなら、

  • 手を落として1音目「ど」を打鍵
  • そのまま(上げずにただ横へ回転する過程で)2音目「ら」を打鍵
  • 更にそのまま横へ回転し、3音目「み」を打鍵で手を上げる

ここまでで「1アクション」です。

そしてまた回転させながら次のスラーの1音目「し」に落とす。
以下、同じように横へ回転しながら弾いていきます。

「どらみ・しら」「しられ・しら」「どらみ・しら」「しられ・しら」ではなく、

「どらみ」「しらしられ」「しらどらみ」「しらしられ」と打鍵のグループ分けをとらえてみましょう。

ピアノ動画*ドビュッシー「沈める寺」

ティブレイクは、ドビュッシー作曲「前奏曲集第1巻」から”沈める寺”をお送りします。

ピアノはスタインウェイ。ドビュッシー没後100年のオール・ドビュッシー・リサイタルから。

体に優しくて良い音を出す打鍵の仕方まとめ

  • 打鍵する前にその音を聴く
  • 1フレーズは1回転・1つの動きで弾く
  • 同じ音が続く時は打鍵を改める
  • 重音打鍵をラクに弾くには1つずつの打鍵にしないこと
  • 速いパッセージこそ準備を怠らずタイミングに気をつける
  • 鍵盤にしがみつかないのがラクに打鍵するポイント
  • アルペジオは打鍵を鍵盤の奥へ持っていく
  • 黒鍵打鍵は、鍵盤の奥深くに指が入っていくように
  • ピアニシモの打鍵はビビらないでストンと落とすこと
  • 和音の打鍵は「どの音を聴きたいのか」でバランスが変わる
  • 装飾音が弾きにくいなら、打鍵を改めるのがコツ
  • とにかく無駄な動きを省くこと!

エンジョイ!あなたのピアノ・ライフをもっと豊かに!
もっとラクに心と体を使ってピアノを弾くお手伝いをしています。

スポンサーリンク

心と体を楽にしてピアノを弾くヒントを月曜の朝、メールでお届け!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,069人の購読者に加わりましょう