ピアノ上達のコツは、聴く耳を育てることにあった!

2020年12月4日

ピアノを弾く人たちにとっての1番の問題は何だと思いますか?

それは、自分が出す音を「聴く」こと。
ピアノは鍵盤を打鍵すれば発音します。
音程も、調律されているピアノでは弦楽器や声楽のように、自分で弾きながら変える事は出来ませんよね。
だから、音への意識が薄いのは仕方ないのかもしれません。

それに、ピアノは実際に弾く事=技巧が難しいフレーズも多い事から、自分が出す音へ無頓着になりがちなのかも。

でもね、あなたの音楽をあなたは目の前の人に聴いてもらいたいのではないでしょうか?
聴いてもらいたいなら、まずはあなた自身がちゃんと向き合って聴いてあげなきゃね。

本当にどんな音を出しているのか、自分で知るために、意識して音を聴いてみませんか?
これこそが、ピアノ上達のコツですよ。

意識して自分が出すピアノの音を聴こう!

o0400026711883397629

ピアノに限らず、音楽を演奏する時も聴く時も、たとえそれがBGMであっても、意識するか無意識のうちかを問わず、私たちは「音(音楽)」を聴いていますよね?

自分で「聴こう!」と思った曲であっても、また自分の意志を問わず、勝手に耳に入ってくる町中のお店などのBGMも、始めから終わりまで集中して聴いていることは、ほとんどないと思います。

はじめは「意識して聴くぞ!」と思っていても、気づいたら他の事に夢中になっていたり家族に邪魔されたり(何か言いつけられたり)。
そうこうするうちに、時間だけが過ぎてしまって「あれ?私は何を聴きたかったんだっけ?」と、なってしまっていませんか?

では、自分が発信する音はどうなのでしょう?
自分が発信する音だから、聴けている?
と思い込んでいませんか?これが落とし穴です。

「聞く」ではなく「聴く」

多分、ほとんどの方が「私は自分の音をきちんと聴いている」と思っているでしょう。
そういう私は、ずーっと!「私は聴けている」と思っていました。

でもね、それはまるでBGMのように、ただ音の洪水が頭の中を右から左へと、通過しているに過ぎなかったの。

その状態にどうして気づいたかと言うとね、それはもう、師匠が何度も何度も私の両耳を引っ張って(虐待ではありません!)

「この耳で!聴くんだよっ!ほらっ!この音を!」

と、「本当に自分が発する音を聴くとはどういうことなのか?」と、しつこくしつこく教えてくださったからです。
それを自覚できるようになるまでには、数年かかりましたよ。
思い込みや長年体に染み付いた習慣とは恐ろしいもの。

今は「あ!今わたし、この音を出す前から聴いていなかった。
だから不用心な音が出てしまった」と、すぐ気づきます。

「聴くこと」を意識しないで弾いていた頃は、「どうして私は弾くたびに出てくる音が異なるのだろう?」と思っていたの。
別の先生にも「あなたは、とても良い音で弾ける時とそうじゃない時とがあって、本当にその時で違うのね。
自分でどうやって音を出しているのか、理解していないからよ。」と言われました。
今では納得。

自分が出したい音を発音する前に想像し、「その音を出すための指令を脳から体の各筋肉へ発動する」という事が必要だ、ということが、今ひとつよくわかっていなかったんですね。
それは、体の使い方や呼吸による、コントロールの仕方がわかっていなかった、ということです。

ピアノで「聞く」を「聴く」に変えていく方法

まず最初に、曲を通して各セクション・フレーズの中での、重要なメロディを聴き続けることから始めてみましょう。
曲の始まりや再現される部分などは、わかりやすいですよね。
でも「うん、わかってるわかってる」と、流してしまっていませんか?あえて!意識して聴いてみましょう。

次に。音が多くなるセクションがあると思います。
速い音符が多くなったり、盛り上がるところね。
そういう所は、弾くことだけ=それら全ての音を「つかまえる」ことに必死になってしまいますよね。弾くことだけに無意識のうちに必死になっているでしょう。
でも、そこにも素敵なメロディがあるんです。
聴けていないと気づかないことも多いでしょう。

私も何年も弾いて来た曲でもね、何年もたってからようやく、うわ!こんなところにメロディがあったのね!と気づいて冷や汗流しつつ、嬉しくなることが。

だからもう一度楽譜を、音を読み直して探してみましょう。
そして、弾く時にはその音と音のつながり=メロディを意識して聴いてみましょう。
きっとそれだけで一段階レベルアップ!素敵な音楽になりますよ。

ピアノで聴く耳を育てる方法

o0550035513660225110
エステン「人形の夢と目覚め」から

右手だけなら、キレイにレガートで弾けるの。
左手はベースが保持音。保持することを意識していると、保持音が変わる時に手が浮いてしまいます。
左手が浮くと、右手もつられて浮いてしまう。すると、歌が切れ切れになるのよね。

レガートで弾いているつもり。
レガートで弾いているつもりでしょ?
でもね、実際に出てくる音は切れているよ。
それをね、よく聴くように。それだけでいいから。
他の注意は今週はいいから、それだけを気をつけておいで。
と言い渡したのが、前回のレッスンのこと。そして今回のレッスン。

はじめの1フレーズ以外は、見事に「つなげられ」ました。
よく気をつけてきたね!大分良くなったよ!と言えば「だけど、1回目だけ切れちゃったの」と自己申告。
スゴイ!ちゃんと 自分の耳で聴けるようのなったのね!スゴイ!スゴイ!

ピアノで聴く耳を育てるには、興味を持ってもらうことから。

どうやったら自分が出す音に興味を持てるかは人により、曲により違うかもしれません。
いずれにしても目の前の人と向き合う事で、見えるものはありますよね。

今日のピアノ動画*ショパン「プレリュード」Op.28-20

ティブレイクです。今日はショパン様の「プレリュード」Op.28から第20曲をお送りします。

さぁ、今日はどの曲と向き合ってみましょうか。どうやって音を聴きましょう?

ピアノ上達のコツは、聴く耳を育てることにある!のまとめ

o0640047811883403846

  • ピアノ上達のコツは、自分が出す音を「聴く」事から
  • 「聞く」と「聴く」の違いを理解出来たら大きく前進です!
  • ピアノで聴く耳を育てるには、音に興味を持つこと

深く楽譜を読む事とは、ジグソーパズルをやるのと同じような、楽しさ・わくわく感があると思っています。
時にイライラしながらも、謎が解けた時、突然発見できた時、そしてそれらを音に表した時は、一人にやけつつ幸せ~に。

是非あなたも意識して、音を聴いてみてくださいね。
あなたの音を聴けるようになったなら、これから もっと楽しくなるし、もっともっと伸びていきますよ♪

あなたが出す音を「聴く耳」を育てる事は、本当に大事。
大人になってもずっと課題だもの。
さぁ、聴く耳を育てて参りましょう!
それこそが、ピアノ上達のコツですよ。

エンジョイ!あなたのピアノ・ライフをもっと豊かに!
もっとラクに心と体を使ってピアノを弾くお手伝いをしています。

スポンサーリンク

心と体を楽にしてピアノを弾くヒントを月曜の朝、メールでお届け!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,069人の購読者に加わりましょう