ピアノ演奏に活かすためにスタッカートの意味を考え軽さを想像しよう

スタッカートの印が付いているのを見ると、途端にあなたの指先は鍵盤上ではねてしまっていないでしょうか?

スタッカートは「短くはねる」一つだと思いこんでいると、どんな音についているスタッカートも、同じようにウキウキと弾いてしまいそう。

でも明るくて体重の軽い子のスタッカートだけとは限りません。中にはちょっとテンションが上がらなくて、「今日はそんな遊ぶ気分じゃないんだよね」的ニュアンスのスタッカートだってあるかもよ?

だから、今日はスタッカートの意味を考えて、どんなスタッカートなのかを想像してみましょう。あなたのピアノ演奏に効果的なスタッカートの引き出しを増やしませんか?

スタッカートの意味は音によって違う

スタッカートの意味を考える
スタッカートの意味を考える

「スタッカート」のニュアンスは、その音によって変わります。

もちろん、スタッカートだけじゃなく、レガートの具合だってアクセントやスフォルツァンドにリタルダンドのかけ方だって、何もかもが、いつも同じという事はありません。

画像の右手、1小節目のスタッカートと3小節目のスタッカート、そして4小節目のスタッカートは、どれも同じかしら?いえいえ、それぞれニュアンスが変わってきますよ。

「ドーオーシーテー?」と思うかしら?

うん、これらはね、どれも「8分音符」に付いている「スタッカート」なのだから、同じじゃないの?って思っちゃいますよね。「どれも8分音符に付いているスタッカート」とだけ書けば、確かに同じです。だけどね、注目するのは音価だけじゃありません。それぞれの音への気持ちまでもが、全部同じかしら?と考えていきますよ。

1小節目の「ソッソッソッ」だって、3音それぞれ、少しずつ変化するかも?しれません。

さぁ、あなたは何を感じるかしら?

あなたはどんな気持ちになるかしら?どんな風に、気持ちは変わっていくかしら?

想像してみましょ。感じてみましょう。

どんなスタッカートなのか?を考える

どんなスタッカートなんだろう?
どんなスタッカートなんだろう?

画像左手のスタッカート、あなたならどんな風に弾くでしょう?

そこに「スタッカートがある」から、と、いつどのような曲でもどのようなフレーズでも、同じような打鍵・離鍵をしていませんか?

「打鍵の具合」と「離鍵の具合」を、少しずついろいろ変えて弾いてみると、雰囲気がどんどん変わっていくのを感じられるでしょう。

是非、固定観念(今までのあなたの常識・思い込み)に一回捨てて、いろいろ試してみましょうね。

スタッカートのイメージを想像してみよう!

スタッカートのイメージとは?
スタッカートのイメージとは?

スタッカートにも、いろいろあります。

曲の調によりフレーズによっても、またスタッカートが付いている元々の音の長さによっても、そしてハーモニーによっても異なる。

その音符に付いているスタッカートのイメージって、どんなかしら?先日、レッスンにを受けてくれた方に聞いてみましたよ。
「ねぇ、このスタッカートって、どんなイメージなの?」と。そうしたら、彼女は「うーん?」と可愛く頭をかしげて
「オレンジのイメージ!」と言ったの。

その時、私はすごーく共感して、「うん、そうだね!オレンジのイメージがする!」と答えたんです。

その「オレンジ」が何だったのか、記憶が曖昧になってしまったのですが、その時の彼女と私のイメージは一致していました。感性は違ってていいのですが、一致するとこれまた嬉しいのです。共感かな?それはさておき、「オレンジ」と言ってもイメージはいろいろ。

例えばこんなだったり

スタッカートのイメージとは?
スタッカートのイメージとは?

こんな風だったり

スタッカートのイメージとは?
スタッカートのイメージとは?

こんなだったりするかもしれないし

スタッカートのイメージとは?
スタッカートのイメージとは?

このような

スタッカートのイメージとは?
スタッカートのイメージとは?

オレンジそのものかもしれない。うーん!味が口の中に蘇ります!

こんな感じで、一つ一つの音符へのイメージを細かくイメージしてみるのも、いいですよ。オススメ!

あなたがどれだけイメージ出来ているか?で、出て来る音の幅が変わってきます。
イメージがはっきりしていればいるほど、音にブレがなくなる。

だからね、ピアノや音楽以外の事で、いろんな事を経験・体感しておく事は、すごーく大事なんですよ。

スタッカートの軽さを想像してみよう

スタッカートの軽さは?
スタッカートの軽さは?

スタッカートの軽さを想像する。上の画像のスタッカート二種。

1つは左手の単音で、「テヌートも合わせて付いているスタッカート」に、右手の「和音のスタッカート」。

それぞれ、どんなスタッカートなのでしょう?どんな動きが想像できるかしら?この曲を知らない方は、この楽譜だけで想像してみましょう。

この曲をご存知の方も多いかな?にゃ〜おネコです。

猫ちゃんと言えば、気まぐれな子もそうじゃない子もいろいろいると思いますが。この猫ちゃんの体は重いかしら?それとも、機敏に動ける軽さ?

あなたの腕に、上から釣り糸のようなものが付いていると想像して。まるで「操り人形」のように、上からヒョイヒョイっと、あなたの腕が引き上げられる感じを、想像できるかしら?

あるいは、ピアノを弾きに行ったら、まさかまさかの鍵盤が超熱くて!アチッ!アチッ!て、逃げる感じは?どうかしら?

さぁ、どんな軽さ(あるいは重さ)なのかしら?まずは、想像してみる所から。

「かったりー、飛びたくねー」なんていう、ものぐさなネコちゃんだって、いるかもよ。まぁ。この曲でそれが相応しいかは別の話。

まずは、あなた自身で想像して感じて、やってみる。ね!

スタッカートの有る無しで表情が変わる?

もしスタッカートがなかったら?
もしスタッカートがなかったら?

4分音符が続きます。スタッカートが付いていますね。おお!スタッカートだ~♪ と思って弾くでしょう。すると?

目の錯覚? 思い込みしやすいのです。最後の4分音符にはスタッカートは付いていないの。

最後の音をスタッカートで弾くのとスタッカートなしで弾くのでは、表情がすっかり変わってしまいます。

だから、楽譜はいつもしっかりじっくり読んで、そして何度も読み直して確認するよう、心がけましょうね。

ピアノ動画*ドビュッシー「もう森へは行かないの様相」

ティブレイクは、ドビュッシー作曲の「忘れられた映像」第3曲”もう森へは行かないの様相”をお送りします。

2018年のドビュッシー・イヤー・リサイタルから。ピアノはスタインウェイでした。

スタッカートの意味を考えて演奏に活かす事のまとめ

  • スタッカートの意味はみな同じではない
  • どんなスタッカートなのかを考えよう
  • スタッカートを具体的にイメージしてみよう
  • スタッカートの軽さを想像してみよう
  • もしスタッカートがなかったら?と考えてみよう

エンジョイ!あなたのピアノ・ライフをもっと豊かに!
もっとラクに心と体を使ってピアノを弾くお手伝いをしています。

大人のための心と体をラクにする東京ピアノレッスン

オンライン/動画レッスンのご案内

 

スポンサーリンク

心と体を楽にしてピアノを弾くヒントを月曜の朝、メールでお届け!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,064人の購読者に加わりましょう