心と体を楽にしてピアノを弾くピアノレッスン受付中❗

ピアノ・レッスンにつきまして。

9月のピアノ・レッスンは、コロナを考慮して1日3名限定。

お日にちはご相談に応じます。

ご希望の方はこちらをクリックして詳細ページをご覧ください。

オンラインや動画でレッスンも❗

多声フレーズを練習するポイントを教えます!もっとピアノはラクに弾ける!

この記事は約4分で読めます。

ピアノはほとんどの場合、右手と左手で違う動きをしなければなりません。

もし同じメロディを両手で弾くとしても(ユニゾンだとしても)、使う指は同じにはならないでしょう。

そんな両手別の動きや、片手に二つの声部の動きがある場合、頭の中がこんがらがってしまいますよね。頭に限らず指先も(笑)。

シューマン「アラベスク」から

でもね、どうやって練習したらいいのかがわかったら、もっとラクにピアノは弾けます!

今日は、そんな多声フレーズでの練習の仕方について、教えちゃいますね。

ピアノでの二声の動きを明確に表現するための練習法とは?

シューマン「アラベスク」から

上の画像では、左手で弾くフレーズが二声になっています。シューマンの「アラベスク」 Op.18の1フレーズ。(右手も二声ですが、ここでは左手を取り上げます)

先に始まる「ふぁーそらーし|どーれみーふぁ|そーー」と、その終わりの「そーー」に重なって始まるバス(ベース)の「そーらしーど|れーみふぁーそ|らーー」を見てみましょう。

「1つのフレーズの終わり」と「新たに始まるフレーズ」が重なるので、ちょっとややこしいですよね。うん、わかりますよ。ほんとここ大変だもの。しかも、それを一つの手(左手だけ)で弾かなきゃいけないのですから、なおさら大変です。

こんなフレーズはね、次のような練習をしてみるのが効果的ですよ。

  • 先に始まる「ふぁーそらーし|どーれみーふぁ|そーー」を右手で弾く
  • 続いて始まる「そーらしーど|れーみふぁーそ|らーー」を左手で弾く

片手で弾かなければならない2つのフレーズを両手で分けて弾くと、どうなるのか?

→両手で分けて弾くと、「どんな風に歌うべきか?」ということを、より理解できるんです。そしてそれを、ちゃんと表現できますよ。どう歌うのが良いのかを「知る」の。

わかっているようでいて二声を弾きわけることができなかったところを、もう一度認識してみましょう。

実際に、このフレーズはこんな風に出てくるんだ、こういう風に歌いたいんだということを、「知る」のです。まずは、そこから。だから、手抜きをしないでやってみましょう♪

左手二声のフレーズは、「聖徳太子」になるべし!(ニッコリ)

こんな所も同じですよ。

シューマン「ソナタ」Op.22 第1楽章から

「しーどれ|しーどれ|どーれみ|みーふぁそそー」と思い込まないようにね。

  • しーどれみー どーれみふぁー
  • しーどれみー みーふぁそそー

この2つがからみ合っています。そこには2人いる!ということを忘れないで。それぞれの歌の終わりまで聴いてあげましょうね。

スポンサーリンク

2つの別の役割が融合して1つの音楽になる!

ピアノ学習の初級から上級者にまでもれなくついてくる、こんなシンプルなフレーズ。シンプルだ、簡単だ!という思い込みは、非常に危険です。

ほら!見て見て~!右手は「どーど|どーー」って、同じ音が3回も続きますよ。これが「クセもの」なんです。

だってね、同音連打って「打鍵し直し」しないといけないでしょう?鍵盤から指(腕)を離すとか付けたままにするとか、フレーズによって違いはあるけれどもね。

ではこんな同じ音が続くシンプルなフレーズがどうして危険なのでしょうか?

それはね、右手が多からず少なからず打鍵で上下運動をしますよね。それで左手が、その上下運動している右手の動きに「つられて」しまうからなんです。

左手だけの「片手練習」なら「どーみーそー|どーーー」と、つなげてキレイに弾けますよ♪ところがどっこい!両手で合わせた途端に「どーみーそっ|どーー!」ってなっちゃうのです。

これはね、自分でそのように弾いてしまっても、気付いていない人がとても多いんですよ。

あなたも過信しませんように!

もう一方の手が「同音連打」の時は本当に危険!今あなたが向き合っている曲に、このような部分がないか?もう一度、チェックしてみましょう。

今日のピアノ動画*シューマン「ウィーンの謝肉祭の道化」

ティブレイクは、シューマン様の「ウィーンの謝肉祭の道化」をお送りします。

Faschingsschwank aus Wien Op 26 by Schumann

こちらは、2017年のピアノ・リサイタルの演目から。ピアノはブリュートナー。

多声フレーズの練習ポイントのまとめ

  • 片手に二声登場する時は、聖徳太子になるべし!どの声部も最後まで聴き届けよう!
  • 右手と左手には別の役割がなる!つられないよう意識してお互いを大事にしよう!

全てが一緒になって1つの音楽を奏でる・1つの音楽になります。どの音も邪険にしないよう気を付けてあげましょうね。

あなたのピアノ(音楽)ライフが、もっと豊かに!もっと楽しくなることを応援しています♬

心と体をラクにする東京ピアノレッスン
心と体をラクにするピアノレッスンを東京で開催。埼玉・千葉・神奈川もご相談に応じます。
オンライン/動画レッスンのご案内
ピアニストでピアノ講師の荒井千裕によるオンライン・ピアノ・レッスン/動画deピアノ・レッスンのご案内
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました