心と体を楽にしてピアノを弾くピアノレッスン受付中❗

ピアノ・レッスンにつきまして。

9月のピアノ・レッスンは、コロナを考慮して1日3名限定。

お日にちはご相談に応じます。

ご希望の方はこちらをクリックして詳細ページをご覧ください。

オンラインや動画でレッスンも❗

ピアノでの跳躍をキレイに弾く方法

この記事は約4分で読めます。

ピアノで跳躍が続くと、なんだか息切れしてくるわ、音が外れたりかすれたり...なんていうことはありませんか?

ピアノでの跳躍フレーズは、何だかとても難しいテクニックのように感じてしまうかもしれません。

でもね、手指の広げ方・音程の開き方が変わるだけで、弾きにくさ・弾きやすさは全然変わってきますよ。

だからもう、いやーもう!やめてぇええー!って頭を抱え込まなくても大丈夫!

どんな跳躍だって、見方次第・考え方・捉え方次第でうんと弾きやすくなりますよ。今日は、ピアノでの跳躍をキレイに弾くポイントを教えちゃいます!

ピアノでの跳躍は急がないのがポイント

シューベルト「即興曲第4番」Op.90-4から

画像の上の段=右手、3連符での動きですが、拍頭の「4分音符でもある音」だけを見てみましょう。すると、こんなふうになっていますね。

  • ミーラーソー|ファーレーシー|シーラーラー|ラーソーソー
  • ミーラーソー|ファーファーレー|レードードー|ドーシーシー

と、このようにね。ファーレーのところと、ファーファー(オクターブ上)の所の音程が開いていますよ。音程が開くと弾きにくと感じるもの。焦りますよね。そして音がジャンプして切れたり雑になります。

問題にするほど大した音程の開きではないようにも思えるかもしれません。でもね、こういう所が「跳躍大変!」になるトコロですよ。

音程が開いている所のとらえ方(グルーピングの方法)

こんな所はね、こうとらえてみましょうか。

  • 「ミーラーソー|ファー」「レーシー|シー。。。」
  • 「ミーラーソー|ファー」「ファーレー|レー。。。」

音の進行、同じ方を向いている音同士でグループ分けをするのです。そうすると自然に弾けます。音の流れ(動き)も自然になる上、弾きやすい。聴いていても分かりやすくなりますよ。

あなたの喉を使って声を出すことを想像してみましょう。音程が開いているというのは、声を出すのもカンタンな事ではないですよね。

音程が開いている時は大事に。音の向きが同じものでグループ分けするとわかりやすいですよ。

スポンサーリンク

跳躍の具合をイメージしてみよう

ギロック「雪の上のソリのベル」から

ピアニシモから徐々にクレッシェンドして盛り上がってきました!その終盤がこの画像のところです。なんとフォルテシモ!

この画像の次の音がこのフレーズの頂点になります。ここまでは両手共に8分音符で動いてきましたが、このように左手が4分音符で右手は2分音符の動きになりました。

さぁ、左手は1拍ずつ跳躍ですよ。

このような跳躍では、「音をとること」に意識がいきがちです。

でもね、音が鳴ればいいというものでもありません。どうせ弾くなら、素敵な音にしましょ♪それぞれの打鍵を大事にね。

打鍵のイメージは、トランポリン。トランポリンってね、ジャンプして落ちて来て、足がトランポリンに触れたらすぐまたジャンプじゃないよね?一度、足が(体が)トランポリンに、にょにょにょ~んってしずむでしょ?そしてその反動で体がまた上がっていきます。

それと同じよ~!その時の足や体の関節って、直立不動にはなってないよね?この左手、低音の打鍵をする時はね、手首やヒジの関節を柔軟に使ってね。力を入れて固めないの。柔らかくして。打鍵で一度手はしずむの。手首を使ってね。

でも、しずんだ所で動きを止めないのね。決して動きを止めずに、沈んだら上がって来る。これ、一連の動作だよ。そうするとね、音も、ちゃーんと、ゆるやかにバウンスして上がっていくよ。キレイに響いていきますよ。

この画像のような跳躍は、まるでトランポリンのように、腕の関節を柔軟に使うと素敵な響きが出てくるよ。

今日のピアノ動画*ベートーヴェン「ピアノ・ソナタ」Op.10-2第1楽章

ティブレイクは、ベートーヴェン様の「ソナタ第6番」Op.10-2の第1楽章です。

ベートーヴェンのソナタはどれも好きですが、この1曲は思い出深いソナタの一つです。いろんな光景が蘇ります。懐かしいなぁ。

ピアノで跳躍をキレイに聴かせる方法のまとめ

  • ピアノでの跳躍は、場所(音程)が離れているから急がなきゃ!と焦るのをやめてみよう
  • 実はその音程の開きは大したコトではない、という事を知っておこう!
  • 音程が開いている所の動きは、音の動きをグルーピングすることでラクに弾ける!
  • その跳躍は、どんな動きをするのかイメージを明確にするのがラクに弾くコツ!

跳躍は急がなくていい。跳躍こそ大事に時間をとると、暖かさや包容力が生まれますよ♪

心と体をラクにする東京ピアノレッスン
心と体をラクにするピアノレッスンを東京で開催。埼玉・千葉・神奈川もご相談に応じます。
オンライン/動画レッスンのご案内
ピアニストでピアノ講師の荒井千裕によるオンライン・ピアノ・レッスン/動画deピアノ・レッスンのご案内
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました